ビジネスメールで「尽力」という表現を見かけたことはありませんか?
「尽力」には、自分がこれから努力していくときと、相手が助けてくれたときの2つの使い方があります。
とくに社会人になって間もないときは、顧客、上司、先輩からサポートしてもらうことも多く、知っておいて損はない表現です。

今回は、力を尽くす、努力することをさす「尽力」の使い方や似たような表現についてご紹介します。例文と合わせてご紹介しているので、文面にお困りの方はぜひご活用ください。

尽力とは

「尽力」は「じんりょく」と読み、目標を達成するために努力することをさします。
尽力したのが自分のときは、本来の意味の通り努力することを表す使い方をします。
一方、尽力したのが相手の場合、使い方が少し異なります。相手が尽力してくれたことに対して感謝を表す使い方ができ、「尽力」とお礼の表現が合わせて使われます。

ただし、「尽力を尽くす」という表現は尽くすが重なった二重表現です。間違った表現なので、使わないように注意しましょう。

参考:
尽力(ジンリョク)とは

「尽力」の使い方

「尽力」を使うときは、主語を自分と相手に分けて考えましょう。

自分に使うとき

尽力したのが自分の場合、自分が努力することを表します。実際に下記のような使い方ができます。

例:今後も尽力させていただきます。
精一杯尽力させていただきます。

相手に使うとき

尽力したのが相手の場合、尽力してくれたことに対する感謝を表します。実際に下記のような使い方ができます。

例:ご尽力いただきありがとうございます。
ご尽力いただき誠に感謝申し上げます。

自分が主語のときは「尽力」、相手が主語のときは「ご尽力」に変化するので注意してください。

参考:
就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

「ご尽力」と「お力添え」のちがい

「ご尽力」と混同してよく使われているのが、「お力添え」という表現です。
「力添え」とは、手助けすることをさします。「尽力」とはちがい、努力するという意味は含まれていません。
「お力添え」は、相手が助けてくれたことに対して感謝の気持ちを表すときや、相手にお願いするときに使える表現です。

例:お力添えいただきまして、感謝いたします。
お力添えいただきますようお願い申し上げます。

自分がなにか手助けしたときには、「尽力させていただきます」「ご協力させていただきます」といった表現を使用しましょう。

参考:
力添え(チカラゾエ)とは
ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

「尽力する」ことを表す他の表現

「尽力する」という表現をなんども使ってしまうと、感情がこもっていない印象を与えることがあります。他の言い回しも覚えておきましょう。

努力する

尽力するという表現が固すぎてしまうときは、普段から馴染みのある「努力する」と言い換えてみるといいかもしれません。

例:今後も努力してまいります。
精一杯努力いたします。

励む

「励む」にも尽力と同様に、熱心に取り組む、力を尽くすという意味があります。

例:今後も業務に励んでまいります。
期待を裏切らないよう、業務に励む所存です。

参考:
励む(ハゲム)とは

精進する

「精進する」は、「しょうじんする」と読み、「熱心に励む、努力するという意味をさします。「努力する」「励む」という表現を使うことが多いときは、「精進する」に言い換えてみるといいでしょう。

例:今後も精進していく所存です。
ご期待に添えるよう、精進してまいります。

参考:
精進(しょうじん)とは

邁進する

「邁進する」は、「まいしんする」と読み、ひたすら突き進むことをさします。「尽力する」よりも勢いのある印象を与える表現です。

例:今後もご期待に添えるよう邁進してまいります。
これからも業務に邁進していきます。

参考:
[邁進(マイシン)とは](https://kotobank.jp/word/%E9%82%81%E9%80%B2-632960#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.
E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89)

まとめ

「尽力」は精一杯努力することをさし、少し改まった印象を受けます。上司宛、先輩宛など、使うシチュエーションによって類似表現を使い分けるといいでしょう。

また、ビジネスメールでは正しい表現やマナーに気を取られて、かえって読みにくい文章になってしまいがちです。メールを作成したら、読みづらい表現がないかどうか一度読み返すことを習慣づけましょう。