まとめ

基本的に、Yahoo!で対策をする場合はYahoo!キーワードアドバイスツールを、Googleで対策したい場合はGoogleAdWordsキーワードプランナーを使いましょう。

Yahoo!とGoogle検索エンジンは、表示順位を決めるアルゴリズムはほぼ同一ですが、使用するユーザー層にすこし違いが見られる場合もあるので、それぞれの検索エンジンと同じツールを使うのが確実です。

ここがポイント

・アピールしたいことだけを対策キーワードに盛り込むと失敗しやすい。
・対策キーワードを決めるときは、キーワードの検索数(=ユーザーニーズ)を把握する。
・Yahoo!キーワードアドバイスツールとGoogle AdWordsキーワードプランナーは必要によって使い分ける。