WordPressブログやホームページを作りたいけれど、できるだけ低予算で作りたい…」

そんな場合の選択肢として人気があるのが、「ロリポップ!レンタルサーバー」(以下、ロリポップ)を利用して、レンタルサーバー上にWordPressをインストールする方法です。

ロリポップであれば、月々250円(税抜)〜WordPress用のホームページを構築することができ、WordPressの簡単インストール機能も使うことができます。

また、メールアドレスごとに2GBの容量のメールボックスを作成する機能も人気で、メールの転送機能や自動返信機能などもあることから、個人だけでなく会社や非営利団体など法人での利用も多いことが特徴です。

今回は、最短60秒でできるロリポップにWordPressをインストールする手順をご紹介させていただきます。

ロリポップ!レンタルサーバーとは

zisseki.png
スクリーンショット:2017年8月

ロリポップは、GMOグループのGMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーサービスです。
実業家の家入一真氏が2001年11月に立ち上げ、インターネット黎明期にもかかわらずたった半年近くで利用人数が1,000人を超え、その後GMO傘下に入り、2017年8月時点では利用実績が170万人(200万サイト以上)を突破している、老舗のサービスです。

price.png
スクリーンショット:2017年8月

ロリポップは月額100円〜(※)と低価格にもかかわらず、使いやすい管理画面、完備されたマニュアル、安定して高速なサーバー環境、可能な限りの徹底サポートなどもついており、初心者にも安心して利用できるレンタルサーバーサービスの一つです。
10日間の無料体験もできるので、まずはサーバーにWordPressをインストールしてサイトを立ち上げて、続けたい場合にのみ継続をすることも可能です。

※エコノミープランの場合。WordPressを利用するには月額250円〜のライトプラン以上のプランに加入する必要があります

まずはロリポップのアカウントを取得しよう

01.png
スクリーンショット:2017年8月

まずはロリポップのアカウントを取得しましょう。
ロリポップのホームページから、「まずはお試し体験を始めよう」のボタンをクリックします。

02.png
スクリーンショット:2017年8月

プランの選択画面になるので、自分にあったプランを選びましょう。
注意したいのは、エコノミープランではWordPressをインストールできないという点です。
WordPressを利用する場合は、ライトプラン以上のプランを選択するようにしましょう。

スタンダードプランやエンタープライズプランは、モジュール版PHPのWordPressを利用できるので、少しでも高速でWordPressを利用したい場合には、こちらを選択するのがオススメです。

03.png
スクリーンショット:2017年8月

アカウントは、ドメイン名の形で取得します。
独自ドメインを持っていない場合でも、ここで取得したドメインWordPressサイトを立ち上げることができます。

04.png
スクリーンショット:2017年8月

無事にアカウントを取得できたら、上のような画面になります。
ボタンを押して、ユーザー専用ページ(管理画面)に移動しましょう。

独自ドメインを設定しよう

独自ドメイン(http://△△△.comのように自由に設定できるドメイン)を使ってWordPressサイトを立ち上げたい場合には、独自ドメインを設定する必要があります。
独自ドメインを設定しない場合には、この項目は読み飛ばして、次の項目へ進んでください。

また、独自ドメインを持っていないけれど設定したいという場合には、同じGMOペパボの独自ドメイン取得サービスであるムームードメインで事前に取得しておきましょう。
最安値69円〜と大変リーズナブルな値段でユニークなドメインを取得することができます。

05.png
スクリーンショット:2017年8月

取得した独自ドメインを設定する場合には、管理画面の「独自ドメインを設定する」というボタンをクリックします。
設定は簡単で、設定する独自ドメインを入力し、公開フォルダを指定するだけです。
公開フォルダの欄は空欄でも大丈夫ですが、アカウントで付与されたドメインと独自ドメインを使い分けたい場合には「wordpress」など任意の名前をつけてフォルダを作成しておきます。

最短60秒でWordPressを設定しよう

次に、WordPressをインストールします。

通常WordPressをインストールする場合には、WordPressのパッケージデータを配布先サーバーからダウンロードし、その後FTPソフト経由でパッケージデータをアップロード、インストールという流れで、非常に手間がかかってしまいます。
しかし、ロリポップの場合には、WordPressをはじめ、EC Cubeなどさまざまなソフトウェアを非常に短時間で簡単にインストールできる「かんたんインストール」という機能がついています。

WordPressをインストールするには、管理画面のWordPressをインストール」をクリックします。

07.png
スクリーンショット:2017年8月

サイトURLを確認し、サイトのタイトルユーザー名、パスワードなど、必要な項目を入力します。
プライバシー欄の「検索エンジンによるサイトのインデックスを許可する」というチェックを外すと、Googleなどの検索エンジンで検索しても検索結果に反映させないように設定することができます。

08.png
スクリーンショット:2017年8月

入力内容を確認し、次に進むと、「インストール先のディレクトリに同じ名前のファイルがある場合は上書きされます。」というメッセージが出てくるので、承諾するにチェックをして「インストール」をクリックします。

これでインストールは完了です。
次のページWordPressの管理ページURLが表示されるので、控えておきましょう。

ログイン方法

09.png
スクリーンショット:2017年8月

先ほど表示された管理ページURLに移動すると、ログイン画面が表示されるので、「かんたんインストール」の画面で設定したユーザー名とパスワードを入力し、「ログイン」ボタンを押すことでログインすることが可能です。

WordPressにログインしたら、まず最初にセキュリティ対策だけは行っておきましょう。
WordPressの脆弱性を突いてハッキングされる恐れがあるため、事前に対策を講じておくのは非常に大切です。

参考:
あなたのホームページは大丈夫?WordPressのセキュリティを高めるためにやっておきたい7つのこと

まとめ

ロリポップでWordPressを立ち上げる場合、ロリポップのサインアップからWordPressのログインまで、わずか5分足らずで行うことができます。

・低予算・最速でWordPressサイトを構築したい
・無料でお試しのWordPressサイトを作ってみたい
・難しいことはわからないので簡単にWordPressサイトを作りたい
・WordPressで複数のサイトを運営したい

こんな場合には、ロリポップを使ってみるのがいいでしょう。

curriculum.png

また、ferretではWordPressに関するカリキュラムを公開しているので、記事の投稿やカスタマイズ方法を無料で学ぶことができます。
これからWordPressサイトを立ち上げようと思っているひとは、一読してみてはいかがでしょうか。