WordPressサイトを立ち上げる場合に多くの場合選択肢にあがるのがレンタルサーバーですが、昨今ではレンタルサーバーに限らずクラウドサーバーを使って立ち上げることも多くなりました。

ところが、「クラウドサーバー」と聞くと一気に敷居が高く感じてしまう方もまだ多いのではないでしょうか。

クラウドサーバーのメリットや注意点を理解した上で利用すれば、WordPressサイトも簡単に立ち上げることができます。
また、クラウドサーバーは利用した分だけの費用を払えばいいので、比較的小規模で実験的にWebサイトを立ち上げる場合には、かえってレンタルサーバーよりも費用が安くなる場合もあります。

今回は、WordPressサイトをAmazon Web Service(AWS)で立ち上げるステップをご紹介します。

「Amazon Web Service(AWS)」とは?

oc.jpg
画像引用元:unsplash

Amazon Web Service(以下、AWS)は、Amazon社内でのビジネス課題を解決するために生まれたITインフラのノウハウをもとに、2006年3月にWebサービスという形態で開発されたサービスです。

現在では世界190カ国の月間100万以上のアクティブカスタマーに利用されており、スタートアップ企業からエンタープライズ企業まで幅広く利用されています。

クラウドコンピューティングは、必要なときに、必要なだけ、比較的廉価でITリソースを利用できるのが大きなメリットです。
企業であれば数ヶ月も前からITインフラの設計を計画・調達する必要がなく、必要があればすぐに増設することも可能です。

また、AWSは2017年7月時点で60回以上サービスの値下げを行なっており、フィードバックをもとに常に改善が行われています。
アメリカでよく知られる大企業のAmazonが運営しているだけに、セキュリティーや法規制にも準拠し、さまざまな地域(16のリージョンと44のアベイラビリティゾーン)に接続された耐障害性や高可用性の高い構造になっています。

Amazon EC2の料金例

Amazon Web Serviceをうまく利用すれば、ハードウェアの購入や維持にかかるコストを省いたり、高額な固定費になりがちな運用コストを、低額な変動費に抑えられたりできる可能性があります。

例えば、Amazon EC2と呼ばれるクラウドサーバーには12ヶ月間、1ヶ月あたり750時間分の無料枠が付いています。
有償で利用する場合には、以下の4つの方式があります。

(1) 時間単位で利用した分だけを支払う「オンデマンド」方式
(2) 開始時刻と終了時刻を指定する「スポットインスタンス」方式
(3) 常時的に1年以上の使用を想定し予約を行う「リザーブドインスタンス」方式
(4) 専用のサーバーを使う「デディケイティッドホスト」方式

例えば「オンデマンド」方式で、一番小さな容量である「t2.nano」をアジアパシフィックリージョン(東京)・Linuxサーバーで選択した場合、1時間の使用量は「0.008USD」(約0.87円)で利用でき、30日換算で約630円で利用することができます(※)。

※USD(アメリカドル)での決済となるため、お支払額は為替相場に依存します。