WordPressは導入や更新の手軽さから多くのユーザーに支持されているCMSのひとつです。加えて、SEOにも強いことから、企業のオウンドメディアとしても数々の導入事例を誇っています。しかし、WordPressSEO評価を強化するためには、プラグインの追加や適切なコーディングが必要です。

この記事では、現役のWebマーケターである筆者が、WordPressで作成したWebサイトSEOを強化するための施策について詳しく解説していきます。

そもそもSEOとはどのような概念なのか

SEOとは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンで、自社のサイトやページが上位に表示されるように行う施策の総称です。Googleは「クローラー」というシステムを用いて世界中のWebサイトを巡回し続けており、独自の基準でWebサイトに評価を下しています。

特定のキーワードが打ち込まれた際には、その評価に基づいて「高品質」であり「最もニーズに一致している」とみなされたページが最上位に表示されます。

どのような基準でサイトの評価が決まっているのかは公表されていませんが、抑えておくべきセオリーは確立しているので、この記事ではそのセオリーを抑えつつ、WordPressで行うべきSEO施策を紹介していきます。

Googleのアルゴリズムによって判別されるサイトの「魅力」

SEOを言い換えると、Googleのアルゴリズムによって判断される、サイトの「魅力」を高めようという考え方です。サイトの魅力とは、「サイトを訪れたユーザーに与える満足感」と捉えられます。つまり、SEO施策とは「ユーザーに満足してもらうためのあらゆる施策」と言い換えられるのです。

筆者はSEOコンサルを行う数々の企業で業務に当たってきましたが、様々な手法が確立されているなかで結果を出している企業には、共通しているある考え方がありました。それは「ユーザーのニーズは何か」「ニーズを満たすには何が必要か」を炙り出して、ニーズに応えるコンテンツを作成し、CVへの導線を構築しているということです。

また、SEOを学ぶ前にGoogleの基本方針についても触れておきましょう。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Googleは、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。
新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。
Googleトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。
金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。
広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。
新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。
引用:Google が掲げる 10 の事実

この考え方に基づいて、SEOを捉えることが肝心です。

内部SEOと外部SEOに大別される

SEOの具体的な手法は大きく「内部SEO」と「外部SEO」に分けられます。内部SEOはサイト内のコードを最適化したり、内部リンクを適切に設置して回遊率を高めたりといった「サイト内で行える施策」を指します。巷で耳にするSEO対策の多くは、内部SEOのことを表しているのです。

一方の外部SEOは、外部のサイトからバックリンクを取得することでサイトの評価を高めようとする手法です。注意すべきは、業者に依頼して増やしてもらう意図的なバックリンクは評価を向上させるどころか、低下させてしまう恐れがあるという点です。

後述する「ブラックハットSEO」に該当してしまうと様々なペナルティを与えられてしまうので、質の高いコンテンツを生産して自然とに被リンクが増加していく状態を目指しましょう。

SEOの評価を可視化してみよう

SEO対策を行う前に、今の評価がどれくらいなのかを理解することが大切です。基本的にWebサイトの評価値は公表されていませんが、Moz社が提供しているMoz Barという拡張機能を搭載することで、SEOの評価を可視化できます。自社サイトはもちろん、他社サイトの数値も閲覧できるので、競合のリサーチにも役立てられるのです。

自社の数値を可視化したうえで、競合サイトのリサーチにも取り組んでいきましょう。