人事担当者の方にとって、自社の採用方法が適切かどうかは一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
とくに新卒採用では、職務経験がない学生をグループディスカッションや面接だけで見極めることもあり、本来の性格や伸びしろを見落としてしまうこともあるかもしれません。

そういうときに知っておきたいのが、ユニークな採用方法です。形式的な面接では見えなった学生の性格や強みを発見できるチャンスです。

今回はユニークな採用を行っている企業をご紹介します。

1.いちゲー採用|株式会社カヤック

いちゲー採用|面白法人カヤック×PlayStation®4.png
http://ps4.kayac.com/

ソーシャルゲーム事業やゲーム音楽事業を展開する、株式会社カヤックの採用方法です。
ゲームによって培われたスキルはビジネスでも役立つという考えのもと、ゲームによって1次選考を行う採用方法です。
選考方法は、プラチナトロフィー選考、ゲーム履歴書選考、協力プレイ選考の3種類が用意されており、自分に合った方法でエントリーできます。

いちゲー採用の他にもエゴサーチ採用、内覧面接などユニークな採用が行われているのが特徴です。

参考:
いちゲー採用
面白採用キャンペーン

2.面接やめちゃいました。で、丸三年|株式会社ビースタイル

「面接やめちゃいました」で丸3年。|ビースタイルの新卒採用.png
https://www.bstylegroup.co.jp/recruit_2018/

人材派遣事業を展開する株式会社ビースタイルの採用方法です。
職務経験のない学生の性格や会社で活躍できるかどうかを、面接だけで見極めるのは難しいため、面接、ES(エントリーシート)や履歴書をなくし、面接以外の課題提出やプレゼンを行います。
応募対象者には新卒だけではなく、大学1、2年生や既卒者も含まれています。

3.日本一短いES|三幸製菓

日本一短いES、の前に。|三幸製菓採用.png
https://www.sanko-seika-recruit.com/entry/

あられやおせんべいの製造販売を行う三幸製菓の採用方法です。
「おせんべいが好き?」「ニイガタで働ける?」という2つの質問にYesと回答し、メールアドレスを入力すればESの提出が完了します。

一番最初のエントリー段階で、学生に大きな負担となるESを提出させる必要はないとして、連絡先のだけの入力で終わる手法が行われました。
日本一短いESとインターネット上で話題になり、複数のメディアに取り上げられました。

参考:
10秒で終了する「日本一短いES」 三幸製菓「エントリー時に志望動機を聞くのはナンセンス」 |キャリコネニュース