ビデオ会議ソフト・ツールは増えていますが、無料ツールの場合、参加人数が増えると動作が不安定になったり、参加人数上限が設定されているケースもあります。例えば、Skypeの場合は最大50人までです。

Zoom(ズーム)は無料で使えるビデオ会議ソフトの中でも、高音質・高画質なのが特徴です。いくつかプランがありますが、無料版でも最大100名までミーティングに参加できます。

今や多くの企業で使われるようになったZoomですが、今回は特徴や使い方について改めて見ていきましょう。

Zoom(ズーム)とは

image3.png

Zoomはアメリカで2011年に創業したZoom Video Communicationsが提供する、ビデオ会議ソフト。Mac・Windows・Linux・iOSAndroidに対応していて、無料で100人、有料で最大1000人までビデオチャットに参加可能です。

2020年3月にはクラウドPBXサービスの「Zoom Phone」を提供開始。内線通話をIP化し月額1400円で企業間の通話ができるようになりました。またビデオ会議室システム「Zoom Rooms」や100人から10000人まで視聴可能な「ビデオウェビナー」など、企業向けのサービスが揃っています。

それ以外にもグループメッセージ・ファイル送信機能・画面共有機能などのオンラインミーティングやオンライン商談に必要な機能も搭載。

最高720pのHDビデオとHDボイスで高機能にもかかわらず、操作は簡単です。通信はSSLで暗号化され、セキュリティ面も配慮されています。

料金プラン

4つのプランがあり、プランごとに機能に制限があります。この他、教育・医療・ API用の料金体系があります。

基本 プロ ビジネス 企業
月額費用 無料 2000円 2700円 2700円
最低ホスト数 なし なし 10 100
会議参加者上限 100 100(有料で追加可能) 300 (有料で追加可能) 500(有料で追加可能)
グループミーティング時間上限 40分 24時間 無制限 無制限
ミーティング数制限 なし なし なし なし
オンラインサポート 専用電話サポートあり(英語のみ) 専用電話サポートあり(英語のみ)
ビデオ会議機能
ウェブ会議機能
グループコラボレーション機能
セキュリティ
ユーザー管理 ×
レポーティング ×
スケジューラー設定 ×
1GBのMP4/M4Aクラウド記録 ×
REST API ×
無制限のクラウド保存 × × ×
専属担当 × × ×

参考:プランと価格 - Zoom

最大人数やミーティング時間上限からプランを決めよう

どのプランを導入するか迷った場合、まず考えたいのは会議の最大参加人数やミーティングの上限時間です。会社全体で会議をする場合の人数や商談に必要な時間を鑑みながら、必要なプランを決めていきましょう。