リモートワークが急速に広がるのと同時に、ビデオ会議システムの利用者が増加しました。ビデオ会議システムの1つとして、Google Meetがあります。

これまでGoogle Meetはビジネス向けツール「G Suit」に含まれる機能であったため、そもそも存在を知らない、使い方がわからない人も多いのではないでしょうか?

ここではGoogle meetの概要や使い方、便利な機能までをご紹介しましょう。

Google Meetとは

Google Meetとは、Googleが提供するビデオ会議システムです。元は「Hangouts Meet」という名称でしたが、2020年4月に名称変更されました。

Google MeetはGoogleが提供するグループウェアサービス「G Suite」の機能の1つだったため、G Suiteへの登録や月額料金がかかるなど、個人が使用するにはハードルが高いものでした。

しかし2020年5月より、Googleアカウントを持っているユーザーであれば誰でも無料で利用できるようになっています。

参考:Google Meet(旧称 Hangouts Meet) - 無料のビデオ会議

参考:「ハングアウトMeet」が「Google Meet」に名称変更

ビデオ会議を開始する手順

それでは、Google Meetでビデオ会議を開始する手順をPC・スマホそれぞれの場合で解説します。

参考:Google Meet ビデオ会議の使い方

PCの場合

PCでGoogle Meetを利用するには、ダウンロードの必要なくWebブラウザを起動するだけです。

以下のGoogle Meetのサイトにアクセスし、Googleアカウントでログインしましょう。いつでも開けるようにブックマークしておくといいですね。

Google Meet

①新しい会議を作成する

image13 17.41.35.png

まずは「新しい会議を作成」をクリックします。

image10 17.42.42.png

会議の作成方法は3つです。

  • 【会議の共有用リンクを取得】会議のリンクを取得し、参加者に送ります
  • 【会議を今すぐ開始】会議をすぐに開始します。会議中でもリンクを取得できるので、参加者に送って招待します
  • Googleカレンダーでスケジュールを設定】Googleカレンダーを起動し、会議日程の設定、リンクの取得を行います

すぐに会議を開始するには、「会議を今すぐ開始」をクリックします。

image12 17.43.16.png

こちらは会議の準備画面です。ここではまだ会議は始まっていないため、会議URLを確認して「今すぐ参加」をクリックしましょう。

image1 17-36-05-526.png

この画面に切り替われば、会議が始まっています。会議URLシェアするなどして、他のユーザーを招待しましょう。

②他のユーザーを招待する

image4.png

会議が始まるとすぐにこの画面が出てきます。上にあるのが会議URLで、URLの最後のスラッシュの後ろがコードです。URLまたはコードをユーザーに共有して、会議に招待できます。

もしくは、下の「ユーザーを追加」ボタンから招待することも可能です。

image19.png

ここで会議に招待したい相手の名前やメールアドレスを入力し、直接招待を送れば、主催者の承認がなくてもスムーズに会議に参加できます。

③会議に参加する

直接招待を受けたユーザーは、メール内のリンクをクリックして会議に参加しましょう。その他の参加方法としては、URLを直接入力、コード入力の2つがあります。

image15.png

ホーム画面から「会議コードまたはリンクを入力」をクリックし、主催者から共有されたコードまたはリンクを入力しましょう。

主催者があなたの参加を許可すれば、そのまま会議に参加できます。

スマホの場合

image14.jpg

スマホで利用する場合には、まずこちらのモバイルアプリをダウンロードしましょう。

image8.png

Googleアカウントを選び、ログインします。Googleアカウントが表示されない場合やまだ持っていない人は「別のアカウントを追加」から追加しましょう。

もちろん、Google Meetアプリにカメラ・マイクへのアクセスを許可するのもお忘れなく。

①新しい会議を作成する

アプリを起動したら左上の「新しい会議」ボタンをタップしましょう。

それぞれの項目は次の通りです。

  • 【会議の共有用リンクを取得】会議のリンクを取得し、参加者に送ります
  • 【会議を今すぐ開始】会議をすぐに開始します。会議中でもリンクを取得できるので、参加者に送って招待します
  • Googleカレンダーでスケジュールを設定】Googleカレンダーを起動し、会議日程の設定、リンクの取得を行います

②他のユーザーを招待する

会議を今すぐ開始した場合、会議画面からコード・会議リンクを取得できます。コードまたはリンクユーザーに送り、会議に参加してもらいましょう。

もしくは、上のコードをタップして直接招待することもできます。

image20.png

「参加に必要な情報を共有」をタップしましょう。

ここから、メッセージ・メール・各種SNSなどを使って会議情報をシェアし、ユーザーを招待してください。

③会議に参加する

会議への参加方法は主に2つです。

  • 会議リンクにアクセスする
  • コード(会議ID)を入力する

スマホから会議リンクにアクセスすることで、自動的にGoogle Meetアプリが起動します。主催者があなたのアクセスを許可すれば、会議に参加できます。

コード(会議ID)を入力する方法もあります。
アプリを起動後に右上の「コードで参加」をタップしましょう。

image5.jpg

入力画面に共有されたコードを入力し、会議に参加します。