ビジネスマンであれば一度は聞いたことがある「ブランディング」という言葉。「どんなものか説明してほしい」と言われて、明確に回答できる方は意外に少ないのではないでしょうか。

今回は、今さら人には聞けない!ブランディングの基礎知識がテーマです。

そもそも「ブランディング」「ブランド」とは何なのか、といったことからブランディングについてご紹介します。

ブランディングは、企業が成長する上で欠かせない戦略ですので、実はよく理解していないという方はこの機会に基礎知識を身に着けておきましょう。
  

ブランディングとは

そもそもブランディングとは?.png

ブランディングを知るためには、まずブランドについて正しく理解しなければいけません。

ブランド(brand)という言葉は、英語の「burned」からきており、焼印を押すという意味がその起源です。
古くは、放牧してある牛に焼印を押したり、醸造されたウィスキーの酒樽に焼印を押したりして、所有者や製造元を区別するために文字やマークを入れたことがはじまりです。

引用元:商標登録.jp

ブランドという言葉を聞くと誰もがイメージするのが”高級ブランド”の商品ではないでしょうか。

シャネル、エルメスなどの高級ブランドバッグの値段は、数十万円から高いものだと数百万円のものだってあります。同じバッグというものだけで考えると数千円出せば購入できるものはたくさんありますし、高級バッグに興味がない人はわざわざ高額な商品を選ばないでしょう。

それなのになぜ、値段の高い高級ブランドバッグを手にする人がいるのでしょうか。理由は、シャネル、エルメスなどのブランドそのものに価値を感じているユーザーがいるからです。

つまり、ブランドとは形のない価値、ユーザーが商品やサービスに対して持つ共通のイメージということになります。また、ブランディングとは商品やサービスについてユーザーに共通のイメージを認識させることをいいます。ブランディングを実施し、市場でのポジショニングを確立することにより、商品やサービスの価値を認識してもらい、ユーザーを獲得することができます。

ブランディングは何も高級ブランドに限った戦略ではありません。

例えば、スーパーやコンビニ、小さな商店などあまりブランドとは関連がなさそうな商売でも当たり前のようにブランディングを実施し、ユーザーは何らかの価値を認識しています。
  

ブランドの持つ役割

ブランドはどのような役割を持っているでしょうか。

ここでは、ユーザー側と企業側両方にとってブランドが持つ役割をご紹介します。

●企業側から見たブランドの役割

1. 市場での差別化
→「おしゃれなパソコンといえばMac」

2. 商品サービスに対して愛着・信頼を持ってもらう(顧客ロイヤリティ)ことによる売上の安定
→「いつもファンケルのコスメを買うから、次もファンケルで買う」

3. CM、チラシなどの広告宣伝に頼らないことによる利益増
→スターバックスは宣伝しないにもかかわらず知名度が高い

4. プレミアム価格(通常より価値のある商品にたいして設定された上乗せ価格)による利益増
→スターバックスは同一カテゴリ製品に比べて価格が高い印象があるが人気。


●ユーザー側から見たブランドの役割

1. ブランドイメージに自分を重ねる意味付けの機能
→「セレブに見せるためにルイヴィトンのバッグを持つ」

2. 購入までのコスト、時間を減らす識別機能
→「モスバーガーに行こう」

3. リスク回避のための品質保証
→「国産は安心」