Facebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏は、基調講演を行うときには必ずTシャツで現れます。また、シリコンバレーのスタートアップを始め、カジュアルな服装で出社するスタイルはいまや珍しくありません。

企業によっては、自社のサービスロゴをプリントしたTシャツを作成し、イベントで着用したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

自社のサービスのロゴが入っているものは、愛着が湧くだけでなく、みんなで着ることでチームの一体感も生まれやすいものです。

今回は、オンライン完結で作れる「オリジナルTシャツ」作成サイトをまとめました。紹介するサービスの多くはIllustratorなどで印刷データを作成する必要がありますが、オンラインツールが用意されているサービスもあるためチェックしてみてください。

オンライン完結で作れる「オリジナルTシャツ」作成サイト6選

1. オリジナルプリント

1.png

オリジナルプリントは、Tシャツへのプリントが1枚からでもオーダーできる、オリジナルTシャツの専門店です。1枚の単価も比較的安く、納期や価格もカートに入れることでその場で確認することができます。

デザインはIllustratorを使ったデータ入稿のほかに、ブラウザで利用可能なオンラインデザインエディターも用意されています。

実際に翌日入荷の「特急プリントTシャツ」でデザインしてみたのが以下の写真ですが、ツールも非常に使いやすい印象です。

1-editor.png

商品はすべて税込価格で表示されており、6,480円以上で送料無料なのも嬉しいところです。サービスのブランディングや企業の交流パーティーや展示会イベントなどでも活用できそうなものも多いので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

2. TMIX

2.png

TMIXは、プリント実績30万枚以上を誇る、デザインエディター利用実績No.1のオリジナルTシャツの専門店です。1枚から送料無料で、最短翌日発送してくれるのもうれしいところです。何色使っても片面1,245円と明朗会計なのも分かりやすいです。学割にも対応しています(35%オフになります)。

トップページ「今すぐデザインする」をクリックすれば、すぐにデザインエディターが起動します。

実際に以下のように白いTシャツでデザインしました。画像のアップロードもドラッグ&ドロップで行うことができ、さまざまなスタンプを数クリックで追加できるなど、初心者でも安心して扱うことができます

2-editor.png

また、TMIXには姉妹サービスとしてオリラボという、オリジナルスマートフォンケースなどを作成できるサービスも展開しています。Tシャツの柄と合わせてスマートフォンケースもオリジナリティあふれるものを作ってみるのもいいでしょう。

3. vistaprint

3.png

vistaprintは、版代無料で1枚からTシャツを作成することのできるプリンティングショップです。もともと名刺の印刷が得意で、さまざまな印刷物を提供してきた実績がありますが、Tシャツやパーカー、ノベルティグッズなど、さまざまなプロダクトにオリジナルプリントを施すことが可能です。

Tシャツの専門店に比べると選べる商品は若干少ない印象はありますが、Tシャツプリントの他にも刺繍入りポロシャツなど、他では用意されていないユニークな商品も用意されています。

エディタは以下のような画面になっており、画像データをアップロードすると刺繍の出来上がりのように画像を加工してくれます。

3-editor.png

やり直したり、保存したりもできます。また、編集や操作方法に関して困ったことがあれば、カスタマーサポートへ問い合わせを行うことも可能です。

4. Oh Yeah! Design&Buy

4.png

OhYeah!は、Tシャツやトートバックなどを簡単にデザインすることができる、オリジナルTシャツの専門店です。さまざまなアーティストがデザインした個性的なデザインのTシャツを購入することができますが、「Design&Buy」では自分でデザインすることも可能です。

「今すぐデザイン」をクリックすることで、オンラインエディターが起動し、デザインを始めることができます。こちらはWebブラウザだけでなく、スマートフォンやタブレットでもデザインを行うことができます。

4-editor.png

5. UNUQLO CUSTOMIZE

UNIQLO CUSTOMIZEは、ファストリテイリングが展開するUNIQLOが開設している、ユニクロ製品に印刷することができる特設サイトです。さまざまなサイズで印刷することができ、インクジェットプリントとシルクスクリーンのどちらかを選ぶことができます。

6-editor.png

こちらもオンラインデザインエディターが用意されています。Flash Playerが必要なので、事前にインストールしておきましょう。

6. SUZURI

7.png

SUZURIは、Tシャツをはじめとして、さまざまなオリジナルグッズを制作・販売できるユニークなオンラインサービスです。

7-editor.png

使い方は非常に簡単で、「画像をアップする」だけです。自分で作ったイラストや写真をアップすれば、自動的に商品一覧が作成されます。原価に上乗せする「欲しい金額(トリブン)」を設定すれば、ユーザーに販売することもでき、注文が入ったら勝手に製造ラインが動き出し、配送されて、トリブンがユーザーの銀行口座に振り込まれる仕組みになっています。

自分が欲しい場合には、そのグッズをカスタマーとして購入することもできます。SUZURI運営側には、トリブンの残りの額が手数料として徴収される仕組みになっています。

まとめ

サービスロゴをプリントしたTシャツをチームメンバーと着ることで、チームとしての一体感が生まれるでしょう。また、イベントで着用することで顧客にロゴを覚えて貰うキッカケにもなります。

今回紹介したオンラインでデザインできるデザインエディターを使えば、デザインに時間をかけることなく、コストも最小限に抑えてオリジナルTシャツを作成することが可能です。ぜひ、店頭では買えないユニークなTシャツを作成してみてはいかがでしょうか。