インターネットを利用していると気付いたら繰り返し表示される、よく見かける広告があなたにもあるのではないでしょうか。
あるホームページに訪れたことをきっかけに、特定の広告を繰り返し目にするようになるという現象を多くの方が経験していることでしょう。
その現象は「リターゲティング広告」によるものです。

リターゲティング広告は、うまく活用すれば興味関心のあるユーザーにピンポイントにアプローチできる広告手法です。
「よくわからないからまだ利用していない」という方は、まずは仕組みだけでも理解して広告の選択肢の1つとして持っておきましょう。

今回は、リターゲティング広告(リマーケティング広告)の基本的な仕組みや種類をご紹介します。

リターゲティング広告とは

リターゲティング広告とは、一度にサイトに訪れたことのあるユーザーに絞ってターゲティングができる広告手法のことです。自社の商品ページなどに訪れたことのあるユーザーをターゲットにして広告を配信することで、より自社に興味のあるユーザーにピンポイントにアプローチすることができます。

様々な広告媒体がメニューとして提供している機能であり、Yahoo!であれば「サイトリターゲティング」、Googleであれば「リマーケティング」というように名称が変わる場合もあります。
リタげ.png
引用:
リターゲティング広告

この仕組みにより、一度サイトに訪れたけれど離脱してしまったというユーザーに対して、再度アプローチすることができます。何か商品やサービスの購入を検討した際に、ページをみても即決することなく検討した状態で置いておくという経験は多くあるでしょう。
むしろ即決して購入するというパターンは、すでにページを見る前から買う決心の付いている場合がほとんどです。

リターゲティング広告では、買おうか迷っている、もしくは少しだけ見て気になりはしたけどその場で買うほどでもない、という人にも繰り返しアプローチができます。すでに一度接触のあるユーザーに数日後ページに戻ってきてもらい、再び検討してもらい購買に繋げるという誘導が可能です。

リターゲティング広告の仕組み

リターゲティング広告は、ブラウザのクッキーの機能を活用した仕組みとなっています。まず、リターゲティング用のタグをサイトの特定のページに挿入します。
リターゲティング用のタグが設置されたページユーザーが訪れると、ブラウザを経由してクッキーが付与されます。

クッキーは、ブラウザを通じてサイト側のデータを一時的に保存しておくことができる機能です。

広告配信の際に、ページを訪れたユーザーのみに付与されるクッキーの情報を元に追跡しターゲティングするが可能になります。
さらに、リターゲティング用のクッキーを付与されたユーザーの状況ごとにセグメント分けしリスト化をします。
例えば以下のように、自分の広告戦略にあった分け方でリストを作成します。

・サイトを訪れたユーザー全てのリスト
・詳細ページを見たが購入に至らなかったユーザーのリスト
・購入済みのユーザーのリスト

これらのリストごとに広告を出し分けることで、より効果的なターゲティングを実現することができます。また、反対に購入済みのユーザーは、除外リストとして登録することで、広告の無駄撃ち防ぐことができます。