カスタムオーディエンスとは、Facebookで広告を出稿するときに、広告主が独自に保有している顧客データとFacebookのアカウント情報を照合することで、ユーザーを絞り込んでターゲティングできる機能のことをカスタムオーディエンスと言います。既存の顧客をFacebookでつなげることができるようになります。

カスタムオーディエンスの活用

カスタムオーディエンスで利用できる情報としては以下のものがあります。

・メールアドレス
・電話番号
・FacebookのユーザーID
・アプリのユーザーID
・Appleが発行する広告用のID

さらにホームページを訪問した人や、アプリ内でFacebook広告にアクションを起こした人に対してリーチすることができます。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

カスタムオーディエンスの利点

カスタムオーディエンスを活用すればホームページに訪問してきたユーザーや、ホームページ上でなんらかのアクションを起こしたユーザーを識別し、広告のターゲットとすることができます。このような広告を「リマーケティング広告」と言います。

例えば、あなたが文房具を販売するホームページを運営していると仮定します。このホームページに訪問した人は、あなたの販売する文房具に興味を持っている見込み客です。

この見込み客に、実際に販売する文房具を購入してもらいたい、またリピーターになってもらいたい、と考えたらホームページの更新情報や新作の販売情報などを受けとってもらう必要があります。

カスタムオーディエンス機能を使うことで、ホームページ来訪者の情報をFacebookのアカウントと一致させて、ピンポイントで広告を配信することができます。その結果、Facebookページのファンになってもらい、投稿を通じてお知らせを受けとってもらうことができます。

会話例

カスタムオーディエンスを利用しよう」
カスタムオーディエンスを使ってマーケティングの効率を高めたい」