デザイナーがデザインを行うときの必須ソフトウェアといえば、Adobeのフォトショップ(Photoshop)やイラストレーター(illustrator)といったソフトです。

特にイラストレーターは、ベクターデータを取り扱うソフトウェアとして数多くのデザイナーが利用しており、現在でもベクターソフトの分野で不動の地位を築いているといっても過言ではありません。一方、これまでもイラストレーターの代替としてさまざまなオープンソースのソフトウェアが登場してきました。

最も有名なのがInkscapeで、2011年の登場から現在までベジェ曲線やスピロ曲線を描く無料ソフトとして多くのユーザーに利用されてきました。ただし、イラストレーターに比べると、まだまだ足りない機能が多かったために、満足のいかなかった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は無料のソフトながらもイラストレーターに劣らないソフトウェア「Gravit Designer」をご紹介させていただきます。GravitはMacやWindows、Linuxだけでなく、ChromeをはじめとしたWebブラウザでも動くベクター編集ソフトです。使ってみると、「あれ、Illustratorはもう必要ないかも・・・?」と思ってしまうほど、機能も充実しています。

21世紀を代表するベクターソフト「Gravit Designer(グラビットデザイナー)」

11.png
スクリーンショット:2017年10月

Gravit社は、デザイン界に革命を起こそうとしている小さなスタートアップです。今回ご紹介する「Gravit Designer」のほか、驚くほど簡単にデザインセンスのあるカードやヒーローヘッダー、アイキャッチ画像を作成することができるCanva風のソフト「Gravit Klex」、作成した画像をクラウド上で共有することができる「Gravit Cloud」をプロダクトとしてリリースしています。

01.png
スクリーンショット:2017年10月

その中でも同社の代表的な製品が、ベクターデータによるグラフィック作成ソフトウェアである「Gravit Designer」です。画面のデザイン作成、ハイクオリティなアイコン作成、ハイセンスなプレゼンテーション作成、イラストレーションの作成、プロトタイプの作成と、使用できる用途は多岐に渡ります。

02.png
スクリーンショット:2017年10月

インターフェイスも洗練されており、Illustratorと同じようにデザインに最適化された小ウィンドウにより、さまざまなプロパティを設定することが可能です。

03.png
スクリーンショット:2017年10月

レイアウトも自由自在です。
px・mm・cmなど、さまざまな単位に対応しています。
作成したデータはPDFやSVGにもエクスポートできるので、ビジュアルデザイン以外でも活用することができます。

04.png
スクリーンショット:2017年10月

macOS・Windows・Linux・Chrome OSのほか、Webブラウザ上でも操作できます。

05.png
スクリーンショット:2017年10月

iPadとAndroidタブレットアプリケーションも間も無くリリースされる予定です。