デザイナーがデザインを行うときの必須ソフトウェアといえば、AdobeのPhotoshopやIllustratorといったソフトです。
特にIllustratorは、ベクターデータを取り扱うソフトウェアとして数多くのデザイナーが利用しており、現在でもベクターソフトの分野で不動の地位を築いているといっても過言ではありません。

一方、これまでもIllustratorの代替としてさまざまなオープンソースのソフトウェアが登場してきました。
最も有名なのがInkscapeで、2011年の登場から現在までベジェ曲線やスピロ曲線を描く無料ソフトとして多くのユーザーに利用されてきました。ただし、Illustratorに比べると、まだまだ足りない機能が多かったために、満足のいかなかった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は無料のソフトながらもIllustratorに劣らないソフトウェア「Gravit Designer」をご紹介させていただきます。GravitはMacやWindows、Linuxだけでなく、ChromeをはじめとしたWebブラウザでも動くベクター編集ソフトです。使ってみると、「あれ、Illustratorはもう必要ないかも・・・?」と思ってしまうほど、機能も充実しています。

21世紀を代表するベクターソフト「Gravit Designer(グラビットデザイナー)」

11.png
スクリーンショット:2017年10月

Gravit社は、デザイン界に革命を起こそうとしている小さなスタートアップです。今回ご紹介する「Gravit Designer」のほか、驚くほど簡単にデザインセンスのあるカードやヒーローヘッダー、アイキャッチ画像を作成することができるCanva風のソフト「Gravit Klex」、作成した画像をクラウド上で共有することができる「Gravit Cloud」をプロダクトとしてリリースしています。

01.png
スクリーンショット:2017年10月

その中でも同社の代表的な製品が、ベクターデータによるグラフィック作成ソフトウェアである「Gravit Designer」です。画面のデザインを作成したり、ハイクオリティなアイコンを作成したり、ハイセンスなプレゼンテーションを作成したり、イラストレーションを作ったり、プロトタイプを作ってみたりと、使用できる用途は多岐に渡ります

02.png
スクリーンショット:2017年10月

インターフェイスも洗練されており、Illustratorと同じようにデザインに最適化された小ウィンドウにより、さまざまなプロパティを設定することが可能です。

03.png
スクリーンショット:2017年10月

レイアウトも自由自在です。
px・mm・cmなど、さまざまな単位に対応しています。
作成したデータはPDFやSVGにもエクスポートできるので、ビジュアルデザイン以外でも活用することができます。

04.png
スクリーンショット:2017年10月

macOS・Windows・Linux・Chrome OSのほか、Webブラウザ上でも操作することが可能です。

05.png
スクリーンショット:2017年10月

iPadとAndroidタブレットアプリケーションも間も無くリリースされる予定です。

Gravit Designer(グラビットデザイナー)を使ってみよう

それでは早速、ダウンロードから基本操作までの簡単な流れを確認していきましょう。

ダウンロード・インストール

06.png
スクリーンショット:2017年10月

Gravit Designerのホームページの右上に「Download」ボタンがあります。
クリックして、ダウンロードを行いましょう。

macOSの場合は、AppStoreが開くので、そのままダウンロードをすれば、ダウンロード完了後にLaunchpadにアイコンが表示されるので、クリックして起動しましょう。
Windowsの場合は、ファイルを解凍して、インストールを行います。

2. 起動してキャンパスサイズを設定

07.png
スクリーンショット:2017年10月

Gravit Designerを起動すると、このような画面が登場します。
新しいデザインをテンプレートのキャンバスサイズから作成したり、他のテンプレートから選んだり、Gravit Cloudから画像ファイルを読み込んだりすることができます。

08.png
スクリーンショット:2017年10月

New Designの各項目にある下向きの矢印をクリックすると、同一カテゴリのその他のサイズも選択することができるようになっています。

panel.png
画像引用元:Gravit

画面構成は、上記のようになっています。上側にメニューバー・ツールバー、左側にページパネル・レイアウトパネル、右側にインスペクター、中央にキャンバスとページが配置されています。
Edit > Settingsで構成を変えたり、ダークカラーテーマを切り替えたりすることができます。

3. レイアウトを始めよう

09.png
スクリーンショット:2017年10月

後の使い方は、Illustratorとほぼ同じです。Illustratorと違ってツールバーは上側にあるので、ここからテキストやベクターラインを追加したりしていきます。

10.png
スクリーンショット:2017年10月

このように画像やテキストを加えて配置することもできます。

weather.png
画像引用元:Gravit

また、このようにプロトタイプ画像を作成したり・・・

face.png
画像引用元:Gravit

自分の顔の画像からアバターアイコンを作ることもできます。

Gravit Designer(グラビットデザイナー)を存分に活用しよう

以上のように、非常にシンプルに始めることができるのが、Gravit Designerのメリットです。Gravit Designerでは、さらに使いこなしたい人のために、チュートリアル動画が作成されています。これらの動画を確認しながら、使い方をマスターしてみるのもいいでしょう。

Gravit Designerは非常に高機能ながらも、プロでもしっかりと使えるようになっており、なおかつ無料です。Illustratorを購入しようか迷っている場合にも、まずはGravit Designerを使ってベクターソフトの練習を行うのもよいでしょう。

より簡単にデザインレイアウトを行いたい場合には、Gravit Klexも合わせて使ってみるといいでしょう。デザインにかかるコストが格段に下がっているので、使わない理由はなさそうです。

Gravit Designer(グラビットデザイナー)を効率的に活用するために

デザイン業務をもっと効率的に!無料ベクター素材84選

デザイン業務をもっと効率的に!無料ベクター素材84選

今回は、無料ベクター素材まとめをご紹介します。 シーズンならではのデザインに使えるものから、持っておくと便利な素材まで取り上げていますので、ぜひチェックしてみてください。

商用利用OK

商用利用OK!オススメ海外フリー写真素材サイト7選

今回は、オススメ海外フリー写真素材サイト7選をご紹介いたします。 Googleの画像検索などで検索にひっかかるデータの中には、著作権を放棄していないものもあるので、安易に使うことができないかもしれません。 フリー写真素材サイトの多くは個人利用だけでなく商用利用も可能なので、さまざまな用途に活用することができます。