まとめ

今回はフリーで使えるベクター素材80個を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ベクター素材はその他の形式と異なり、拡大縮小しても画質が荒れないという大きなメリットがあります。そのため、大判の印刷物から小さなホームページのワンポイントまで幅広く使うことが可能です。
また、カラーなどを変えることが出来るのも利点で、ダウンロードした素材にちょっと手を加えるだけで自分なりの個性も出すことができます。

ベクター素材を活用すれば自分ではデザインが出来ない、という方でも思い通りのデザインが可能となります。
気になったものがございましたら早速デザインに取り入れてみましょう。

今回紹介したベクターは全て無料で使用出来ますが、商用不可のものや改変が出来ないもの、クレジット表記必須のものも含まれています。
ダウンロードする際に、一度確認してからご使用ください。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

10秒でGoogleにて著作権フリーの画像を検索する方法。意外に知られていない高機能
【2015年版】商用無料の人気フリーフォント35選
【必須スキル】2015年は入力速度を上げる!見ないで打てる簡単タイピング術

このニュースに関連するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関して、カリキュラム形式で学びましょう