「組織内での確認作業が多くて仕事が終わらない」
「長時間働いても成長の実感が少ない」

など、些細な不満や働きづらさを感じた経験はありませんか?

短期間で大きな成長を遂げるスタートアップ企業のような生産性の高い働き方に憧れるものの、自社で同じような働き方を実現するのは難しく、現状を維持しているという方もいるはずです。

とはいえ、時間は有限です。不満を抑え続けることで「成長機会」を失ってしまう可能性があります。限られた時間と環境の中でいかに生産性を上げるかを課題に感じることもあるでしょう。

そんな状態を解消するには、「Google」の働き方がヒントになるかもしれません。

今回は、2017年10月3日に渋谷 BOOK LAB TOKYOで開催された、Google出身者のピョートル・グジバチ氏、石戸亮氏、伊丹順平氏が登壇したイベント「【AUTHOR'S TALK #08】Google出身者が語る!生産性を爆速にする神速仕事術」から、生産的な働き方をテーマにしたセッションの様子をお届けします。

登壇者プロフィール

google-2.jpg

ピョートル・グジバチ

ポーランド生まれ。ドイツ、オランダ、アメリカで暮らした後、2000年に来日。2002年よりベルリッツにてグローバルビジネスソリューション部門アジアパシフィック責任者を経て、2006年よりモルガン・スタンレーにてラーニング&ディベロップメントヴァイスプレジデント、2011年よりグーグルにて、アジアパシフィックでのピープルディベロップメント、さらに2014年からは、グローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。現在は、独立して2社を経営。著書には、『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法』『0秒リーダーシップ:「これからの世界」で圧倒的な成果を上げる仕事術』がある。

伊丹順平

株式会社フェズ 代表取締役。
1985年生まれ。2009年に東京理科大学工学部卒業後、P&Gジャパン株式会社に入社。大手流通会社を担当。
2012年 Google合同会社に入社。Googleでは、新規顧客開発本部で消費財メーカーや小売り業界へのデジタルマーケティングの企画立案、及び提案を行う。またオムニチャネル化の企画立案に従事。
2015年12月に、"売場に革新を、お客様に新しい買い物体験を"をmissionに、IoTやAI、動画を活用したO2O事業をメインとした株式会社FEZを創業し、現職。

石戸亮

Datorama Japan株式会社
セールスディレクター/ビジネスデベロップメント
前職Googleでは様々なデータを活用した統合マーケティング支援や、海外展開をする広告主のAPACの窓口として世界中のGoogleオフィスと協業。Google入社前はサイバーエージェントグループでCAテクノロジーとCyberZの取締役として両社のビジネス成長を推進、2012年に全社総会にてベストマネージャー賞受賞。サイバーエージェントの初の男性社員育児休暇も取得。現在は2012年イスラエル創業、米国拠点のマーケティング・アナリティクス企業であるDatoramaの日本ビジネスを立ち上げ中で、世界唯一のマーケティング統合エンジンをブランド企業、広告代理店、メディア運営会社、マーケティング系プラットフォーマー2000社以上に提供。

 西村創一朗

 1988年生まれ。当時19歳の頃に長男が誕生し、学生パパとなる。その後、2009年よりNPO法人ファザーリングジャパンに参画し、現在は最年少理事を務める。

大学卒業後、2011年に新卒でリクルートキャリアに入社。MVP受賞歴多数。本業の傍ら2015年に株式会社HARESを創業し、仕事、子育て、社外活動などパラレルキャリアの実践者として活動を続けた後、第三子となる長女の誕生を機に「通勤をなくす」ことを決め、2017年1月に独立。独立後は「週休3日」で家族と過ごす時間を倍増させながら、複業研究家として、働き方改革の専門家として個人・企業・政府向けに コンサルティングを行う。講演・ セミナー実績多数。2017年9月より「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」(経産省)の委員を務める。2017年8月よりBOOK LAB TOKYO CEOに就任。

【AUTHOR'S TALK #08】Google出身者が語る!生産性を爆速にする神速仕事術 | Peatixより引用