12月に入り、いよいよ1年の締めくくりを始める時期になってきました。

普段の業務に加え、年末年始特有の業務や忘年会・新年会などがスケジュールに入ってくるため、全て把握しきれないほどの忙しさに追われる方も多いのではないでしょうか。

今回は、特にAndroidユーザーにオススメの無料カレンダーアプリ10選をご紹介します。

どれも多忙な毎日を過ごす方にとって、視認性・操作性ともにイチ押しのアプリばかりです。ぜひ、実際にダウンロードして使ってみてください。
  

Androidユーザーにオススメのカレンダーアプリ10選

1. Yahoo!カレンダー 無料スケジュールアプリで管理

Yahoo!カレンダー.png
Google Play
App Store

Yahoo!が提供している無料のカレンダーアプリです。

「スケジュールを1秒で入力できる」というキャッチコピーのとおり、素早く手軽に操作できることが特徴です。会議や食事といったよく入りそうな予定はあらかじめスタンプとして登録されているので、スタンプをタップするだけで予定を入れることができます。もちろん手入力による詳細なスケジュール登録も可能です。

さらに、一週間の天気を表示する機能やGoogleカレンダー・PC版のYahoo!カレンダーとの同期機能も搭載されているため、デバイスを問わずスケジュール管理ができます。
  

2. Ucカレンダー 見やすい無料スケジュール帳アプリで管理

Ucカレンダー.png
Google Play
App Store

シンプルで見やすいデザインと、過不足の無い機能性が特徴のカレンダーアプリです。

スケジュールの予定を色で分類して見やすくしていたり、スケジュールの入力画面を簡素化していたりと視認性の高さもイチ押しです。加えて、週の開始日を変更することができたり、祝祭日や六曜などの表示が可能など、ほかの大手カレンダーアプリではあまり見かけない機能も多く搭載されています。

基本的に無料で使用できますが、一部の機能制限を解除した有料版もオススメです。
  

3. スケジュールプランナークラシック

スケジュールプランナークラシック.png
Google Play

1日の予定を立てることに特化したカレンダーアプリです。時間ごとに細かくスケジュールやToDoを組むことができ、それらを見やすく表示することが可能です。

このアプリの大きな特徴は、アプリ内でグラフを作成することができることで、棒グラフや円グラフを使って、1日の流れを可視化することもできます。さらに、ウィジェットにも対応しており、現在の予定は何か、今何をするべきなのか、を一目でわかるように表示することが可能です。

特に年末年始に予定がつまりがちな忙しいビジネスマンの方には、「その日に何をすべきか」が一目瞭然、漏れなく把握できるためオススメしたいアプリの1つです。
  

4. カレンダー&ブロックメモ

カレンダー_ブロックメモ.png
Google Play

余計な機能を必要とせず、シンプルなカレンダーとメモ機能さえあればいいという方にオススメのカレンダーアプリです。

赤と白のインターフェイスには、余計な機能や情報は一切なく、スケジュールの入力機能が使いやすいことが特徴です。定期的な予定を組む、複数日にわたる予定を書き込む、複数の予定を一括で入力するなど、ビジネスマンには欠かせない機能ももちろん搭載されています。
  

5. ビジネスカレンダー2

ビジネスカレンダー2.png
Google Play

このカレンダーアプリは、元々同じ開発元が配布していた「ビジネスカレンダー」というアプリの改良版です。大まかな機能はそのままに、より便利な機能がいくつか追加されています。特に特徴的なものは週表示の機能で、画面下部のバーをスライドさせることで週表示を1日から14日表示まで変更可能になっています。

週表示は縦に表示されるため時系列でスケジュールを確認でき、たくさんの予定をひと目で確認したいビジネスマンにオススメです。
  

6. 縦型カレンダー&簡単メモ

縦型カレンダー&簡単メモ.png
Google Play

月ごとに縦でカレンダーとスケジュールを表示するシンプルな構成が特徴のカレンダーアプリです。上下のスワイプで日にちの移動、左右のスワイプで月の移動ととてもわかりやすい操作となっています。最大3種類のカレンダーを切り替える機能もあり、ただシンプルなだけでなく機能性も兼ね備えたものとなっています。

仕事用、プライベート用、趣味用と1つのアプリで使いわけたい方にオススメです。
  

7. DigiCal 日本カレンダースケジュール

DigiCal_.png
Google Play

表示方法やデザイン、ウィジェットが豊富なことが特徴のカレンダーアプリです。白と黒のテーマカラーからどちらかを選ぶことができるので、シンプルなインターフェイスが好みの方には一押しです。

天気予報の機能もあり、明後日までの天気を知ることができるので、天気に左右されるような予定を組む際でも同じアプリ内でチェック可能です。ウィジェットは、週間カレンダーやその日の情報、メモ欄のみなどと種類はもちろんそれぞれサイズも豊富に取り揃えられていますので、スマートフォンの画面の片隅に置いておくと非常に便利です。

基本無料で利用できますが、有料版では無料版では表示されない一部の項目やテーマを利用することができます。
  

8. 日本のカレンダー【みんなのカレンダー】祝日簡単インポート 2018

日本のカレンダー.png
Google Play
App Store

日本の暦を表示することに特化したカレンダーアプリです。明治元年から平成99年までのカレンダーを搭載しており、過去の日付の年号や曜日を振り返ることができます。

「日本の」と付くだけあって日本特有の暦についての情報が豊富で、祝日はもちろんのこと、旧暦や六曜、干支まで表示されます。さらに年齢早見表まで完備しており、生まれ年の年齢も確認することも可能。

SNS運用の担当者の方など、ビジネスシーンで六曜や干支などを気にする場面で使用をオススメするカレンダーアプリです。
  

9. aCalender

aCalendar_.png
Google Play

独自の操作性で多くのファンを獲得しているカレンダーアプリです。

上下のフリックで月の変更、左右のフリックで表示方法の変更を行います。Googleアカウントと連携させられるので、Googleカレンダーと同期して利用可能です。さらにあらかじめGoogleコンタクトに登録されている連絡先の誕生日を、顔写真付きで表示させることもできます。

特に、クライアントの担当者の誕生日などを把握し、当日にお祝いメールを送るだけで印象が大きく変わるため、営業マンの方にオススメです。
  

10. urecy グループでスケジュール共有 カレンダー共有アプリ

urecy.png
Google Play
App Store

少人数のグループでカレンダーを共有することに特化したカレンダーアプリで、SNSとカレンダーを合わせたような使用感が特徴です。グループ内ではツイートをしたり手書きドキュメントの投稿をしたりすることが可能ですので、グループのメンバーとのスケジュールの共有に便利です。

プライベートはもちろん、少人数のチームでの使用もオススメしたいアプリの1つです。
  

まとめ

自分に適したカレンダーアプリを使用すれば、大切な予定を忘れたり、ダブルブッキングしてしまったり……などのミスを防ぐことができます。

デキるビジネスマンとは、自分のスケジュールを完璧に把握しているものです。

ぜひ、今回ご紹介した10選の中から好みのものをインストールして、忙しい年末年始を乗り切りましょう。