毎年、小売業や高級ブランドを中心に、手の込んだ力作が並ぶクリスマス動画。今年も視聴者の心を動かす作品が多く出揃っています。

そこで今回は、趣向の異なる2017年のクリスマスを彩る6作品を取り上げ、その企画の裏側を紐解いていきます。

クリスマス気分を味わいつつ、優れたクリエイティブ作品からインスピレーションを得てみてください。
  

サンタが煙突をとおれない!幼い兄弟のダイエット作戦の結末は

2017クリスマス動画_002.jpg

フランスのスーパーマーケットIntermarché(インターマルシェ)が公開した動画は、クリスマスマーケットでサンタと並んで写真を撮った主人公の男の子が、サンタの大きなお腹を見て、家の煙突をとおれないのではないかと途方に暮れるところから始まります。

そしてお姉ちゃんと一緒にサンタのダイエット作戦を決行!初めはレタスをまるまるサンタに渡すだけでしたが、次第に調理や食材に興味を持ち、お姉ちゃんに手伝ってもらいながら、様々なダイエット料理をサンタに届けるようになります。そして迎えたクリスマスの朝……。

サンタは無事に煙突をとおり、プレゼントを届けてくれたようで、お姉ちゃんに抱きつく男の子が何とも愛らしいエンディングです。

同社が啓蒙する“より良い食生活”を、エモーショナルなストーリーで表現することは決して容易ではありませんが、“サンタさんが煙突をとおれないかもしれない!”という子どもの想像力を起点とした本作は、クリスマスというイベントとブランドメッセージが見事にリンクした秀作です。
  

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

雪に閉じ込められても、みんなで食卓を囲めばそこは夢の時間

2017クリスマス動画_001.jpg

英国の高級スーパーWaitrose(ウェイトローズ)は、実話にヒントを得た動画を公開しています。

クリスマスの朝、とあるパブに集まってお酒を飲みながらクリスマスを祝う人々。外では雪がどんどん降り積もり、いざ帰ろうと思ったらドアが開きません。閉じ込められてまった上に、停電にまで見舞われる事態に。

しかし、幸いなことに、パブの倉庫にはWaitroseで買ってきた食材や料理本がたくさんストックされており、またたくまに立派なクリスマスディナーの食卓ができ上がります。ちょうど電気も復旧し、さあ皆で乾杯しようとした瞬間、救助の人が到着し……。

人々の集まりに「食」は不可欠な要素であり、誰かと一緒に食べることで素晴らしい時間を共有できて人々の距離も近くなることを伝える本作。ラストシーンで見せる、突然現実に引き戻された人々の複雑な表情が、皆で食を囲むことが如何に幸せかを逆説的に物語っています。

温かみのある映像が多いクリスマス動画の中で、あえてモノクロを選択し、シニカルな要素も加えることで存在感が際立っています。
  

思いやりのこもった最高の贈り物が、人々のつながりを生む

2017クリスマス動画_003.jpg

次にご紹介するのは、米国の百貨店Macy’s(メイシーズ)による3連作です。そのテーマは「Perfect Gift」。それぞれのシチュエーションにおいて、完璧なギフトを贈ることで通じ合う人々を描いています。華やかなファンタジーや非日常の世界を描くクリスマス動画が多い中、リアリティのある身近な場面設定の中で人々の思いやりや喜びを丁寧に映し出し、共感を得やすい動画となっています。

1本目では、船上の仕事でなかなか帰ってこられないお父さんを恋しく思うお母さんのために、お父さん愛用の香水を買いに行く女の子の優しさが溢れています。

2本目では、店員の女の子が気になっている息子のために、敢えてXXLサイズの服をプレゼントし、サイズ交換のためにお店に行くことを提案する母親の粋な計らいが描かれています。

そして3本目の主人公は、家族そっちのけでクリスマスの飾り付けに勤しむお父さん。ある夜、お母さんを外に呼び出して点灯し、「(感謝の)言葉が見付からなかったから」というメッセージとともに指輪を贈り、夫婦の想いが通じ合うというストーリーです。

お母さんのために男性用の香水を買ったり、わざと大きなサイズの服をプレゼントしたり、お父さんが1人で飾り付けをしたりと、ちょっとした“謎”を仕掛けることで視聴者の興味を引いた後に、誰もが納得できる種明かしで、ほっこりした気分にさせてくれるストーリー展開です。

動画の最後では、香水の品揃えの豊富さや、ジュエリーの取り扱い実績等を伝え、ストーリーと同社の価値をきちんとつなげています。
  

全ては子どものため!命を掛けた●●争奪戦が今始まる!

2017クリスマス動画_006.jpg

クリスマスの買い物客でごった返すデパートやショッピングモールでは、駐車場の空きスペースを探すのも一苦労。そんな“クリスマスあるある”と、車のドライビング性能の高さを上手く組み合わせて表現したのが米Audiです。

本作では、ほぼ同じタイミングで駐車場に入った2人の父親ドライバーが、子どものために少しでも良いプレゼントをゲットすべく、駐車スペースをめぐる熾烈な争いを繰り広げます!

日本では批判の対象になってもおかしくないストーリー設計ですが、クリスマスシーズンの一種の“狂乱”を風刺的にコミカルに描くことで視聴者の共感を引いており、エンターテイメントとして上質な作品に仕上がっている点もさすがAudiです。
  

クリスマスには、魔法の世界で作られた心ときめく商品を…

2017クリスマス動画_004.jpg

英スーパーマーケットチェーンのASDA(アズダ)は、「Best. Christmas. Ever.(意味:これまでで最高のクリスマス)」をタグラインに掲げる、ファンタジー満載の動画を公開しています。

とある工場に忍び込んだ女の子とおじいちゃんは、小人が料理を盛り付けたり、本の中からキッチンが飛び出したり、レーザーを使ってチョコレートにジン(お酒)を注入したりと、奇想天外な方法でクリスマス商品が作られていく魔法の世界を目の当たりにします。

映画「チャーリーとチョコレート工場」のような世界観の中で、クリスマスの楽しさやワクワク感が見事に表現された作品です。

本作を企画するにあたり、同社はお客様へのインタビューを実施。人々がクリスマスの計画自体を心から楽しんでいることや、商品の作り手のプライドやこだわりに強い関心を寄せていること等を知り、今回の魔法の工場のアイデアが生まれたそうです。
  

パーティーシーズンの飲酒運転撲滅に「カラオケ」が一役買う?

2017クリスマス動画_005.jpg

パーティーが多いクリスマスシーズンは、飲酒運転を止める啓発活動が活発に行われています。

ウォッカブランドのAbsolut Vodka(アブソルート)は今年の飲酒運転撲滅キャンペーンにあたり、米国を中心に大ブームになっているカープールカラオケ(車内でのカラオケ)というトレンドに着目。配車サービスUberとコラボして、クリスマスの装飾やカラオケを完備した特別仕様の車両を用意し、パーティー後の家路でもUber車内のカラオケで楽しく過ごす人々を映した動画を公開しました。

特に30代以下は飲酒運転の危険が高いことから、同社はFacebookやインスタグラムでこの年代をターゲットに本作を広告として配信しているそうです。アルコールブランドとして責任ある飲酒をきちんと啓発しつつ、トレンドを取り入れてクリスマスの楽しさを盛り上げている、巧い施策です。
  

まとめ

冬を盛り上げるコンテンツとしてすっかり定着したクリスマス動画。取り組む企業が増えているからこそ、しっかりと企画を練らなければ人々の目に留まることは難しいでしょう。

今回ご紹介した動画に限らず、素晴らしいクリスマス動画は、ブランドや商品のコアな価値やメッセージと誰もが共感できるクリスマスならではの要素を上手く掛け合わせた企画となっています。動画制作にかけられる予算規模は企業によって異なりますが、企画を考える際のこの視点は基本的に同じで、クリスマスに限らず、あらゆるイベントキャンペーンにも応用できるものです。

ぜひ、今後の動画企画の参考にしてみてください。