※本記事は、2018年2月8日に公開された記事をマケスト提供により一部再編集を行っております。

国内利用者数が2000万人を突破している写真共有SNS「インスタグラム」。
お金をかけずに自社商品の魅力を多くの人に伝える手段として、うまく活用したいツールの1つです。

しかし、写真を撮り慣れていないネットショップ担当者にとっては、インスタグラムで反応がもらえる「インスタ映え」写真を撮るのは難しいと感じることも多いでしょう。

そこで注目したいのが、写真の見栄えを変えられるインスタグラムのフィルター機能です。写真加工の知識やスキルを持っていなくても簡単に使えるフィルター機能を利用しない手はありません。

今回は、全40種あるインスタグラムのフィルター機能を紹介します。

フィルターで写真はどう変わる?

フィルターとは撮影した写真の明るさや色味を変更したり、加えたりできる機能のことです。フィルターをかけると「色味を変えて写真をレトロにする」「色を鮮やかにして食べ物を美味しく見せる」などの効果が期待できます。

「Photoshop」などの画像編集ソフトを使って写真を加工することもできますが、専門知識やスキルが必要で手間がかかります。インスタグラムのフィルターであれば、ワンタップで加工前・後の様子が確認できます。誰でも簡単に画像加工ができるのがインスタグラムのメリットです。

しかし、フィルターは手軽にインスタ映えする写真が作れる一方、加工後の写真と実物が違って見えることもあります。ネットショップの商品紹介などに写真を使う場合は、かけるフィルターに注意が必要です。

人・物・風景・食事など、対象物ごとに最適な加工は異なります。豊富なフィルターを手軽に試せるインスタグラムのフィルター全40種類(2018年2月6日時点)を紹介します。もし、フィルターによる写真の変化と相性がわからない方は参考にしてみてください。

人・物問わず使えるナチュラルなフィルター12種類

Normal(無加工)

insta-filter_-_1.jpg

Normalとは、何も加工をしていないそのままの状態です。

1.Gingham

insta-filter_-_2.jpg

全体的な色味を抑え、ふんわりとした印象になるフィルターです。
人・物・風景問わず使える万能フィルターです。

2.Lark

insta-filter_-_3.jpg

赤以外の色味が強調されるフィルターです。
写真全体を自然と明るく見せてくれるので、やや暗めに撮れてしまった写真に使用しても良いでしょう。

3.Reyes

insta-filter_-_4.jpg

青みを抑えたフィルターです。
「Gingham」よりも色褪せた写真になります。大人の女性向けアクセサリなどと相性が良いです。

4.Aden

insta-filter_-_5.jpg

全体に薄く赤みを加えた、パステル効果のあるフィルターです。
肌色のムラを抑えてくれます。人物の顔アップ写真などに使っても良いでしょう。

5.Sierra

insta-filter_-_6.jpg

全体的にやや暗く、落ち着いた印象になるフィルターです。
風景写真に向いています。

6.Hefe

insta-filter_-_44.jpg

赤みが強いフィルターです。
外側に受けて暗くなり、真ん中が浮き出ているようなアート風な写真に仕上がります。

7.Nashville

insta-filter_-_7.jpg

全体に淡いピンク色がかった写真になるフィルターです。
可愛らしい雑貨・アクセサリ・赤ちゃんなどの写真と相性が良いです。

8.Walden

insta-filter_-_8.jpg

青みが加わり、霧がかかっているような写真になるフィルターです。
元写真の色によって加工後の色味が変わってきます。

9.Stinson

insta-filter_-_9.jpg

ほんの少し白くくすんだようになるフィルターです。
グレーやベージュなどのファッションと相性が良いフィルターです。

10.Vesper

insta-filter_-_10.jpg

全体に黄味が追加されるフィルターです。
肌のトーンが均一化されて美しく見えます。モデルを美しく見せたいときに活用できます。

11.Ginza

insta-filter_-_11.jpg

全体に明るさと暖かみを加えるフィルターです。
屋外で撮影した写真やファッションを紹介する全身写真と相性が良いです。

12.Ashby

insta-filter_-_12.jpg

自然光のような明るい黄味が追加されるフィルターです。
風景写真や建物写真にかけると夕暮れ時に撮影したような仕上がりになります。

被写体を強調できる料理・ブツ撮り向けフィルター11種類

Normal(無加工)

insta-filter_-_13.jpg

13.Clarendon

insta-filter_-_14.jpg

明暗をはっきりさせるフィルターです。
色鮮やかながらも上品な仕上がりになります。動物や料理をアートな印象にしたいときに向いています。

14.Juno

insta-filter_-_15.jpg

赤・黄・橙といった暖色が強調されるフィルターです。
「Clarendon」よりもコントラストが強く、くっきりとした仕上がりになります。

15.Ludwig

insta-filter_-_16.jpg

暖色・寒色共に色味が強調されるフィルターです。
ポップな印象を与えられます。人物や料理の写真にかけると肌や食べ物の色が鮮やかになります。

16.Mayfair

insta-filter_-_17.jpg

彩度が強く、被写体が強調できるフィルターです。
カラフルな料理やデザートの撮影に向いています。

17.Lo-Fi

insta-filter_-_18.jpg

色が濃く、影は暗くなるフィルターです。
料理写真と相性がよく、鮮やかに魅せてくれます。

18.1977

insta-filter_-_19.jpg

強いピンクの照明を当てたような写真になるフィルターです。
お洒落さにこだわる飲食店のフード撮影などに向いています。

19.Kelvin

insta-filter_-_20.jpg

夕焼けのようなオレンジ色のフィルターです。
赤や黄色の料理・モノをより鮮やかに見せられますが、実物の色からはかけ離れてしまうので商品紹介には向いていません。

20.Skyline

insta-filter_-_21.jpg

明るく色味のくっきりとした加工ができるフィルターです。
どんな写真にも合わせやすいです。

21.Dogpatch

insta-filter_-_22.jpg

白色が強調され、明るくなるフィルターです。
白い雑貨・服・建物など、白いものを目立たせたいときに使えます。

22.Helena

insta-filter_-_23.jpg

全体に少しオレンジ色が追加されるフィルターです。
「Kelvin」よりもナチュラルな夕焼け感を演出できます。

23.Charmes

insta-filter_-_24.jpg

明暗をはっきりさせて赤みを加えたフィルターです。
被写体を強調しつつも写真に暖かみを加えます。

「レトロ」や「クール」な写真加工ができるフィルター14種類

Normal(無加工)

insta-filter_-_25.jpg

24.Slumber

insta-filter_-_45.jpg

薄い黄色を被せたフィルターです。
街並みや雑貨を昔懐かし雰囲気に見せたいときに向いています。

25.Crema

insta-filter_-_26.jpg

彩度を落としたフィルターです。クールな印象を与えたいときに。
色味が落ちてしまうので、料理やポップな写真には向きません。

26.Perpetua

insta-filter_-_27.jpg

グラデーションのようにかかるフィルターです。
部分的に色あせている写真のような加工ができます。

27.Amaro

insta-filter_-_28.jpg

中央は白っぽく、外側は暗くなり、トイカメラで撮影したような仕上がりになります。

28.Rise

insta-filter_-_29.jpg

全体的にオレンジ色が強くなるフィルターです。
ビンテージ風な加工ができます。

29.Hudson

insta-filter_-_30.jpg

青みが強く暖色が抑えられるフィルターです。
よりシャープな写真になります。

30.Valencia

insta-filter_-_31.jpg

ひと昔前に撮影した写真のようなセピアカラーになります。

31.X-Pro II

insta-filter_-_32.jpg

明暗の差がはっきりして、アーティスティックな加工ができるフィルターです。
人・物・風景全ての写真に使用できます。
暗い部分も強調されてしまうので、写真は明るめに撮影しましょう。

32.Earlybird

insta-filter_-_33.jpg

淵がかったセピアカラーの加工ができるフィルターです。
レトロな雑貨や建物と相性が良いです。

33.Brannan

insta-filter_-_34.jpg

元写真よりも薄暗く、シャープな加工ができるフィルターです。
都会の街並みや金属の写真に向いています。

34.Sutro

insta-filter_-_35.jpg

色味を抑え、外側が暗くなるフィルターです。
ゴシックやミステリアスな加工がしたいときに使えます。

35.Toaster

insta-filter_-_36.jpg

中央は明るめの赤、周辺は色あせて焼けたようになるフィルターです。
人・建物などのかけるとグッと目を引く写真が作れます。

色味が変わってしまうため、料理・ブツ撮りには向きません。

36.Maven

insta-filter_-_37.jpg

全体に黄味を加え、影を濃くするフィルターです。
人・物よりも風景・建物写真に向いています。

37.Brooklyn

insta-filter_-_38.jpg

暗い部分は赤み、明るい部分は青みが強くなるフィルターです。
レトロな街並みやファッションに合います。

オシャレなモノクロ系フィルター3種類

38.Moon

insta-filter_-_39.jpg

薄いグレーのモノクロになるフィルターです。
カラー写真の中にモノクロ写真が1つだけあると、ユーザーの目を引きます。
元となる写真の色がわからなくなるので、商品紹介写真には向きません。

39.Willow

insta-filter_-_40.jpg

セピアとモノクロの中間ぐらいのフィルターです。
「Moon」よりも上品な印象になります。

40.inkwell

insta-filter_-_41.jpg

インスタグラムに初期から搭載されているベーシックなモノクロフィルターです。
「Willow」よりも明るいモノクロ写真になります。

まとめ

インスタグラムのフィルターを利用すれば、簡単にSNSで目を引く写真加工ができます。魅力的な写真を投稿ができれば、ユーザーから反応をもらえることも多くなるでしょう。

しかし、「インスタ映え」を意識しすぎて実物と全く違った印象になるフィルターをかけてしまうと、ユーザーに対して伝えたい商品の姿が伝わらない場合もあります。その写真を「どのように見られたいのか」を意識して、最も商品の魅力が引き出せるフィルターを探してみましょう。

映える画像加工を見てみる

フィルターや編集による画像加工が簡単!インスタ映えする撮影テクニック

フィルターや編集による画像加工が簡単!インスタ映えする撮影テクニック

無料で利用できるインスタグラムを、一般のユーザーだけではなく、マーケティング施策やプロモーションの一環として導入する企業が徐々に増えております。 しかしながら、スマートフォンで撮影した写真を、ほとんど加工せずにアップロードしている事例を多く見かけます。インスタグラムには初めから画像を編集する機能やフィルターが内蔵されており、ちょっとした工夫でより魅力的な写真に加工する事が可能です。 今回は、初心者でもフィルターの用語がわからないとしても、直感操作で見栄えのよい写真に仕上げるためのテクニックを業種別に解説します。

Instagram風に写真を加工するアクションファイル50選

Instagram風に写真を加工するアクションファイル50選

今回は、Instagram風に写真に加工するPhotoshopアクションをまとめてご紹介します。お洒落なヴィンテージ風やキラキラ感のある加工も一瞬でできますので、写真加工に興味がある方はぜひ目を通してみてください。