若者を中心に圧倒的な利用者数を誇る写真共有SNS「Instagram」。通称「インスタ」。お金をかけずに自社商品の魅力を多くの人に伝える手段として、うまく活用したいツールの1つです。

しかし、写真を撮り慣れていないネットショップ担当者にとっては、反応がもらえる「インスタ映え」写真を撮るのは難しいと感じることも多いでしょう。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます

そこで注目したいのが、写真の見栄えを変えられるインスタグラムのフィルター機能です。今回は、写真加工の知識やスキルを持っていなくても簡単に使えるフィルター機能40種を紹介します。

フィルターでInstagramの写真はどう変わる?

フィルターとは撮影した写真の明るさや色味を変更したり、加えたりできる機能のことです。フィルターをかけると「色味を変えて写真をレトロにする」「色を鮮やかにして食べ物を美味しく見せる」などの効果が期待できます。

「Photoshop」などの画像編集ソフトを使って写真を加工することもできますが、専門知識やスキルが必要で手間がかかります。インスタグラムのフィルターであれば、ワンタップで加工前・後の様子が確認できます。誰でも簡単に画像加工ができるのがインスタグラムのメリットです。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

しかし、フィルターは手軽にインスタ映えする写真が作れる一方、加工後の写真と実物が違って見えることもあります。ネットショップの商品紹介などに写真を使う場合は、かけるフィルターに注意が必要です。

人・物・風景・食事など、対象物ごとに最適な加工は異なります。豊富なフィルターを手軽に試せるインスタグラムのフィルター全40種類(2020年9月時点)を紹介します。もし、フィルターによる写真の変化と相性がわからない方は参考にしてみてください。