若者を中心に圧倒的な利用者数を誇る写真共有SNS「Instagram」。通称「インスタ」。お金をかけずに自社商品の魅力を多くの人に伝える手段として、うまく活用したいツールの1つです。

しかし、写真を撮り慣れていないネットショップ担当者にとっては、反応がもらえる「インスタ映え」写真を撮るのは難しいと感じることも多いでしょう。

そこで注目したいのが、写真の見栄えを変えられるインスタグラムのフィルター機能です。今回は、写真加工の知識やスキルを持っていなくても簡単に使えるフィルター機能40種を紹介します。

フィルターでInstagramの写真はどう変わる?

フィルターとは撮影した写真の明るさや色味を変更したり、加えたりできる機能のことです。フィルターをかけると「色味を変えて写真をレトロにする」「色を鮮やかにして食べ物を美味しく見せる」などの効果が期待できます。

「Photoshop」などの画像編集ソフトを使って写真を加工することもできますが、専門知識やスキルが必要で手間がかかります。インスタグラムのフィルターであれば、ワンタップで加工前・後の様子が確認できます。誰でも簡単に画像加工ができるのがインスタグラムのメリットです。

しかし、フィルターは手軽にインスタ映えする写真が作れる一方、加工後の写真と実物が違って見えることもあります。ネットショップの商品紹介などに写真を使う場合は、かけるフィルターに注意が必要です。

人・物・風景・食事など、対象物ごとに最適な加工は異なります。豊富なフィルターを手軽に試せるインスタグラムのフィルター全40種類(2020年9月時点)を紹介します。もし、フィルターによる写真の変化と相性がわからない方は参考にしてみてください。

人・物問わず使えるナチュラルなフィルター12種類

Normal(無加工)

insta-filter_-_1.jpg

Normalとは、何も加工をしていないそのままの状態です。

1.Gingham

insta-filter_-_2.jpg

全体的な色味を抑え、ふんわりとした印象になるフィルターです。人・物・風景問わず使える万能フィルターです。

2.Lark

insta-filter_-_3.jpg

赤以外の色味が強調されるフィルターです。写真全体を自然と明るく見せてくれるので、やや暗めに撮れてしまった写真に使用しても良いでしょう。

3.Reyes

insta-filter_-_4.jpg

青みを抑えたフィルターです。「Gingham」よりも色褪せた写真になります。大人の女性向けアクセサリなどと相性が良いです。

4.Aden

insta-filter_-_5.jpg

全体に薄く赤みを加えた、パステル効果のあるフィルターです。肌色のムラを抑えてくれます。人物の顔アップ写真などに使っても良いでしょう。

5.Sierra

insta-filter_-_6.jpg

全体的にやや暗く、落ち着いた印象になるフィルターです。風景写真に向いています。

6.Hefe

insta-filter_-_44.jpg

赤みが強いフィルターです。外側に受けて暗くなり、真ん中が浮き出ているようなアート風な写真に仕上がります。

7.Nashville

insta-filter_-_7.jpg

全体に淡いピンク色がかった写真になるフィルターです。可愛らしい雑貨・アクセサリ・赤ちゃんなどの写真と相性が良いです。

8.Walden

insta-filter_-_8.jpg

青みが加わり、霧がかかっているような写真になるフィルターです。元写真の色によって加工後の色味が変わってきます。

9.Stinson

insta-filter_-_9.jpg

ほんの少し白くくすんだようになるフィルターです。グレーやベージュなどのファッションと相性が良いフィルターです。

10.Vesper

insta-filter_-_10.jpg

全体に黄味が追加されるフィルターです。肌のトーンが均一化されて美しく見えます。モデルを美しく見せたいときに活用できます。

11.Ginza

insta-filter_-_11.jpg

全体に明るさと暖かみを加えるフィルターです。屋外で撮影した写真やファッションを紹介する全身写真と相性が良いです。

12.Ashby

insta-filter_-_12.jpg

自然光のような明るい黄味が追加されるフィルターです。風景写真や建物写真にかけると夕暮れ時に撮影したような仕上がりになります。