テキスト

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

テキストとは、純粋に文字のみで構成されるデータのことをいいます。

太字や斜線などの修飾情報や、埋め込まれた画像などの文字以外のデータが表現することはできませんが、テキストのみで構成されたテキストファイルであれば、どのような機種のコンピューターでも共通して利用することができます。

Curriculum pt1

テキストはどこにでもついてくる

元々「教科書」の意味で用いられることの多い単語であり、単純に文章のことを指します。
教科書や問題集、ホームページやブログ、もちろんこのページにおいても、必ずテキスト(文章)によって構成されています。

このこと自体は識字率の高い日本だからこそできる表現方法でもあり、世界の教育の行き届いていない地域ではテキストを読むことのできない人たちも存在しています。

YouTubeやニコニコ動画など、画像や動画による表現は増えているものの、そこにはタイトルや紹介文、コメントなどのテキストはほぼ確実に存在しています。どこのどんな記事・ページを見ても、テキストはついて回ってくるのです。

人は文章で最終決定を行います

最近の人は、「文字を読まない」「読解力がない」などとささやかれ、インターネット広告や店舗・企業のホームページ上に長々とテキストを並べても無駄なのではないかという風潮さえありました。

しかし、インターネット広告や通販サイトから物品を購入したり、サービスに関する問い合わせをする場合、必ずテキストを隅から隅までじっくり読み込み、自分のなかで十分に納得できた状態で、取るべきアクションに進んでいくものです。

インターネット通販では相手の顔が見えず、実際に触れてから購入することができません。私たちは商品の特徴や他の商品との比較、お客様の声(レビュー)などを隈なく読み込むことで、意思決定をするようになるのです。

私たちは普段から、テキストによって意思決定をします。テキストによって企業の将来性を期待し、商品やサービスが自分にとって有益がどうかも、ほとんどがテキストに委ねられています。

わかりやすく過不足のないテキストを追求し、強い説得力持たせることで、アクセス数や購入率、リピーター率などを飛躍的に向上させることができるのです。

用語例

「このサイトのテキストは読みやすい」
テキストファイルに変換してデータ利用する」