マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、マーケティング活動に必要なデータを低コストで提供するコミュニケーションエクスプローラーです。

【ここがポイント】
ポイント1:言語意味理解エンジンにより感情を読み取れる
ポイント2:知りたい情報を素早く確認できる
ポイント3:豊富な標準機能を低コストで利用できる

コミュニケーションエクスプローラーとは?

日本最高峰の「言語意味理解エンジン」を搭載したツール

言語意味理解エンジン

購買行動につながる要素として注目されている口コミ
そんな口コミマーケティングに活用する手法として必要不可欠なのが、ソーシャルメディア上にあるユーザーの生の声を収集・分析するソーシャルリスニングです。

・拡散状況など、キャンペーンの反応を把握できる
・自社商品やサービスの強みと弱みを発見できる
・クレームの事前察知を目的としたモニタリングができる

といった分析が可能で、商品やサービスの開発・改善などにつなげることができます。

ですが、口コミが溢れている状況の中、活用しきれていない企業が多いのも事実。
知識やリソース不足により、ユーザーの本音を効率的に把握できていないとお悩みの担当者も多いのではないでしょうか?

そんな悩みの解決に役立つのが「コミュニケーションエクスプローラー」です。

高精度なマッチングを提供

高精度なマッチング

「コミュニケーションエクスプローラー」を提供する株式会社サイバー・コミュニケーションズはWeb広告の会社であり、もともとサイト上のコンテンツに関連性のある広告バナーを表示させる「コンテンツマッチ」というサービスを提供していました。

その流れから、口コミの解析に使えそうだと誕生したサービスが「コミュニケーションエクスプローラー」です。

ソーシャルリスニングにおける課題をソーシャルメディアとマッチングすることで解決に導くためのツールで、Twitterのデータも制限なく取得することができます。

また、日本最高峰の「言語意味理解エンジン」を搭載していることも大きな強み。
言語意味理解エンジンは、徳島大学発のベンチャー企業である「株式会社 ⾔語理解研究所」から生まれたエンジンで、約7.6万種類の単語知識概念と約400億パターン以上の意味共起知識の組み合わせを有しています。

これらのデータを活用することで、感性や感情までテキストから発見でき「ユーザーの本当の思い」を把握することができます。

このエンジンを利用した「コミュニケーションエクスプローラー」は、単語だけでなく、文脈からもユーザーの意見を判断でき、3段階48種類の感性による分析が可能。
75~98%の正解率を誇っています。

「コミュニケーションエクスプローラー」プロジェクト登録の手順

【1】調査したいキーワードなどを登録
調査したいキーワードや期間、対象メディアを選択します。調整作業はマウス操作のみで対応可能。

プロジェクト情報の登録

【2】 任意の分析項目でデータを確認
時系列分析やランキング分析、トレンド分析など知りたい情報を知りたい形式で確認できる機能を搭載。

任意の分析項目

【3】プロジェクト登録は3つまで可能
ASPサービスのプランでは、プロジェクトを3つまで登録できます。

プロジェクト登録数

導入する3つのメリット

【1】標準価格で充実したメディア、過去データを提供
追加料金なしでデータが取得可能。過去13ヵ月分のデータでも即時に取得できます。

追加料金なしでデータ提供

【2】オプションでメディア追加もできる
Twitterなどの主要SNSをはじめ、ブログやニュースサイトに対応。オプションでメディア追加も可能です。

メディアの追加

【3】アナリストによるレポーティングも可能
アナリストによるレポーティングサービスを提供。自社のニーズに合った最適解を提示できます。

レポーティング

確かなデータを元に提案を行いたいという企業が多数「コミュニケーションエクスプローラー」を採用!

導入実績

マーケティングにおいてSNSなどでの口コミが重要視されるようになり、今では様々なソーシャルリスニングツールが生まれています。

その中でも「コミュニケーションエクスプローラー」は

Twitterなどのデータのカバー率
・わかりやすいUI
・分析機能の豊富さ
・機能に対するコストパフォーマンスの良さ

などが評価され、多くの企業が導入。
一般消費者向けの商品・サービスを扱っている事業会社や広告代理店など幅広い業種で利用されています。

また、1アカウントで複数の人がサービスを利用できることも大きな魅力です。
かけられる予算が少なく時間もないという担当者にとって、おすすめのサービスだと言えるでしょう。

コミュニケーションエクスプローラー 導入事例

A社(広告代理店/アカウントプランナー)

Twitterなどのメディアから競合や自社の評判を調査し、プロモーションの提案や企画のヒントになるようなネタの発掘を行っている。

利用用途:プランニング用のデータ収集、材料の発掘

B社 (食品メーカー/マーケティング部)

Twitterなどを利用してプロモーション前後の投稿量やリツイート数、ポジネガの投稿内容を比較。調査データを次のプロモーション時の改善データやKPIとしても活用。

利用用途:プロモーションの反響調査

C社 (人材派遣業/広報)

ソーシャルメディア上での投稿の急増を検知し、重大インシデントになりそうな事柄の発見を容易に。

利用用途:ソーシャルメディアにおけるリスク対策

コミュニケーションエクスプローラー担当者からのメッセージ

コミュニケーションエクスプローラー担当者

チームマネージャー:野々村様 アカウントプランナー:渡邉様

「コミュニケーションエクスプローラー」は、Twitterブログなどから世の中でどのような呟きがされているのかを収集できるツールです。
ポジティブな意見なのかネガティブな意見なのか、投稿数などから世の中の反応を集めて分析し、企業のマーケティング施策に活用していただいております。

もちろんお客様自身でも分析を行うことができますが、目的に合ったレポート設計ができていないと、アウトプットを間違ってしまうこともあるのではないでしょうか。
弊社の分析レポートサービスは、アナリストが最適解を用意しますので、アウトプットにお困りの方やじっくり分析結果を見たい方はぜひご利用いただければと思います。

今後も、お客様の課題をソーシャルとマッチングしながら解決に導けるようサービスの向上を心がけていきます。
レポート作成をある程度自動化したり、UIを変更したりと、異動などでサービスを利用する担当者が変更になった場合でも使いこなせるサービスを提供していく計画ですので、ぜひマーケティング施策にお役立てください。

マケスト編集部より一言コメント

ユーザーが何を求めているかを把握するうえで、「分析」はかなり大切です。

「コミュニケーションエクスプローラー」には、大量のデータが用意されています。
運用コストも安いので、データをじっくり見る時間が作れる方や、分析に専念できる方にはぴったりのツールなのではないかと思いました。

ただし、そもそもどこを軸にして分析するのかを決めることがまず難しく、どのように分析していいのかがわからない…という担当者も多くいらっしゃることでしょう。
「コミュニケーションエクスプローラー」は、分析ツールだけでなく、分析レポートサービスも提供しているので、自社だけでは難しいという場合はお任せしてみるのもオススメです。

ソーシャルリスニングは、自社のプロモーションの効果検証やニーズ分析、リスクモニタリングなど様々な場面で役立つサービスです。
低予算でデータを収集・分析したいという担当者は、ぜひ「コミュニケーションエクスプローラー」の活用をご検討ください。

続きは、