ユーザー体験をデザインする「UXデザイン」がWebサービス業界の1つのトレンドとして語られる機会が多くなりました。

ユーザーの声がプロダクトに反映されるのが当然の時代において、UXを考慮したデザインは不可欠です。制作物を納品して終わりではなく、ユーザーやクライアントに歩み寄ってプロダクトに関わることが大切です。

しかし、その概念は理解できても、どうやって実務に落とし込むべきか悩んでいる担当者もいるはずです。

2018年6月、アドビ システムズ 株式会社が主催した「UX道場 Meetup 00:UXデザインが高めるデザイナーの価値とワークフロー」のパネルディスカッションから、デザイナーがUXデザインをワークフローに落とし込むヒントを探ってみましょう。

参考:
UX 道場(UI / Web デザイン) – Adobe Creative Station

登壇者プロフィール

長谷川恭久(デザイナー・コンサルタント)

Web/アプリに特化したデザイナー・コンサルタントとして活動中。組織の一員となるスタイルで一緒にデザインに関わる課題を解決するといった仕事をするなど、チームでデザインに取り組むためにできることを模索している。

アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に在籍。帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続け、現在はフリーで活動。 自身のブログとポッドキャストではWebとデザインをキーワードに情報発信をしているだけでなく、各地でWebに関するさまざまなトピックで全国各地で講演を行ったり、多数の雑誌で執筆に携わる。 著書に『Experience Points』など。

引用:Adobe UX道場 スライドより引用

伊原力也(freee株式会社 プロダクト戦略 IA/UX)

アクセシブルなインタラクションデザインの実践を標榜標榜し、Webサービスやスマートフォンアプリの設計業務に従事。ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)理解と普及作業部会委員、HCD-Net認定 人間中心設計専門家および評議委員としても活動。

共著書に『デザイニングWebアクセシビリティ』、監訳書書に『インクルーシブHTMLCSS&JavaScript』『コーディングWebアクセシビリティ』がある。クリエイティブユニットmokuva所属。

引用:Adobe UX道場 スライドより引用

轟啓介(モデレーター)

アドビ システムズ 株式会社 / 1999年、早稲田大学理工学部を卒業後、大手印刷会社に勤務。主にEC分野でJ2EE開発に携わるが、Flexとの衝撃的な出会いを機にRIAの世界へ。 2008年4月、アドビシステムズ入社。 Web製品のマーケテイング担当。

引用:轟 啓介 | Adobe

「UXデザイン」はデザイナーの価値とワークフローをどう改善する?

adobeuxdojo-6.jpg
(左から)長谷川恭久 氏、伊原力也 氏

轟 氏:
近年「UXデザイン」という言葉が注目されています。これがなんでも解決できる「魔法の杖」なのかっていうと、決してそうではありません。概念を勉強しても実践で使えないといった話を聞くことがあります。

本日は、UXデザインにおけるデザイナーの価値やワークフローを改善することはできるのか、というテーマを展開していきます。

まずはじめに、デザイナーとはどういう人を指すのでしょうか。

UXデザイン最前線の2人が語る「デザイナーの定義」

uxdojo_1.jpg

伊原 氏:
仮説を立て、「合意形成をする人」ですね。私が担っている仕事の領域という話でもあるのですが、UXデザインのプロセスの中で、ユーザー調査とかペルソナ設計、カスタマージャーニーマップを作るというところから始め、最終的に合意形成までを行える人という感じがありますね。

長谷川 氏:
私の場合、「ぼんやりしているものを視覚化する人」だと思っているんですよね。視覚化というのは、どの工程にもあると思うんですよ。要件定義から納品するまで様々な領域で、ぼんやりしたものを視覚化し、言語化する。それができるのがデザイナーです。

絵にしてわかることってあるじゃないですか。制作よりも前、そもそもの段階で何かしら絵があった方が納得できることもありますよね。そういう仕事がデザインじゃないかなって思います。

uxdojo_2.jpg

轟 氏:
なるほど、視覚化というのはたしかに良い表現ですね。

次に、受託制作会社と事業会社に所属するデザイナーの働き方の違いについて聞いてみます。

伊原 氏:
事業会社において「デザイン」っていうのは、どうしても数値を追うための1つの手段っていう感じはやっぱりあります。事業を成長させるドライバーの1つなんだけれど、それをビジュアルに寄って形作れるのか。そのデザインがユーザーにとってどうなのかというところを最終的には追っていきたいというのがあります。

一方で、受託制作会社は頼まれ仕事がスタートです。依頼される前の段階でプロジェクトのロードマップが引かれており、整理された上で「具現化するために手伝ってほしい」というケースが多いのではないでしょうか。

adobeuxdojo-5.jpg
轟啓介 氏

轟 氏:
理想的には、ということですよね。とはいえ、本当に整理されてからデザイナーに依頼が来るものなのでしょうか。

伊原 氏:
確かに完全に整理はされていないかもしれません。しかし、受託制作であれば頼まれる段階で、ある程度決定してから依頼を受けますから、その「決め具合」の違いですよね。依頼する会社によってスタート地点が違うんだろうなと思います。

轟 氏:
長谷川さんはいかがでしょうか。

長谷川 氏:
デザイナーであればなにか良いものを作りたいと思っています。良いものを作ることでユーザーに価値を提供したいという思いが強いんです。

しかし、現場の担当者が高いモチベーションなのかというと、実は違ったりする場合があります。上司から言われたからやっているという人も多い。そのモチベーションの違いによって、デザイナーがどこまで入り込んで担当をしたら良いのかわからないという問題はあると思います。

もう1つ、じゃあ制作会社のモチベーションがいつも高いのかというと、そうではないケースもあるんです。例えば、制作してポートフォリオが1つ増えればそれでいいと考えることもあります。

さらに、(契約などで)特に取り決めがなければ、売上などの数字に責任がない中で制作せざるを得ないのです。このように具体的な問題が認識されていない場合に、制作会社はUXデザインという文脈で語られる「課題解決」をできるのかどうか、クエスチョンマークが浮かびます。

それに、制作する側が頑張ったところで、「課題解決」に対する対価がもらえないケースもあるわけです。だからお金に変換するのも難しいケースもあります。

「UXって何から始めるべき?」デザイナーの役割から紐解くと......

uxdojo_3.jpg

轟 氏:
次のスライドをみてみましょう。ワークフローのサイクルです。

伊原 氏:
僕が所属しているfreee株式会社では、会計ソフトとか人事労務ソフトを作っています。その中で私が何をやっているかというと、今はプロダクトの要件を作っています。ロードマップを引いて、次の機能をどうするかとか、最低限リリースできるものとしてどういう形にしようかというところ。ユーザー調査を通して、導出するという流れです。

いま、それと併せて進めているのが、デザインシステムの作成を別のチームでやっています。デザインのパターンを作り、ガイドライン化。フロントエンドのコードも作りますという、この要件はデザインシステムによって実現されるという仕組みです。

先に出た「受託」対「事業」っていう話でもあるのですが、受託制作会社と事業会社は構造的に進め方が結構違うなと思います。これは、事業会社に入ってかなり実感しました。

長谷川 氏:
これに関しては、攻め方の1つだと思っていて。例えば、ワークフローの中にUXという項目がありますけれど、そのUXデザインのプロセスは「書籍などで定義されているUX」がきちんとなされているかというと議論の余地があります。どうすれば自分たちが求めている状態になるのか、そのやり方に近づけるのかという点において、freee株式会社さんの場合、1つの仮説の中で進めていると捉えてもいいですよね。

伊原 氏:
そうですね。僕たちの場合、ウォーターフォール(段階的に順番通り)で開発はできないため、UXのプロセスは、かなりリーン(無駄を省いて効率的な開発)にしなければならない。いわゆる「人間中心設計のプロセス」っていうのを順に踏んでいくことができないんです。でも、省いても問題ない勘所をどうみつけるのか、リリース後に仮説検証する方法でどこまで補えるのかということを日々考えています。

長谷川 氏:
UXデザインって何から始めれば良いのかわからないとか、なかなか実現できていないというのであれば、いまクライアントさんとどういう関係なのか、組織の中でデザイナーとしてどういう役割を担っているのかというところから考えないと難しくなると思いますね。

書籍とかブログとかで書かれていることって、超理想的なことじゃないですか。じゃあ、どうやってるの?と。伊原さんがスライドでワークフローを視覚化してくれているように、組織におけるデザイナーとしての自分の役割を考えてみると(何から始めるべきなのか)見えてくるかなと思いますね。

Webディレクターは日本にしか存在しない!?

uxdojo_4.jpg

轟 氏:
この話も続けたいところなのですが、海外のデザイナーと日本のデザイナーの違いを見ていきたいと思います。アメリカのデザイナーの平均的な年収を見てみると概ね850万円〜900万円くらいです。一方で、日本のWebデザイナー白書を見てみると、300万円〜400万円程度なんです。

その他にも面白いものがありまして……実は海外にはWebディレクターという職業の人がいないんですよね。

長谷川 氏:
そうなんです。居ないんですよね。私も海外で1〜2年くらいWebデザイナーとして働いていましたが、Webディレクターはいませんでした。

轟 氏:
僕も、アドビの本社の人間に、日本にはWebディレクターという職種があることを説明するのが大変だなと感じました。アメリカでは、担当が分離されているんです。UXデザインする人、UXを調査する人、UIデザインをする人、マネジメントをする人など……。だから、今日本のWebディレクターは多能工です。

長谷川 氏:
日本のデザイナーの仕事の領域もそうですけど、課題感が結構曖昧なんですよね。例えば、WebサイトPVを上げたいとか、ざっくりと使いやすくしたいとか。「はぁ……」って感じですよね。(笑)

課題感を具体化し、チームメンバーやクライアント含めて何かしらの形で共有するというのがスタートだと思います。そうしないと何が起こるのか。それは、前提がすべてひっくり返ってしまうんですよね。工程の途中でいきなり意見を言い出す人が出てきたりするわけじゃないですか。

意見を積み上げた上で実装できればいいんですけど、責任者がいないと問題が起こる。それを、いままでWebディレクターがやっていたから問題なかったのかもしれないけれど、見えていない課題を見えるようにするという意味で、デザイナーが必要になると思うんです。

デザイナーの価値とは、収入であったり成果物だったりもあると思うんですけど、それはあくまでゴールです。じゃあ、その第一歩はなにかっていう話があまりできていない。そこに対する1つの答えが、見えていない課題を共有することです。

Webサイトアプリの難しいところは、「作り手」だけでは作れないこと。事業やマーケティング、その他ステークホルダーが存在するなかで「デザイン」というゆるふわなキーワードを基に進めようという、無茶なことをしていると思うんですよね。

プロダクトのゴールに辿りつくための1つのステップとして、デザインのプロセスや、課題の本質を視覚化し議論できる状態にすることがあります。

プロジェクトの「内容面のハブ」になるのがデザイナー

adobeuxdojo-7.jpg

伊原 氏:
先程の「Webディレクターが多能工」というお話からディレクターはハブのように感じますよね。実際、プロジェクトマネジメントをしているのは、Webディレクターである場合もあります。でも、プロジェクトの「内容」面で1番のハブになっているのは、むしろデザイナーだなと思うんです。

プロジェクトが結実したらこういう形になりますというのがデザインであり、デザイナーが作っているアウトプットです。ワークフローのあらゆる要件が集約され、視覚化に関わる役割と考えれば、デザイナーがハブです。そしてデザイナー自身は自分がハブになっていることを理解するのが大切です。

長谷川 氏:
確かにそうですね。そして視覚化されたものに対して、デザイナーはきちんと説明できなくちゃいけない。いわゆるプレゼンテーション能力というやつですけど、アメリカのデザインの大学ではプレゼンテーションの講義が1学期分用意されているほどです。

クライアントへのプレゼンテーション方法など、テクニックを教わるわけです。だからこそデザインの基礎体力として「説明できる」というのが海外のデザイナーにはあるんです。「価値観が共有できていない」と感じる時、それはデザインそのものではなく「プレゼンテーションが上手くできていない」ことが多いなと感じています。

轟 氏:
自分のデザインを自分の言葉で説明するっていうのは重要なスキルだと思いますが、向き不向きもありますよね。喋りたいけど、上手くできない人など。一方で、デザイナーは2次元のものを扱える。そういったときに、純粋なプレゼンテーションだけでなく、デザインにプラスアルファの言葉で伝えるというアプローチも良いのではないかと思います。

長谷川 氏
もちろんあると思っています。「説明」とか「言語化」とか、「プレゼンテーション」としてしまうと、どうしても言葉だけのことを考えてしまうことありませんか?

実はそうでもなく、ちょっと絵にして表せることも沢山あります。それが、Adobe XDのようにワイヤーフレームを簡単に引けるツールを使ったり、その場で行われている概念的な話を視覚化するというのも手段ですよね。

伊原 氏:
打ち合わせなど、その場の会話を段階的に意図を汲み取って視覚化していくっていうのは、デザイナーだからこそできるアプローチでもあるかもしれないですね。

「デザイナーは打ち合わせに参加すべき」その理由とは

uxdojo_5.jpg

轟 氏
最後に、デザイナーの価値を高めるためにすぐに始められることについて伺っていきたいです。2年とか3年とか中長期ではなく、いますぐ始められることですね。スライドには「打ち合わせに同行する」とありますが、これはどういうことでしょうか?

長谷川 氏:
受託制作の場合を想定しているのですが、「UX」とか「UXデザイン」という話が出ると、ユーザーテスト、ユーザーインタビューをしましょうという話になりますが、そういう状況っていきなり作れないですよね。予算を組まなければいけないし、ハードルが高いんですよ。

adobeuxdojo-3.jpg

伊原 氏:
無理やりやるしかない。みたいなね......。

じゃあ、なぜUXをやるかと言ったら半分くらいは「合意形成」のためにやるんですよね。もちろんUXデザインに資するものを作るには、リサーチもテストも必要ですけど、「クライアント 対 デザイナー」のようにならないためにも、「こういうユーザーがいます」という認識を合わせることです。

そのユーザーのイメージをもとにどうプロジェクトを進めるか議論できるようになるのが、UXデザインの価値でもあります。その上で、ユーザーテストをしたいと考えているなら、打ち合わせに参加しないとできません。

「デスクの前でデザインをしないと納期が大変」というのも重々承知しているのですが、定例の1時間や2時間参加して解決できることが多いので、問題無いと思うんですよね。それに、打ち合わせの場で議事録にならないような発言が、意外とデザインのきっかけになることが多い。なぜなら、議事録は決定事項しか残さないからです。

どういうニュアンスで結論に至ったのか、誰の発言をきっかけに結論に至ったのかなどです。ユーザーインタビューもそうですが、ステークホルダーにインタビューするのは、プロダクトに関わる人の合意を作る上で大切なので、参加しましょう。

轟 氏
実際、デザイナーが打ち合わせに参加するハードルって何なんでしょうか?ディレクターさんが嫌がるとか......?(笑)

長谷川 氏:
可能性としては多分にあると思います。先程、デザイナーの職域の話もありましたが、それをどう答えるかで変わります。「成果物を作ること」がデザイナーの職域と定義していれば、打ち合わせには何の意味があるのかと思うかもしれません。

しかし、別にそういう仕事の進め方が悪いのかというと、別にそうではありません。その責任を全うするというのも1つの道だと思うので。ただ、UXという文脈で考えるのであれば、ディレクターに同行したり、デスクから離れて行動を起こすことが必要になってくると思いました。

adobeuxdojo-4.jpg

轟 氏:
極論かもしれないですが、打ち合わせに同行しないデザイナーはUXデザイン的なスタートを切れないと。

伊原 氏:
そうです。これも、デザインの時間をどこに振り分けるかという話です。ビジュアルデザインのアウトプットを作る時間を削って、何をするかと。BtoBでは体験しにくいと思うのですが、商談の現場に参加してみるとかできますよね。BtoCであれば、自分で体験できます。

例えば、ビールの案件だったら、コンビニで売っているビールを調べて手に取る層の違いを聞いて回るとかできます。それは、直接アウトプットに紐付いていないように見えるかもしれませんが、その積み重ねがあることで打ち合わせに同行したとき、クライアントが何を言っているのかわかる。しかも、BtoCの案件が来たときに、ユーザーとして体験するってとても重要ですよね。

プロジェクトが始まってから体験しても、バイアスが掛かってしまうので自分が1人のユーザーであるうちに、その時の気持ちをわかっておくということが大切です。

轟 氏:
スライドの最後、「Adobe XDを使ってみる?」ですが、こちらに関してはいかがでしょうか?

長谷川 氏:
何度も言ってしまってますが、皆さんのデザインとしての職域で変わってくると思いますね。例えば、装飾する、ビジュアルデザインのアウトプットがタスクだという人に「Adobe XDを使え」なんて僕は言いません。正直な話、役に立ちません。IllustratorとかPhotoshopで良いです。

打ち合わせに同行してワイヤーフレームを引いてみせるとか、ユーザー体験の可視化をするという意味でAdobe XDのようなツールは良いのではないでしょうか。

伊原 氏:
そうですね、視覚化を高速で行い、そのフィードバックがちゃんと得られる仕組みが整っているのがAdobe XDですし、クライアントの目の前でデザインの修正を反映していけます。それはPhotoshopやIllustratorのようなツールとは異なる点です。

まとめ:「合意形成」「視覚化」デザインの強みを活かすことが価値向上に

デザイナーは、一般的にデザインを制作し納品するといった印象があります。必ずしも間違いではないですが、UXデザインという文脈においては制作だけには留まりません。

今回のセミナーで長谷川 氏、伊原 氏が「合意形成」や「視覚化」をデザイナーの定義に含めていることからわかるように、ユーザーやクライアントに意図を伝えることまでがデザイナーの職域です。

プロジェクトの全体像を理解でき、言葉のニュアンスだけでは伝わりづらいものを視覚化できることがデザイナーの価値向上に繋がります。これは、まさにユーザー体験をプロダクト化する、UXデザインにおいて発揮できる強みにもなるでしょう。

UXが重視される時代において、「専門職としてのデザイナーの役割」「組織におけるデザイナー役割」を再確認してプロジェクトに取り組んでみてはいかがでしょうか。