プロモーション【Promotion】

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

プロモーションとは、「モノ」を「誰」に「どう売るか」というビジネスの基本の中で、「どう売るか」を実行することを指します。現代は、インターネットで「モノ」を購入してもらう「WEBプロモーション」が加わり、テレビCMも含め新しいプロモーションの形になりつつあります。

Curriculum pt1

プロモーションの基本

「モノ」を「誰」に「どう売るか」、これがビジネスの基本です。
この「誰」に「どう売るか」を総合的に行うことをマーケティングといいます。
そして「どう売るか」を実行するのが「プロモーション」です。日本語では、販売促進策といいます。

これまでのプロモーションの流れ
➀ モノの名前を知らしめ、
② モノの特徴を理解させ、
③ そのモノを買いたい気持ちにさせる、そして
④ お店に来店させ、
⑤ 買ってもらうようにする、

➀から➃の半分までが「広告」、④の半分から⑤までが「セールスプロモーション」(狭義の販売促進策)の役割とされてきました。
しかし、インターネットやスマホの普及で、この流れに新しい要素が加わりました。

例えば、ある若い女性のスマホに、アパレルの新作の広告が流れてきました。彼女はスマホでその商品の特徴を見ます。気に入ったので、その場でスマホからその商品を買ってしまいました。この場合、プロモーションの➀~⑤まで、すべてが彼女のスマホだけで完結しています。彼女が見ていたアパレルの画面は、アパレル会社のホームページです。実はこれが“店舗”と同じ役割を果たしているのです。この“お店”に人がきてくれれば、モノが売れることになります。

「モノ」を「どう売るか」がプロモーションとすれば、ネット時代は、ホームページに人を呼び購入してもらうことが加わります。これを「WEBプロモーション」と呼んでいます。

自分のホームページにターゲットを呼ぶ場合、メールアドレスが全部判っていれば良いのですが、そうはいきません。そこで、ネットから来てほしい人を呼んでくる必要があります。これを「集客」といいます。

では、それをどこでやるか?これは駅のティッシュ配りと同じで、人が大勢集まるところで自分のお店に誘導することです。ネットで駅のように大勢の人が集まるところ、それはGoogleやYahooの検索サイトです。ここで効果的な“ティッシュ配り”をすればいいのです。“ティッシュ”に相当するのは、自社のホームページの紹介文です。効果的ということは、検索ページを開いたら、真っ先にその紹介文が画面のトップに表示されることです。この手法を、SEO=Search Engine Optimization「検索エンジン最適化」と呼んでいます。
すなわち「WEBプロモーション」の目的は、SEOにより、検索画面トップに自社の紹介文をのせ、自社のホームページに「集客」を図り購入してもらうことです。

現代のプロモーションは、テレビCMなどこれまでのプロモーションに「WEBプロモーション」が加わり、新しい形になりつつあります。

用語例

「サービスのプロモーションを考えよう」
プロモーションが成功すれば売上が大きく変わるだろう」