創刊30周年を迎える人気レシピ本「オレンジページ」を刊行する株式会社オレンジページが、読者と企業・社会をつなぐ共創コミュニティサイト「オレンジページサロンWEB by くらし予報」をオープンしました。

共創マーケティングに知見のある池田紀行氏が代表を務める株式会社トライバルメディアハウスをパートナーに迎え、国内初の共創コミュニティサイトとして注目を集めています。

このオレンジページサロンWEB by くらし予報では、食意識・生活全般に意識の高い1万人の会員を有しており、その会員に向けたアンケート調査やくらしのアイディア募集などを通じて、読者との関係性を築きます。
その中で得た情報を元に、企業の商品開発やマーケティングに活かすプラットフォームとして、新たな価値を創造するのが目的です。

これにより企業側は、オンラインはもちろん、オレンジページサロンで行われる料理教室や読者座談会などのイベントを通してオンライン・オフラインの横断的なアプローチが可能となります。
その他、オレンジページを始めとする刊行物での誌面タイアップや複数のメディアに掲載ができるプレスリリースが行えるメニューもあり、マルチチャネルでのプロモーションが行えます。

http://www.tribalmedia.co.jp/news/detail/257