この記事はマケストの提供にてお送りします。

マーケティング施策でWeb広告を運用したいと思っていても、コンテンツ制作に自信のない企業は導入を懸念してしまいますよね。

今回は、Web広告の運用を代行してもらえる代理店について紹介します!

代理店を利用した際のメリット・デメリットを詳しくお伝えしていますので、ぜひ導入時の参考にしてみてください。

Web広告の代理店にかかる費用

Web広告の代理店にかかる費用

Web広告の運用を代理店に依頼し、運用代行してもらう際には、必ず費用がかかります。
主な運用代行費用は、手数料・初期費用・月額費用などです。

手数料の相場は、広告費の20%と言われており、広告費100万円で広告を運用してもらう際の手数料は20万円となります。

最低手数料が決まっている場合もあるため、その場合は代理店が提示する金額を支払いましょう。

初期費用や月額費用は、代理店や依頼する規模によってそれぞれ異なるため、依頼前に確認しておくと予算を設定しやすいです。

Web代理店を利用するメリット

<メリット1>初期設定や運用を一任できる

代理店を利用すると、初期設定や運用を一任できるため、自社が行う作業の手間が省けるというメリットがあります。

不慣れな企業や担当が1から設定をしてしまうと、設定ミスをしてしまう可能性が高くなりますが、プロにお願いすることで設定ミスをなくし運用失敗のリスクを下げることができます。

また、設定にかかる工数を削減できるため、社内リソースが空き、他の業務をこなす時間に充てることができるのも魅力の1つです。

<メリット2>業界情報のキャッチアップが早い

業界情報のキャッチアップが早いのも、代理店を利用しWeb広告運用するメリットの1つです。

案件を多数運用している会社には、業界の最新情報が多く集まります。
また、運用中の案件の中で得た情報を社内で共有するため、詳細で明瞭なデータを保有している可能性が高いです。

代理店が最新の情報を多く持っていれば、もし運用中に何らかのトラブルが発生しても、豊富な情報量の中から最適な対策をピックアップして対応してもらえるため、改善・復旧がスピーディーになるでしょう。

<メリット3>提供会社独自の知識や情報が利用できる

代理店を利用することで、Web広告運用代行会社独自の知識や情報を利用することができます。

多種多様な業界の案件を年に数百件も取り扱っている運用代行会社には、最新の業界情報はもちろん、案件対応中に培った会社独自のナレッジも多く蓄積されています。

導入企業の相談に対して、マニュアルどおりのアドバイスではなく、その会社独自の目線でアドバイスがもらえるため、より的確な解決策を見い出すことが可能になるでしょう。

Web広告代理店を利用するデメリット

<デメリット1>手数料がかかる

代理店を利用して広告運用すると、どうしても手数料がかかってしまいます。

一般的には、広告費の20%が手数料として設定(変動制)しているところが多いですが、中には広告費に関わらず手数料は一律〇〇円(定額制)というように料金を固定しているところもあります。

例えば、広告費100万円で代理店を利用する場合、変動制なら20万円、定額制(月額3万円の場合)なら3万円が手数料になります。

運用業務に精通した社員がいない企業は、定額制の代理店を利用することで、費用を抑えつつ効率的にWeb広告を運用することができるでしょう。

<デメリット2>ズレたキーワードや広告文を提案されることがある

プロのWeb広告代理店に依頼しても、企業や業界への理解が追いついておらず、ズレたキーワード広告文を提案される場合があります。

代理店によって、得意な分野とそうでない分野があるのは仕方のないことですが、あまりにも的を外した対応をされては依頼した意味がありません。

依頼した企業にとっても費用面や精神面で大きな負担・ストレスとなってしまいます。

代理店に依頼する際は、実績はもちろん、どんな分野に長けているのかを把握してから依頼するようにしましょう。

<デメリット3>不必要なキーワードで予算を消化される可能性がある

Web広告代理店は、広告費がそのまま売上に直結するため、不必要なキーワードで予算を消化する運用代行も多いです。

不必要なキーワードを広げても、依頼した企業には何のメリットもありません。
特に、初めて代理店を利用する企業は、右も左もわからない状態のため、代理店のいいように予算を設定されてしまう可能性があります。

こうした悪質な代理店に出会わないためにも、一定のサービスレベルや知識を保有している正規代理店を選ぶようにしましょう。

ただし、正規代理店だから絶対大丈夫というわけではないため、注意が必要です。

Web広告の代理店利用で効果を出すためのポイントは?

1:代行業者の選定基準と撤退基準を明確にしているか

代理店を利用してのWeb広告運用で効果を出すためには、代行業者の選定基準と撤退基準を明確にする必要があります。

「運用手数料は〇〇円以上は出さない」「トラブル発生時に迅速な対応ができるか」など、各企業ごとに選定の決め手となるポイントをいくつか設けておくことで、自社に適した代理店に依頼することができるでしょう。

また、
CVRが〇〇%に満たなかったら依頼を停止する
・〇ヵ月利用して売上が伸びなかったら停止する
といったように、ある一定条件をクリアできなかった場合の撤退基準を設けておくことも大切です。

2:Web上のゴール(CV)がきちんと設定されているか

Web上のゴール(CV)をきちんと設定しておくことも、代理店を利用してのWeb広告運用代行で効果を出すためのポイントです。

ゴールを設定していてもしていなくても、広告運用を行えば予算はあっという間に消化されていきます。

ゴールの設定されていないWeb広告運用は、やりがいや達成感がありません。
また、予算の見直しを行う際にも、何を基準に判断して良いかがわからず、経費削減の妨げにもなってしまいます。

貴重な予算をムダなく消化するためにも、「〇〇%のCV(コンバージョン)を獲得する」「問い合わせ件数〇〇件を達成する」といったように、代理店とも話し合い、具体的なゴールを設定しましょう。

3:他の集客手法を検討・実施しているか

Web広告はWebマーケティングを行う多くの企業が取り入れていますが、Web広告以外の方法を取り入れて、相乗効果を狙うという手もあります。

Web広告は結果が出てくるまでに長くて1年ほどかかり、その間は売上がない状態になります。

当然、運用費用は毎月かかるため、時間に余裕があってもお金はかけられないという企業には向いていません。

費用をかけずに早く効果を出したいという場合は、Web広告以外のWebマーケティング手法を提案してもらえる代理店に話を聞いてみると良いでしょう。
他の集客方法とWeb広告を組み合わせることで、期待以上の効果が出せる可能性もあります。

4:必ず儲かる「勝利の方程式」を持っているか

Web広告は、必ず儲かる「勝利の方程式」を持っていることで、確実に効果を得ることができます。効果を数値で可視化し、運用をコントロールできる「勝利の方程式」は、次のステップでつくることが可能です。

代理店によって、得意なやり方や導き方は異なりますが、勝てる提案を頂き、それに納得したうえで運用を始めたいものです。以下で「勝利の方式」の立て方ステップの作り方を説明します。

ステップ1【1件あたりの獲得単価(CPA)を算出する】

まずはじめに、1回の販売でかけることができる広告費(許容金額)を元に許容内の獲得単価を算出します。

服飾品を販売するECショップを例にすると、

販売単価:5,000円
商品原価:3,000円
1商品あたりの固定費:2,500円
1商品あたりの想定利益:2,500円

となり、2,500円未満の広告費でCVを獲得できれば、企業に利益が出るということになります。

ステップ2【サイト誘導後の獲得率(CVR)を算出する】

1件あたりの獲得単価(CPA)を算出したら、次はサイト誘導後の獲得率(CVR)の算出にうつります。

CVRは、現状の実績データをもとにシュミレートしましょう。

(例)
企業のWebサイトに1,000人のユーザーが訪問し、そのうちの10人が商品・サービスを購入した場合のCVRは1%となります。

ステップ3【許容クリック単価(CPC)を算出する】

CPAとCVRが算出できたら、許容クリック単価(CPC)を算出することができます。

CPCの算出方法は以下のとおりです。
CPC=CPA×CVR

先ほど挙げた服飾品の例に計算式を当てはめると、

CPA:2,500円
CVR:1%
2,500×0.01(%)=25
CPC:25円

となります。

つまり、平均クリック単価が25円を超えないように調整できれば、必ず儲けが出る計算になります。

以上が「勝利の方程式」のつくり方です。

「勝利の方程式」をもとに運用を行えば必ず利益を出せるというものですが、「CVRが想定と異なる」「売上が伸びず1商品あたりの固定費が増えてCPAが下がる」など、予想外の事態が発生しないわけではないため、常に見直していく必要があります。

5:目標獲得単価(CPA)はLTVを加味して規模を取れるものになっているか

「勝利の方程式」は理論上、必ず儲かるようになっていますが、平均クリック単価が小額だとコントロールが難しいため、競争が激化している現在ではほとんど広告を出すことができず、規模を拡大することができません。

このような場合は、顧客生涯価値(LTV)をベースとして、平均クリック単価を高くしても利益を出せる「勝利の方程式」をつくる必要があります。
LTVは、平均購入回数×平均利益額で算出することができます。

上記で挙げた例の購入回数が7回だった場合は、

販売単価:5,000円
販売利益:2,500円
平均購入回数:7回
LTV:17,500円 ※許容CPA
CVR:1%

となります。

難しい用語や数字が並んでいてわからないという方も多いかもしれません。だからこそ、代理店を利用するわけではありますが、丸投げにしてしまうと、代理店の言うなりに広告を運用してしまい、対等に話が出来ないという場面も出てきます。こういった方程式があることは、代理店の利用で効果を出すためにも知っておきたいこととなります。

まとめ

代理店を利用してWeb広告運用する際のの費用やメリット・デメリットについてお届けしました。

代理店を利用するということは、便利な反面デメリットもあるということがおわかりいただけたと思います。

「代理店を利用してみたい」という方は、ぜひ資料請求をしてみてください。デメリットはもちろんありますが、メリットも大きいです。

複数のサービスを見比べることは、自社に最適なサービスを見つける大切な過程となります。