この記事はマケストの提供にてお送りします。

クレジットカードや電子マネーなどは今や当たり前のように利用されている決済方法ですが、近年ではスマートフォンでQRコードやバーコードを提示する決済サービスが続々とリリースされるなど、決済手段の多様化が進んでいます。

商品やサービスを購入する消費者にとっては便利なことではありますが、提供する事業者側にとっては運用や管理が煩雑になる悩みの種になってしまうことも少なくありません。

そこで近年注目が集まっているのが、手間のかかる決済業務を引き受けてくれる決済代行サービスです。

今回は、決済代行サービスとは何なのか、仕組みや導入するメリット、選び方までを紹介しますので、ぜひ導入前の参考にご活用ください。

決済代行サービスとは

決済代行サービスとは

決済代行サービスとは、事業者と決済会社の間に入って、クレジットカード決済や電子マネー決済、キャリア決済、銀行振込、代金引換などの様々な決済方法を提供するサービスです。

収納代行、集金代行サービスと呼ばれることもあります。

決済代行サービスで取り扱っている決済方法を手軽に導入できることから、個人事業主や法人問わず、様々な事業者で利用されています。

決済代行サービスの仕組み

決済代行サービスの仕組みは、どの決済方法でもほとんど同じですが、今回はクレジットカード決済を例に説明します。

例えば、消費者がネットショップでクレジットカード決済を利用して商品を購入した場合、ネットショップは決済代行サービス経由でカード会社に与信を行い、同じく決済代行サービス経由で結果の通知を受けます。

購入が成立すると、カード会社が消費者の指定口座より商品代金の引き落としを行い、決済代行サービスはカード会社から支払われた商品代金から決済手数料などを差し引いた金額をネットショップへ入金するという仕組みが一般的です。

決済代行サービス導入の必要性

決済代行サービスの導入によって、これまで決済業務で抱えていた悩みを解消できる場合もあります。
特に、以下のような悩みをお持ちの場合は、決済代行サービス導入の検討が悩みの解決に有効です。

【お悩み・その1】各決済サービスとの契約や手続きなどが負担になっている

現在、各決済サービスとの契約や手続きが負担になっている場合は、決済代行サービスの導入が必要です。

決済代行サービスを利用しない場合、クレジットカード決済や電子マネー決済、キャリア決済などの決済サービスと個別で契約や手続きを行わなければいけません。

決済サービスによって審査基準も異なりすべての審査をクリアするには時間がかかり手間もかかります。その結果、商品やサービスの販売機会を逃すことにもなりかねないのです。

【お悩み・その2】各決済サービスで異なる運用が負担になっている

各決済サービスで異なる運用が負担になっている場合も、決済代行サービスの導入が必要だと言えます。

決済サービスによって締め日や入金日といった入金サイクルが違うことがほとんどのため、入金処理や売上管理が煩雑になってしまいがちです。

特に、個人事業主や中小企業といった人手が少ない環境の場合、経理業務にかける時間が負担となり他の業務を圧迫しかねません。決済代行サービスを導入するなど早急な改善が必要だと言えます。

【お悩み・その3】各決済サービスに対応するシステム開発が負担になっている

各決済サービスに対応するシステム開発を負担に感じていることも、決済代行サービス導入の必要性が高い悩みの一つです。

導入した決済方法の運用・管理には、契約した決済サービスから提供されるシステムを使いますが、決済サービスによってデータ形式やルールが異なるため、一つひとつに対応できるシステム開発を自社で行うことが必要となります。

さらに、システムのアップデートや決済方法の追加が発生した場合にも自社で対応することになるため、決済代行サービスを導入するなどの対策をとらなければ、開発コストが膨らみ続けてしまうでしょう。

ネットショップの運営には決済代行サービスが必須

様々な決済方法が存在する中で、決済方法の選択肢が少ないネットショップは利便性に欠け、消費者の購入機会の損失を招いてしまいます。

決済方法を増やすことも大事ですが、ただ増やすだけだと、運用や管理が煩雑かつ膨大になり、本来すべき業務に支障をきたすこともあるのです。

また、インターネットを介して消費者の個人情報を預かるため、セキュリティ対策も万全でなければなりませんが、高レベルのセキュリティを保持し、安全に管理していくには限界があります。

このようなことから、特にネットショップの運営には手間のかかる決済業務をサポートしてくれる決済代行サービスの導入が必須だと言えるわけです。

決済代行サービス導入によって得られるメリット

【メリット・その1】一括契約でスムーズに導入できる

では、決済代行サービスを導入することで、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。

一つ目のメリットとして、一括契約でスムーズに導入できることが挙げられます。

事業者は、決済代行サービスのみと契約すれば、希望する決済方法を導入することができるのです。

それぞれの決済代行サービスで審査を受けて契約するという手間が省けるため、検討から導入までをスムーズに進められるでしょう。

【メリット・その2】煩雑な事務処理の手間が省ける

煩雑な事務処理の手間が省けることも、決済代行サービス導入のメリットです。

審査や契約と同じように、締め日や入金日が異なるのも決済サービスを利用する上での大きな負担だと言えます。

決済代行サービスであればすべての決済方法の入金サイクルを一本化できるため、事務処理にかける時間を大幅に削減することができるのです。

さらに、複数の決済システムをまとめて利用できる管理システムが決済代行サービスから提供されるため、さらなる業務効率化に役立ちます。

【メリット・その3】独自の決済システム開発が不要

決済代行サービスの導入には、独自の決済システム開発が不要であることが挙げられます。

先ほど説明したように、決済代行サービスから複数の決済システムをまとめて利用できる管理システムが提供されるため、各決済サービスに対応したシステム開発が不要となります。

また、セキュリティ対策がしっかりとられたシステムで、メンテナンスや決済の追加も簡単に行えるため、開発コストを最小限に抑えることが可能です。

決済代行サービスの選び方

【ポイント1】信頼できる決済代行サービスか

決済代行サービスの選び方のポイントとして、信頼できる決済代行サービスかということが挙げられます。

消費者の個人情報を扱い、お金のやり取りが発生するもののため、信頼のおける決済代行サービスを選ぶことが重要です。

購入者や取り引き先には決済代行サービスから請求が届くため、最悪の場合不信感を抱かせてしまう可能性もあります。

導入実績が豊富で、知名度の高いブランドが確立されている大手の決済代行サービスを利用するというのも有効な選択です。

【ポイント2】セキュリティ対策が万全か

セキュリティ対策が万全かどうかも、決済代行サービスを選ぶ上で重要なポイントです。

決済代行サービスを導入するということは、商品やサービスを購入した消費者、取り引き先の情報を決済代行サービスに預けるということになります。

個人情報の流出やクレジットカードの不正使用などのセキュリティ事件が多発する中、導入した決済代行サービスで同様のことが発生すれば、事業者そのものの信頼を失いかねません。

特にオンライン上での決済を取り扱う場合には、セキュリティ対策が万全な決済代行サービスの導入が必要不可欠だと言えます。

【ポイント3】決済方法が充実しているか

決済代行サービスの選び方として、決済方法が充実しているかも忘れてはいけないポイントです。

決済方法の選択肢を増やすことは、利便性を高めて消費者の購入を後押しする効果があるため、決済方法が充実している決済代行サービスを選ぶ方が得策です。

決済方法だけでなく、管理のしやすさも注意深く確認しておくと、導入後の運用も安心でしょう。

個人事業主におすすめの決済代行サービス

個人事業主が決済方法を増やす場合、各決済サービスでの審査が通りにくいことがあります。

クレジットカード決済といった信用取引では、実績が少ないという理由から審査に通らないケースも少なくありません。

ですが、個人事業主やこれから新規事業をお考えの方でも導入可能な、決済代行サービスがあるので下記で紹介します。

NP掛け払い

NP掛け払い

NP掛け払いは、企業間における決済業務とリスクを請け負う決済代行サービスです。

独自の与信管理システムにより、取り引きが初めての相手や個人事業主、中小企業などの与信にも対応しており、与信通過率98%の実績を誇っています。

未回収をはじめとするあらゆるケースでのリスクを保証しているため、安心して利用できる決済代行サービスです。

>>NP掛け払いのサービス詳細はこちら[マケスト提供]

atone(アトネ)

atone(アトネ).jpg

atone(アトネ)は、クレジットカードや口座登録、チャージが不要な後払い決済サービスです。

クレジットカードを使いたくないという顧客を獲得できるので、支払い方法による機会損失を防ぐことができます。

既に連携システムを利用している場合には、申し込みと簡単な初期設定のみで導入することが可能です。

>>atone(アトネ)のサービス詳細はこちら[マケスト提供]

NP後払い

NP後払い.jpg

NP後払いは、日本国内で10人に1人が利用している業界シェアNo.1の後払い決済サービスです。

未回収リスクを100%保証してくれるため、後払いで多い未払いの不安を解消することができます。

経理の負担になってしまいがちな請求に関する督促業務も全て任せることが可能です。

>>NP後払いのサービス詳細はこちら[マケスト提供]

法人におすすめの決済代行サービス

法人は個人と違って取り引きの数や規模が大きいため、取引ごとに発生する請求や入金処理などの業務が負担になってしまいがちです。

取り引き先が増えることでより煩雑になってしまう決済業務をそのままにしてしまうと、本来注力すべき業務に時間をあてられず、生産性の低下を招きかねません。

以下では、そのような法人におすすめの決済代行サービスを紹介します。

MF KESSAI(エムエフケッサイ)

MF_KESSAI(エムエフケッサイ)

MF KESSAI(エムエフケッサイ)は、ビジネスチャンスの拡大に役立つ決済代行サービスです。

請求や督促など手間のかかる業務をすべて代行してくれるため、本来の業務に専念することができます。

手数料が1.5~3.5%という低めに設定されており、貸し倒れリスクも防げるため、より利益を残しやすい決済代行サービスだと言えるでしょう。

>>MF KESSAI(エムエフケッサイ)のサービス詳細はこちら[マケスト提供]

決済代行サービスを利用して決済業務を効率化しよう!

決済代行サービスを導入することで、手軽に決済方法を増やしたり、管理したりできることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

今回紹介したお悩みをお持ちの方や、これから決済代行サービスの導入をお考えの方は、ぜひ選び方のポイントなどを参考にしていただき、自社にぴったりの決済代行サービスを選んでみてください。

下記にて決済代行サービスの詳細をまとめて確認できる資料を無料で提供していますので、決済代行サービスを効率的に比較したい方は、一括ダウンロードをぜひご利用ください。