2019年の4月1日に、元号が「平成」から「令和」に変わることが発表されました。それにより、世間では令和に関わるさまざまなキャンペーンや施策が行われ大盛り上がりを見せました。ここでは、様々なキャンペーンがある中、特に注目したいものをまとめました。令和になってまだ約1ヵ月。これから何かキャンペーンや施策を行いたい方は参考にしてみてください。

LINEの「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭り」

image1.png

出典:
祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭り

メッセージアプリLINE株式会社では、令和を祝ってユーザーに総額300億円をプレゼントするキャンペーンを開催しました。

自己負担なしで友達に1,000円分のLINE Payボーナスを送れるというもので、受け取りは1回限りですが、送る回数は無制限。そのため友達全員に送ることも可能です。

さらに、Twitterシェアすると10人に100万円分のLINE Payボーナスが当たるチャンスも!

LINE PayボーナスとはLINEの加盟店で使える電子マネーで、買い物などに利用できます。他の電子マネーと比べると利用者が少ないという問題点がありましたが、今回のキャンペーンを通して利用者の増加につなげました。

明治の「“令和 お祝いボトル”投稿キャンペーン」

image2.png

出典:
“令和 お祝いボトル”投稿キャンペーン

明治では、InstagramやTwitterに指定のハッシュタグを付けて特別仕様のR-1のボトルを投稿すると、抽選で200人にAmazonギフト券2,000円分が当たるというキャンペーンを実施しました。

実はこのR-1、4月下旬頃にSNSで話題になっていました。

4月29日、「平成」最後の「昭和の日」に、JR「大正駅」で「明治」の「R-1」を飲むというものです。平成、昭和、大正、明治というこれまでの元号を網羅しているうえに、新元号のR-1が令和1年とも読めることから盛り上がりを見せました。

参考:
平成最後の昭和の日に、大正駅で明治の「R-1」を飲む人がTwitterに続出

この反響に応え、明治は令和限定パッケージの販売とキャンペーンを開催しています。

PABLOの新元号「令和」お祝いキャンペーン

image4.png

出典:
新元号「令和」お祝いキャンペーン開催

チーズタルト専門店のPABLOでは、新元号をお祝いしたユニークなキャンペーンを開催しました。それは、新元号にちなんで名前に「令」または「和」の漢字が入っており、インスタグラムのフォロー画面を提示すると、その場でパブロミニの季節限定商品「チョコミント」がプレゼントされるというもの。

「令」「和」の漢字が名前に入っている人は、新元号になることで特別感を感じ、自分がお祝いされているような感覚にもなりますね。