2019年の4月1日に、元号が「平成」から「令和」に変わることが発表されました。それにより、世間では令和に関わるさまざまなキャンペーンや施策が行われ大盛り上がりを見せました。ここでは、様々なキャンペーンがある中、特に注目したいものをまとめました。令和になってまだ約1ヵ月。これから何かキャンペーンや施策を行いたい方は参考にしてみてください。

LINEの「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭り」

image1.png

出典:
祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭り

メッセージアプリLINE株式会社では、令和を祝ってユーザーに総額300億円をプレゼントするキャンペーンを開催しました。

自己負担なしで友達に1,000円分のLINE Payボーナスを送れるというもので、受け取りは1回限りですが、送る回数は無制限。そのため友達全員に送ることも可能です。

さらに、Twitterシェアすると10人に100万円分のLINE Payボーナスが当たるチャンスも!

LINE PayボーナスとはLINEの加盟店で使える電子マネーで、買い物などに利用できます。他の電子マネーと比べると利用者が少ないという問題点がありましたが、今回のキャンペーンを通して利用者の増加につなげました。

明治の「“令和 お祝いボトル”投稿キャンペーン」

image2.png

出典:
“令和 お祝いボトル”投稿キャンペーン

明治では、InstagramやTwitterに指定のハッシュタグを付けて特別仕様のR-1のボトルを投稿すると、抽選で200人にAmazonギフト券2,000円分が当たるというキャンペーンを実施しました。

実はこのR-1、4月下旬頃にSNSで話題になっていました。

4月29日、「平成」最後の「昭和の日」に、JR「大正駅」で「明治」の「R-1」を飲むというものです。平成、昭和、大正、明治というこれまでの元号を網羅しているうえに、新元号のR-1が令和1年とも読めることから盛り上がりを見せました。

参考:
平成最後の昭和の日に、大正駅で明治の「R-1」を飲む人がTwitterに続出

この反響に応え、明治は令和限定パッケージの販売とキャンペーンを開催しています。

PABLOの新元号「令和」お祝いキャンペーン

image4.png

出典:
新元号「令和」お祝いキャンペーン開催

チーズタルト専門店のPABLOでは、新元号をお祝いしたユニークなキャンペーンを開催しました。それは、新元号にちなんで名前に「令」または「和」の漢字が入っており、インスタグラムのフォロー画面を提示すると、その場でパブロミニの季節限定商品「チョコミント」がプレゼントされるというもの。

「令」「和」の漢字が名前に入っている人は、新元号になることで特別感を感じ、自分がお祝いされているような感覚にもなりますね。

モンストの「平成→令和!新・元号祭」

image5.png

出典:
【公式】「平成→令和!新・元号祭」キャンペーン特設サイト

大人気ゲーム、モンスターストライク(通称モンスト)では、元号の変更に合わせて4月25日から30日に「平成最後」、5月1日から6日までに「令和最初」の2つの期間でキャンペーンを開催しました。

内容はTwitterアカウントをフォローし、対象となっているツイートをリツイートするだけで、抽選で合計311人に豪華賞品をプレゼントするというもの。311という数字は「平成31年」と「令和1年」の数字を合わせており、元号の変化を表しています。

また賞品もゲームに登場する属性に合わせてあり、火属性なら火山を見に行くハワイ旅行や、水属性なら最新式のドラム洗濯乾燥機、木属性は旬の野菜詰め合わせセットなどでした。

元号をまたいだ2期間に渡るキャンペーンの開催やユニークな賞品、そして簡単に参加できることから、ファンを賑わせたキャンペーンとなりました。

ホテルニューグランドの「3世代集合でホテルをお得にステイ」

image3.png

出典:
新元号お祝いプラン〜3世代集合でホテルをお得にステイ〜

老舗のホテルニューグランドでは、新元号のお祝いと合わせ、これまでの元号の歴史を感じるようなおもしろいキャンペーンを開催しました。それは昭和、平成、令和生まれの3世代が宿泊するとお得になる「新元号お祝いプラン」です。

さらに、明治生まれの4世代が揃ったらお部屋のミニバーがすべて無料になるダブルチャンスも。こちらのキャンペーンは2019年5月1日(水)から2019年12月27日(金)まで行われています。

ゴールデンボンバーの新曲「令和」を爆速発表

キャンペーンとは異なりますが、エアーバンドのゴールデンボンバーは、新元号を記念して新曲の「令和」をリリースしました。しかも、驚くことに新元号の発表からわずか2時間で新曲のMVを完成させ、当日に公開したのです。

CDも4月10日にいち早くリリースし、SNSでも「仕事が早い」「紅白出場か」などと反響を呼びました。

参考:
ゴールデンボンバー、新元号ソング「令和」を爆速発表! 「紅白決定」「時代の幕開け感がすごい」と大反響を呼ぶ

この一連の撮影から編集までの様子はLINE LIVEで生配信していたので、ファンはメイキングの様子を楽しむこともできました。新曲「令和」はまさに令和時代の幕開けの一曲として、広く知られることになったのです。

まだまだこれから!令和のビッグキャンペーン

多くの人はイベントやお祝いごとが好きなもの。新元号に変わったことで世間はお祝いムードになり、その雰囲気の中で個性豊かな施策を実施することでいつも以上に注目を集めることができます。

まだまだ令和は始まったばかりです! 今からでもユニークな令和キャンペーンを仕掛け、新時代のビジネススタートを切ってみるのも良いかもしれません。

この記事を読んだ方におすすめ

日本にも定着しつつある「イースター」とは?イースターの意味と企業のキャンペーン事例を紹介

日本にも定着しつつある「イースター」とは?イースターの意味と企業のキャンペーン事例を紹介

今回はイースターの意味と企業のキャンペーン事例について紹介します。 「季節に合わせたイベントを新たに企画したい」という企業にとって、今後定着するかもしれないイベントはあらかじめチェックしておいて損はないでしょう。

SNSキャンペーンを利用したUGC活用事例6選

SNSキャンペーンを利用したUGC活用事例6選

ユーザーが作るコンテンツ「UGC」を有効活用すれば、企業に時間やコストがなくても自社コンテンツを増やしていけます。そのためには、ユーザーがコンテンツを発信したくなる環境作りが必要です。今回はユーザーにUGCを発信してもらうために有効な、SNSのキャンペーンについて解説します。