TwitterはSNSの中でも、その使いやすさから長年に渡り高い支持を受けています。Twitterの魅力を挙げるとすれば、情報の拡散力でしょう。自分のフォロワーにツイートをリツイートしてもらえば、自分がまだ出会っていない多くのユーザーにツイートを見てもらえます。自分のフォロワー数よりもずっと広い範囲に宣伝できる効果的なツールとして、企業のマーケティングにも活用されています。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

今、多くの企業が拡散したいのは動画ではないでしょうか。動画をマーケティングに利用するケースは多く、Twitterで動画を配信する方法を知れば、プロモーションの幅がより広がります。今回は、TwitterにYouTubeの動画を埋め込む方法をお伝えします。マーケティング活性化の一助になれば幸いです。

Twitter(ツイッター)とYouTube(ユーチューブ)は連携できない

TwitterでYouTubeの動画を配信するには、現時点で可能なのはツイートに埋め込む方法だけです。

以前は、YouTubeにTwitterアカウントを連携させてYouTubeにアップした動画を自動的にツイートするという技もありましたが、2019年1月31日以降は使えなくなりました。

Twitter(ツイッター)で直接投稿できる動画は140秒まで

Twitterで動画を拡散したい場合、ツイートするときに動画ファイルをそのまま投稿するという方法もあります。画像をツイートするとき同様、ファイルを選んで「ツイート」をクリックするだけなのでとても簡単ですが、Twitterには動画の長さが140秒までという制限があるため投稿できるのは短い動画のみとなります。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

今回紹介するツイートの中にYouTubeの動画を埋め込む方法を使う場合、秒数制限がないので便利です。動画埋め込みは現状では最も簡単であり使い勝手がよい方法ではないでしょうか。