オウンドメディアを認知拡大や販売促進、社会貢献などに活用する企業が増えてきました。そして2019年も新たなオウンドメディアが誕生しています。

今回は開設したばかりの注目のオウンドメディアを「お役立ち情報の発信」「企業や人々の紹介」「特定テーマを深掘り」という3つのジャンルごとにまとめました。

これからオウンドメディアの制作を検討している人はもちろん、すでにオウンドメディアを運営している人もぜひ参考にしてみてください。

生活やビジネスのお役立ち情報を伝える

オウンドメディアで比較的アクセスを獲得しやすいのは、人々の生活やビジネスなどのお役立ち情報です。

役に立つ情報を継続的に発信すれば「このメディアは便利だ」とブックマークされることも。

そんなお役立ち系のメディアをご紹介していきましょう。

ココナラ

image5.png
参考:COCONALA MAGAZINE

自分が持っているスキルや必要とするスキルを売り買いできるココナラでは「COCONALA MAGAZINE」を運営しています。

「みんなの得意が、誰かの力になる」をテーマとしており、趣味や恋愛から、ビジネス、企業まで、幅広いジャンルのコンテンツが掲載されているのが特徴。

これらの情報はすべてココナラで提供されているスキルやハウツーに関連付けられており、きちんと主要サービスと繋がっています。

アーバンリサーチ

image6.png

参考:URBAN RESEARCH

アーバンリサーチはすでに「URBAN TUBE」というオウンドメディアを運営していましたが、2019年に新規のオウンドメディアを開設しました。

季節に合わせた自社製品の紹介に加え、自社・地域・人の紹介を通して、URBAN TUBEと「繋ぐ」という役割も。さらにオウンドメディア内で紹介された製品はそのまま購入することも可能です。

「読む・知る・買う」をひとまとめにしてワンストップにすることで、ショッピングサイトにも誘導しやすくなっています。

三菱地所

image9.png

参考:xTECH - 丸の内・大手町発のビジネスイノベーションメディア
日本に数多くの技術を生み出してきた三菱地所では、オウンドメディア「xTECH ARTICLE」を開設しました。

最新のイノベーション事例やビジネスに役立つ考え方に関するコンテンツを掲載しており、マーケターや経営者など、幅広い層のビジネスマンの役に立つでしょう。

社会・組織・個人が変革するためのヒントが満載ですが、タグから検索できる機能もあり読みやすく使いやすいオウンドメディアだと言えます。

コメ兵

image12.png

画像引用:
KOMERU|賢くオシャレになれるブランドマガジン

高級品の買取・仕入れ・販売やオークション等を手がけるコメ兵は、女性向けのオウンドメディア「KOMERU」を運営しています。

ルイ・ヴィトンやシャネルといった高級ブランドに関する情報を掲載していますが、単なる商品紹介に留まらず「お手入れのやり方」「お手本コーデ」など生活に役立つ知恵も。

高級ブランドへの理解を深めたり、女性の「欲しい」「こうなりたい」を刺激したりと、F1層を啓発して日本の経済を活性化するようなオウンドメディアになりそうです。