これからWebライターになりたい、あるいはすでにWebライターとして記事を書き始めている方の中にも「記事の書き方」に悩んでいる方はいるのではないでしょうか。

確かに、記事を書き始めた当初は、たとえ文章力がうまくても品質の高い記事を安定的に書くことは難しいでしょう。なぜなら、再現性のある記事の書き方を知らない方が多いからです。

そこでこの記事では、Webライターが押さえておくべき文章の書き方のフォーマットをご紹介します。

記事を書く目的とは?

そもそも記事を書く目的とは何でしょうか。書く内容によって異なりますが、記事を書く目的は「伝えるべき人に正しい情報を伝えるため」です

例えば、「Web マーケティング」と検索する人に対して、どのような内容の記事を書けばいいでしょうか。「Webのマーケティングは難しい」と「Webマーケティングの手法5選」、どちらの記事を書くのか。

答えは、具体的にWebマーケティングの手法が書いてある後者です。Webマーケティングを知りたい人に対して難しさを訴求しても、求めらていません。求められているのはWebマーケティングのノウハウなのです。

だからこそ、読者の心に寄り添ってあげるような「伝えるべき情報」を盛り込んだ記事を書かなければならないのです。それらを達成するためには、「伝えたい人」を決めて、「伝えるべき情報」を伝える必要があるのです

この記事も、「これからWebライターになりたい」あるいは「Webライターである程度稼げるようになりたい」方をターゲットに、記事の書き方をご紹介しています。伝えたい人を決め、その人にあった情報を伝えることが、記事を書く目的であり最も大切なことです。

記事タイトルと目次の書き方

記事の書き方フォーマットをご紹介する前に、基礎中の基礎である記事タイトルと目次の書き方をご紹介します。

記事タイトルの書き方|35文字以内に

記事のタイトルは35文字以内に抑えましょう。その理由は、Google検索結果には35文字までしかタイトルが表示されないからです。

ここで必ず意識してほしいポイントが一つあります。文字数を35文字以内にすることも大切ですが、限られた文字数の中で、一番伝えたいことをタイトルの前半部分に置くということです。

そうすることで、読者がタイトルを見て、「この記事は私の知りたかったことだ!」と、クリックしWebサイトにアクセスします。

逆に伝えたいことがタイトルの後半部分にあると、記事の内容を理解してもらえることはありません。ですので、記事タイトルを決める際には、伝えたいことを前半部分に、35文字以内を意識しましょう。

SEO対策も施したタイトルの書き方を知りたい!」という方は、以下の記事を参考にしてください。

参考:【2019年度版】キーワード調査から始めるSEOで勝つための記事の書き方!タイトルや文字数の決め方は?

記事の目次の書き方|ひと目見て内容がわかるように

記事の目次の書き方は、読者が目次を見たときにひと目見て内容がわかるようにしましょう。

image1.png

こちらはferretの記事の目次です。一度目を通してもらうと、たとえタイトルがわからなくても、記事の内容を理解できるのではないでしょうか。

このように、「目次を見たときに記事の大まかな記事の内容がわかる」ように書くと、読者が記事を読み進めやすいです。

記事を書くときに最低限守らなければならないルール

記事を書くときには、最低限守らなければならないルールがあります。

・数字は半角に
・表記は統一する
・無断転用の禁止
・画像を使用した場合は参照元を記入(フリーであっても載せておくことが無難)

この中でも特に守らなければならないルールは、無断転用の禁止です。こちらは法律に触れる問題です。著作権の侵害という重い処罰を受けなければなりません。最悪の場合は、10年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金が科せられます

また、画像を使用した場合に参照元を明記しないことも著作権に当たります。これらは「知らなかった」では済まされません。

記事の書き方フォーマットをご紹介

ライターになるためにはまず、記事の書き方を学ばなくてはなりません。まずは以下の参考に、記事の書き方を学んでいきましょう。

記事の書き方フォーマット1・リード文の作成

まずはリード文を作成します。リード文とはこの記事でいう最上部にある文章です。リード文は必ず書くことをオススメします。その理由は、リード文で読者の心に寄り添えるかで、そのあとの行動が変わってくるからです

基本的に、読者は記事をほとんど読みません。文章には目を通しますが、一文一文じっくりと見ることは少ないです。そこで大切になってくるのは、リード文の充実です。とは言っても、ただリード文を充実させるだけでは、肝心の本文まで読み進めてもらえません。

リード文は、読者に共感するような文章を書いてみましょう。読者に共感することは簡単です。書きたい記事のキーワードを自分事として考えるのです。いかに読者に寄り添えるがリード文の肝になります。書きたいキーワードで実際に検索をし、ユーザーの悩みを洗い出し、共感するリード文を作りましょう

記事の書き方フォーマット2・本文の作成

本文は、リード文で惹きつけた読者に、伝えたい情報を余すことなく伝える役割を担ってくれます。記事の中で文章が最も長くなる部分ですが、ここで大切なことが1つあります。

正しい情報を伝えることも重要ですが、「読者を飽きさせない工夫をする」ことも大切です。

具体的にいうと、文章をただつらつらと並べているだけだど、活字が並んでいるだけで非常に見にくい記事になってしまいます。そこで、文字を太く見せるといった装飾を施してみましょう。枠で囲って、文章を強調させることも効果的です。

そうすることで、読者は文章が装飾された部分は見るようになります。そこに、魅力的な文章を挿入すれば、読者を飽きさせない記事を書くことができます。かと言って「文章は装飾しすぎてもいいの?」とお悩みの方もおられるでしょう。文字の装飾が多すぎると、どこが大切で伝えたいポイントなのかを理解してもらえません。

目安としては、1見出しに1〜2の装飾のみに留める、または伝えたい部分だけに文字の装飾を施しましょう。

記事の書き方フォーマット3・まとめ文章の作成

まとめ文章は、記事の締めになります。ここでは、この記事で伝えきれなかったことや、読者にどうなってもらいたいかを伝える部分ましょう

例えば、商品やサービスを利用してもらいたいなら、その旨をまとめの文章として挿入します。どんな形でもいいので、「最後に伝えておきたいこと」を書くようにしましょう。

また、初心者ライターのまとめ文章によくある文章で「いかがでしたか?」と書かれている方がおられますが、読者は「いかがでしたか」と言われるほど、記事をしっかり読んでいません。

最後に「いかがでしたか」と言われたとしても「何が?」となってしまいます。ですので、まとめ文章に「いかがでしたか」を書かない、と意識しておくだけでまとめの文章は変わってきます。まとめの文章は、伝えきれなかったこと、読者にどうなってい欲しいかを文字に起こしましょう。

記事の書き方を覚えて、伝わる記事を書けるライターを目指そう

この記事では、これからWebライターになりたい人や、すでにWebライターとして案件を獲得している方に向けて、記事を書く目的から最低限守るべきルール、フォーマットをご紹介しました。

読者のためになる記事を書き、読者の悩みに寄り添って、品質の高い記事を書きましょう。もし、記事の書き方で迷ったら、この記事をもう一度読み返してください。

Webライティングの手法を知る

Webライターは覚えておきたい!Webライティングに必要な基本の文章力

Webライターは覚えておきたい!Webライティングに必要な基本の文章力

あなたが検索エンジンである疑問について調べたとき、あらゆるWebサイトがあなたの疑問に対する答えを教えてくれるでしょう。しかし、検索エンジンの上位に出てくる文章がわかりやすい文章だとは限りません。Webサイトの記事は、全てがプロによって書かれているわけではないため、不自然な文章が量産されてしまいがちなのです。適切な文章力で書かれていなければ、内容の理解は困難でしょう。そこで、Webライティングに必要な文章力についてまとめました。特にWebライターやWebメディア編集者はぜひ覚えておきたい基本の内容となっています。