これからWebライターになりたい、あるいはすでにWebライターとして記事を書き始めている方の中にも「記事の書き方」に悩んでいる方はいるのではないでしょうか。

確かに、記事を書き始めた当初は、たとえ文章力がうまくても品質の高い記事を安定的に書くことは難しいでしょう。なぜなら、再現性のある記事の書き方を知らない方が多いからです。

そこでこの記事では、Webライターが押さえておくべき文章の書き方のフォーマットをご紹介します。

Webマーケティングのeラーニングサービス「ferret Learning」でデジタルに強い組織に

【無料トライアルあり】動画でSEOや狙うキーワードの探し方などを学ぶ!Webマーケター育成サービス「ferret Learning」

約300の動画授業でWebマーケティングスキルアップ!学習進捗管理や演習機能、理解度の見える化機能などの学習支援機能を多数搭載

記事を書く目的とは?

そもそも記事を書く目的とは何でしょうか。書く内容によって異なりますが、記事を書く目的は「伝えるべき人に正しい情報を伝えるため」です

例えば、「Web マーケティング」と検索する人に対して、どのような内容の記事を書けばいいでしょうか。「Webのマーケティングは難しい」と「Webマーケティングの手法5選」、どちらの記事を書くのか。

答えは、具体的にWebマーケティングの手法が書いてある後者です。Webマーケティングを知りたい人に対して難しさを訴求しても、求めらていません。求められているのはWebマーケティングのノウハウなのです。

だからこそ、読者の心に寄り添ってあげるような「伝えるべき情報」を盛り込んだ記事を書かなければならないのです。それらを達成するためには、「伝えたい人」を決めて、「伝えるべき情報」を伝える必要があるのです

この記事も、「これからWebライターになりたい」あるいは「Webライターである程度稼げるようになりたい」方をターゲットに、記事の書き方をご紹介しています。伝えたい人を決め、その人にあった情報を伝えることが、記事を書く目的であり最も大切なことです。

記事タイトルと目次の書き方

記事の書き方フォーマットをご紹介する前に、基礎中の基礎である記事タイトルと目次の書き方をご紹介します。

記事タイトルの書き方|35文字以内に

記事のタイトルは35文字以内に抑えましょう。その理由は、Google検索結果には35文字までしかタイトルが表示されないからです。

ここで必ず意識してほしいポイントが一つあります。文字数を35文字以内にすることも大切ですが、限られた文字数の中で、一番伝えたいことをタイトルの前半部分に置くということです。

そうすることで、読者がタイトルを見て、「この記事は私の知りたかったことだ!」と、クリックしWebサイトにアクセスします。

逆に伝えたいことがタイトルの後半部分にあると、記事の内容を理解してもらえることはありません。ですので、記事タイトルを決める際には、伝えたいことを前半部分に、35文字以内を意識しましょう。

SEO対策も施したタイトルの書き方を知りたい!」という方は、以下の記事を参考にしてください。

参考:【2019年度版】キーワード調査から始めるSEOで勝つための記事の書き方!タイトルや文字数の決め方は?

記事の目次の書き方|ひと目見て内容がわかるように

記事の目次の書き方は、読者が目次を見たときにひと目見て内容がわかるようにしましょう。

image1.png

こちらはferretの記事の目次です。一度目を通してもらうと、たとえタイトルがわからなくても、記事の内容を理解できるのではないでしょうか。

このように、「目次を見たときに記事の大まかな記事の内容がわかる」ように書くと、読者が記事を読み進めやすいです。