テレビやビジネスシーンで耳にする「F1層」や「M1層」という用語。何を意味しているかご存知でしょうか?

これは広告マーケティング業界における、ターゲットとなる顧客の性別・年齢層ごとに分けられた区分のこと。Fは「Female(女性)」を意味し、主に「F1層、F2層、F3層」、Mは「Male(男性)」を意味し、「M1層、M2層、M3層」に分けられています。

本記事では特に注目されているF1層をはじめ、各区分の意味や消費・行動の特徴を解説します。

F1層:マーケティングにおいて最重要層

F1層は20歳〜34歳の女性を指します。

この用語は主にマーケティング広告業界などビジネスの場面の他、マスコミ等でも使われることが多いです。

▼使用例
「この雑誌はF1層をターゲットにしている」
「今期のテレビ番組は特にF1層に人気だ」

年齢区分がある中で、F1層は特に注目されている世代です。その理由は彼女たちの消費行動にあります。

20〜34歳という年代の女性は消費意欲が強く、特に美容やスキルアップなど、自分自身にお金をかけることを惜しみません。社会に出たばかりの若手で経済力は他の層に及びませんが、未婚が多い年代なのでそれなりに自由にお金を使えます。

また、新しいトレンドにも敏感で多感な年齢でもあるため、企業のターゲット層となることが多いのです。そのためF1層は、マーケティングにおいてとても重要な層だと言えるでしょう。

F2層:健康に対する意識が向上

F2層とは、35〜49歳の女性を指します。

既婚者が増え、すでに子供や家庭を持っている世代です。F2層の女性は妻・母親といった、家庭内での重要なポジションを確立し、家庭で購入する商品の決定権を持つのが特徴。

子供の教育についての関心が高い一方で、自己投資にも興味があります。また、プレ更年期や更年期が始まる時期でもあり、男性よりも早い段階で健康に対する意識が高くなるのも特徴の1つです。

F3層:健康に向けて具体的な行動を起こす

F3層は50歳以上の女性を指します。

子供が自立する時期でもあるため、経済的にかなり余裕が出てきます。量よりも質を好み、高価なものを購入するようになります。

最も健康意識が高い年代で、健康食品を生活に取り入れたり、ジム通いを始めたりなど、健康に向けて具体的な行動を起こしていくのが特徴です。

またリタイア世代も多いため、テレビの視聴時間が長いのもポイント。そのためテレビショッピングでは健康ジャンル、服飾品ジャンルのメインターゲットになることも多いです。

M1層:ビジネスやスキルアップへの関心が高い

M1層は20〜34歳の男性を指します。

労働人口が多い年代で、社会では若い人材として重宝されます。この年代の男性は情報に敏感で、且つITに関する知識も豊富で、情報収集は主にインターネットから

F1層と同様に自己投資にも積極的ですが、特にビジネスやスキルアップへの関心が高いです。ただし近年は終身雇用への憧れがなくなっており、むしろ会社に属さず独立したり、副業をして給料と副業収入で生計を立てる人もいます。

M2層:嗜好品や外食での消費傾向

M2層は35〜49歳の男性を指します。社会人の中堅層で、既婚者も多い世代です。

ある程度の経済力がありますが、家庭を持っており子供の教育費にお金がかかることと、家庭内での消費の決定権は妻であるF2層が持っていること、そして将来を見据えての貯金に重きを置くことから、他の層と比べると消費が少なくなっています。

M2層の消費傾向としてはタバコやお酒の嗜好品、会社の飲み会といった人付き合いや外食などが多いのが特徴。また男性の育児にも注目が集まる現代では、子供の教育に関心を持つM2層も増えてきました。

M3層:質を重視し購買力が一番強い

M3層は50歳以上の男性を指します。社会人としてはベテランで、役職に就いていたり、もしくはリタイアしていたりする人が多いです。子供も独立して経済的に余裕があるため、購買力が一番強い世代でもあります。

消費意欲に関してはF1層やM1層の方が高いですが、若い層よりも質を重視することから、「ブランド物や一流の品などを数点だけ」という買い方をします。

健康意識が高く、妻のF3層と一緒に健康面の改善に取り組みます。また消費に関してはF3層からの影響も大きいです。

時代に合わせて各層に関する知識をアップデート

F1層〜M3層まで、年齢・性別でそれぞれ違った特徴や消費行動が見られます。しかし、時代の変化とともに、各年代層の特徴は変わりつつあることも覚えておかなければいけません。

例えばF1層・M1層は消費意欲が高いとされてきましたが、近年の傾向を見ると「無駄なモノを買わない」「その代わりにシェアリングエコノミーやサブスクリプションサービスを活用」といった特徴が見られます。

古い情報でマーケティングが失敗しないように、時代に合わせて各層に関する知識をアップデートし、それぞれのニーズに合わせたマーケティング施策に取り組んでいきましょう。

女性マーケティングをもっと知る

日本のアプリ業界で最も成長の著しいセグメントは女性層?

日本のアプリ業界で最も成長の著しいセグメントは女性層?

この記事では、2018 年の日本のモバイルアプリ市場の特徴の1つだった、女性のアプリユーザーの動向についてお話します。日本のアプリマーケティング担当者だけではなく、市場への参入を検討している海外のマーケターにも、日本の成長セグメントである女性ユーザー層について検討するきっかけになればと思います。