OCRという言葉を聞いたことがありますか?最近では、LINEの機能でも使えるになったOCRですが、これを活用することで業務効率化に役立つのです。しかし「OCRって言葉は聞いたことがあるけど、意味はわからない」と言う方も多いことでしょう。

そこで、OCRについてを詳しく説明するとともに、どんなことができるのか、導入するメリット、オススメのソフトをご紹介します。

OCRとは

OCRとは「Optical Character Recognition」の略で、「光文字認識」という意味になります。これは、画像や書類の中から文字を抽出し、文字データに変換する技術のことです。

例えば、「大切な書類を持ち運びたいけど、100枚以上あるから一つにまとめたい……」そんな時にOCRを使えば、100枚の書類を画像として認識しテキストに変換して、パソコンやスマートフォンへデータとして写すことができます。

上記で説明した内容はまだ、OCRのほんの一部です。もっと具体的なOCRの活用方法を紹介します。

OCRでどんなことができるか

OCRは基本的に「文章の読み取り」ができますが、具体的には

・文字の読み込み・出力
・書類の整理
・文章検索

の3つを行うことが可能です。

文字の読み込み・出力

OCRは紙の書類をスキャンし、それを「PDF・Word・Excel・PowerPoint」に出力することができます。

書類に書かれた文字をデータ化し、各媒体に出力することで、書類の管理ができるのです。また、OCRを利用することは、書類の間違いを訂正したいときにも役立ちます。

紙に印刷したあとで文字の打ち間違いに気づいた場合は、間違った書類に直接修正をかけることはできません。しかし、OCRで読み込んでおけば、文章の誤りを訂正することができます。

書類の整理

会社にある大量の書類。管理部で保管できるのであれば問題ありませんが、量が多くなればなるほど保管する場所がなくなってくるはずです。

かといって、書類を人間が手打ちでデータ入力するには時間がかかるので、書類をデータ化し、整理するという業務が後回しにされがちです。

しかし、大量の書類をOCRにスキャンすれば、ものの数分でデータ化し、種類ごとに書類を整理することができます。

会社にある全ての書類をデータ化できるので、書類を保管しておくという作業は必要ありません。書類整理という業務がなくなるので、社員の負担を減らすことができるでしょう。

文章検索

OCRを活用すれば、スキャンした書類の中で文章検索ができます。本来、大量の書類の中から一部の言葉を抜粋して見つけることは困難なはずです。しかし、OCRで書類の文字をデータ化してしまえば、文字の検索ができるのです。

「クライアントの規約に何と書いてあったかな?」と思っても、まず対象のクライアントの定款を見つけなければなりません。書類が大量にあると、対象のものを見つけるだけでも難しいでしょう。

そこでOCRを活用すれば、書類を探し出し、文章を検索するという工程を省くことができます。事務的な業務をOCRで対応できるので、書類を紙で管理する必要はありません。

OCRを導入するメリット

「OCRを導入するメリットを知りたい」という方のために、考えられるメリットをまとめました。

・保管スペースの縮小
・データ化した文章を編集できる

それでは、OCRのメリットについてをご説明します。

保管スペースの縮小

1つ目のメリットは、保管スペースの確保です。前述した通り、OCRを利用すれば、紙の書類を保管しておく必要が無くなります。

今まで書類の保管に使用していたスペースを大幅に縮小し、有効的に活用することができます。

データ化した文章を編集できる

2つ目のメリットは、データ化した文章を編集できるということです。書類や画像から読み取った文章を編集することができます。抽出した文章を活用し、Excelで表やグラフの作成やPowerPointによるプレゼン資料を作成することも可能です。

書類の中にある表やグラフをコピー&ペーストすることもできるので、ご自身の求めるデザインに修正することもできます。

OCRのおすすめソフト

「OCRのおすすめソフトを知りたい」という方に向けて、5つのソフトをご紹介します。

OMNIPAGE ULTIMATE

OMNIPAGE ULTIMATEは120以上の言語を認識できるOCRソフトです。あらゆる言語を素早くPDFに変換することができます。

OCRエンジンの改良を重ね、変換スピードに加え、書類の変換能力も業界高水準。またPDFだけではなく、Word・Excel、HTMLへ変換することも可能です。

OMNIPAGE ULTIMATE

読取革命

業界屈指のOCRシステムを運営している「読取革命」は、誰でも簡単に使えるようなマニュアルを作成しており、PDFのレイアウトをWordやExcelに直接入力できるので初心者の方も安心です。

読取革命

e.Typist

e.Typistは日本語だけでなく、中国語や韓国語、欧米言語を読み取ることのできるOCRです。非常にグローバルな使い方ができ、書類から雑誌までを「Word・Excel・PDF」に変換することができます。

また、OCRの認識精度も国内最高峰のエンジンを搭載しているので、書類の文章をそのまま変換することが可能。

もしも「中国語と韓国語は必要ない」という場合には、日本語と英語の2ヶ国語のみのプランも販売されています。

e.Typist

AI-OCR

AI-OCRは文字通り、「AI」と「OCR」を融合させた最先端のOCRソフトです。本来、OCR
ソフトは組み込まれているエンジンに文字データを入力し、変換するように指示しています。

しかし、AI-OCRはAIが言語を解析、学習するので、高精度のスキャンを実現。まだまだ汎用性の低いOCRではありますが、AI技術の搭載により、さらなる進化が期待できます。

AI-OCR

Adobe Acrobat Standard DC

Adobe Acrobat Standard DCは、PDF作成がメインとなるソフトです。そのために、ExcelやWordに変換することは別の作業を必要とします。

このソフトの最大の利点は、「ベクターデータをPDFに変換できる」ということ。ベクターデータとは、文字を拡大、縮小しても画質が損なわれることのないデータです。OCRで読み取った書類や画像PDFに変換したとしても、文章を確実に視認できるようになります。

また、Adobeは万国共通のツールになるので、日本語や英語のみならず、世界各国の言語の認識が可能です。

Adobe Acrobat Standard DC

OCRで業務を効率化

OCRとは何かという初歩的な部分から、導入するメリットやおすすめソフトを紹介しました。

現在、OCR技術はスマートフォンにも搭載されるなど、より身近な存在になりつつあります。しかし、まだ、書類などの文章を一言一句正確に認識されないことも多々あるのです。

すぐにでも「書類をスキャンして、PDFやWord、Excelに変換したい」とお考えの方は上記で紹介したソフトを参考にしてください。