博報堂生活総合研究所は、生活者が選ぶ「2020年ヒット予想」と「2019年、ヒットした/話題になった」と思うものも調査。「2020年 ヒット予想」 のキーワードは「変化」。東京オリンピック・パラリンピックやキャッシュレス、次世代通信、テクノロジーなど、大きな変化を予感させるキーワードがランクインしています。

“2020年 ヒット予想”ランキング

新技術や社会の変化に向き合う商品・サービスに注目

スクリーンショット 2019-11-06 16.12.55.png出典:博報堂生活総合研究所

1位は「東京2020オリンピック・パラリンピック」。それにともない、増加が予想される「外国人向けサービス(14位)」も注目されています。

また、次世代通信やテクノロジーである「5G(7位)」と5G通信による「IoT(23位)」もランクイン。

2020年 ヒット予想”ランキング(性別)

男性は技術、女性は生活関連に関心

スクリーンショット 2019-11-06 14.57.49.png出典:博報堂生活総合研究所

男女ともに1~4位は同じ結果で、10位までのうち7つが同じ項目でした。

男性は技術に注目し「5G」、「自動運転システム搭載車」、「ドローン」が、女性は生活関連に注目し「熱中症対策商品」、「テイクアウト」、「消費増税」が選ばれました。

“2019年 ヒット商品” ランキング

街で広がりが目に見えるものがランクイン

スクリーンショット 2019-11-06 14.58.30.png出典:博報堂生活総合研究所

1位の「タピオカ」をはじめ、「熱中症対策商品」や「個人が配達するフードデリバリー」といった街中で目にする機会が多くなったキーワードが登場。また、節目である「新元号」関連や「消費税」増税関連も多く見られる結果となりました。

*その他の調査結果は以下のリンクをご参照ください。
出典:博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキングを発表

調査概要 新聞・雑誌・Webなどから、今年、生活者が関心を示した、世の中で注目されたと思われる商品やサービス、コンテンツ、出来事などを収集し、うち80項目について調査。
調査地域 首都圏、京阪神圏
調査手法 インターネット調査
調査対象 15~69歳の男女 1,008人(有効回収数)
調査時期 2019年9月27日(金)~10月1日(火)
企画分析 博報堂生活総合研究所
実査集計 株式会社 H.M.マーケティングリサーチ

調査データを見てユーザーを理解する

【調査データ】キャッシュレス決済が51.5%で現金支払いを上回る

【調査データ】キャッシュレス決済が51.5%で現金支払いを上回る

「Appliv(アプリヴ)」が20〜70代までの男女1,075人を対象に、キャッシュレス決済の利用に関するアンケート調査を実施。支払い方法に「現金」を使用するのは全体の約半数で、20〜30代がトップという結果に。

【調査データ】SHIBUYA109が調査!around20の82.9%はInstagramで情報収集

【調査データ】SHIBUYA109が調査!around20の82.9%はInstagramで情報収集

around20のInstagramにおけるハッシュタグ検索の実態を明らかにすることを目的に、SHIBUYA109エンタテイメントがソーシャルロケーションサービス「MachiTag」を運営するジギョナリーカンパニーと共同調査を実施。調査で見えてきたのは、リアルなハッシュタグ検索でした。