2019年5月1日に年号が「令和」に代わり、様々なキャンペーンが行われましたね。

参考:ついに令和時代に突入!令和に入って行われたキャンペーンまとめ

そして12月には年に1度の大イベント「クリスマス」がやってきます。今年は令和になって初めてのクリスマス。気合いの入ったキャンペーンが開催されることが予想されます。

今回はすでに2019年のクリスマスキャンペーンを始めている企業とその注目の内容を取り上げました。まだキャンペーンを考えていない人はぜひ参考にしてみてください。

令和最初のクリスマスキャンペーン開始

トレンドに敏感な企業は、2019年のクリスマスシーズンに向けて動き始めています。

今年は「令和最初」のクリスマスであること、そして2020年にはオリンピックを控えていることから、例年以上に大きなキャンペーンが開催されるかもしれません。

そこで今回は、

・SNSを使ったキャンペーン
・来店型のキャンペーン
・毎年恒例のキャンペーン

の3つの視点から、特に注目のクリスマスキャンペーンを取り上げました。

SNSを使ったクリスマスキャンペーン

低コストですぐにスタートできるのがSNSキャンペーンです。ここでは日本人が馴染みのあるSNS、Instagram、Twitter、LINEで開催されているキャンペーンを紹介します。

株式会社ニトリ

image5.png
(画像引用:「お、ねだん以上。」ニトリ公式アカウント|Instagram

ニトリではInstagramを使って写真投稿キャンペーンを開催しています。ニトリの商品を使ったクリスマスデコレーションを投稿して、抽選でニトリ商品券2,000円分がもらえます。

このキャンペーンの締め切りは12月8日。「早いのでは?」と思うかもしれませんが、もらった商品券を使ってさらにクリスマスのアイテムを購入し、シーズン中にデコレーションをアップデートできるのを狙っているようです。

投稿の回数や枚数に制限はないため、何度も投稿してチャンスを上げるユーザーも出てくるでしょう。そうすることで指定のハッシュタグの投稿数が増え、ユーザー自身がニトリ商品のアピールをしてくれるのです。

こどもちゃれんじ(株式会社ベネッセコーポレーション)

image6.png
(画像引用:しまじろうからお手紙が届く!?クリスマスキャンペーン-しまじろうクラブ-

ベネッセでは、「しまじろうからお手紙が届く!?クリスマスキャンペーン」を開催。抽選で500名様にしまじろうからのお手紙が届き、子どもたちにサプライズプレゼントができるという内容です。

公式サイトからキャンペーンに応募するだけでも良いのですが、InstagramやTwitterに子どもが書いたしまじろうへのお手紙を投稿すると、追加プレゼントがもらえたり、当選率が3倍になったりという特典があります。

しまじろうから手書きのお返事が届けば、子どもたちは喜ぶこと間違いなし。子どもはもちろん、我が子を喜ばせたい親もうまくターゲットにしているキャンペーン事例だと言えます。

LINE株式会社

image2.png

(画像引用:クリスマスカウントダウン-LINEオープンキャンペーン

LINEではクリスマスまでの間に毎日出題されるクイズに回答することで、もれなくLINEポイントがもらえるというカウンドダウンキャンペーンを開催。クイズの内容もLINEに関することが多く、ブランド理解に繋げられます。

このキャンペーンの特徴は、ユーザーが楽しめる内容であるため離脱率が少ないことと、もらったLINEポイントを使ってLINEストアでの買い物に誘導できることです。

キャンペーンに参加したユーザーがタイムラインに投稿できるような機能をつけることで、ユーザー自身に告知を広めてもらうことも可能。LINEの機能をフル活用したキャンペーンになっています。