URLは全てのWebサイトにおいて必ず設定されているインターネット上の住所のようなものです。新規のドメインを取得する際に「適切なURLという考え方はあるのか」「URLSEOは関係しているのか」という疑問を持たれる方が多くいます。

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

Keywordmapは、自社だけではなく競合サイトの検索順位データや対策KWの抽出などにより、オーガニックの面並びにペイドの面での機会損失を防ぐことが可能です。効果的かつ効率的にコンテンツ制作を行いましょう。

そこで今回はURLSEOの関係について解説し、URLを設定する際のポイントについて紹介していきます。

実際にGoogleが公開しているガイドラインから引用しながら見ていきますので、新規ドメインを取得する際の参考にしていただければと思います。

URLとSEOに関係はある?

URLSEOの関係性については、大きな関係はありませんが全くの無関係とも言えないというのが結論です。

そもそもURLは全てのサイトに割り振られているIPアドレスをWebサイトの住所としていましたが、検索エンジンの発達していなかった当時では、IPアドレスをユーザーにとって分かりやすく覚えやすい文字列にした方がインターネットを使いやすいとしてURLを設定することとなりました。

それに加え、Googleのガイドラインのコンテンツに関するその他の考察には「シンプルなURL構造を維持する」というアナウンスがあることからも分かるように、URLは本来の目的から外れることもないよう短くてシンプルなURLが適していると言えます。

シンプルなURL構造が良いとされる理由ですが、数十から数百文字のURLを設定しているとホームページURL自体も長くなる上に、カテゴリを作成してディレクトリ構造が深くなっていくとさらにURLが冗長化してしまい、本来のURLの目的から大きく外れることとなってしまいます。

ただし、本来の目的から外れたとしても2000字を超えるURLでない場合は、検索順位に直接影響を与えるわけではありません。

しかし、SEOの本質はユーザーファースト、つまりユーザーにとって優しいWebサイトを作るということが目的ですので、URLにおいてもユーザーにとって優しい構造になっていなければいけませんので、本来の目的である分かりやすく覚えやすいURLSEO効果があるとも言えます。