コンテンツを世の中に広めていくために必要なスキル、Webライティング。
読者に読んでもらうためには、Webライティングの手順や注意点など、押さえておくべき点がいくつかあります。

しかし現実には「なかなか思うようにアクセスがない」「自分の記事がなんとなく読みにくい気がする」と思っている方が多いものです。
そこで今回は、Webライティングの基本とポイントを解説していきます。

Webライティングとは

Webライティングとは、検索エンジン検索結果の上位に表示させる技術のひとつです。
検索結果の上位に表示させるには、コンテンツ検索エンジンが読み取りやすく整える必要があります。

また、検索エンジンは読者にとって読みやすく、ためになるようなコンテンツを評価する傾向があります。
つまり、Webライティングの本質とは、読者にPCやスマートフォンといったデバイスを通じて読みやすい記事を書くといえるでしょう。

例えば、読みやすくするために見出しを設定する・結論から述べるといったようなことです。
このことから、Webライティングは「ライターが自由にライティングすればいい」といったことではなく、一定のルールや方法に沿う必要があります。

まず、方法としてSDS法とPREP法について解説していきます。

SDS法・PREP法とは?

まず、SDS法は以下の略です。

  • Summary(記事の概要)
  • Details(詳細の説明)
  • Summary(全体のまとめ)

SDS法は結論を先に述べて、同じ内容を3回に分けて説明する方法です。
全体の導線が短いので、素早く結論を伝えたいときに使用される手法と言えます。

一方のPREP法は以下の略です。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論)

SDS法と同じく結論から始まり結論で終わります。
途中で理由や具体的な例を挟むことで、ストーリー性が生まれることも特徴です。
じっくりとした説明ができるので、多くのWebメディアではPREP法のライティングを行っています。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Webライティングの手順

上記の方法がわかったところで、次は具体的なWebライティングの手順について解説していきます。
Webライティングの手順は以下の通りです。

  1. ペルソナ設定や構成作りといった準備
  2. 記事執筆
  3. 推敲

なかでも特に大切なのは準備です。
この準備で、記事の出来栄えは7~8割方決まってしまいます。

ペルソナ設定や構成作りといった準備

まずはペルソナの設定を行います。

・どんな人か
・いつ読んで欲しいのか
・どれくらいの情報量が必要か

以上のような点を考えながら、具体的な人物像にまで落とし込んでいきます。

例えば、この記事だと次のような感じです。
「ライティングを初めて2ヶ月程度経過したが記事作成のポイントがわからず困っており、ライティングの基本をおさらいできるサイトを探している」

上記に当てはめると次のようになります。

  • どんな人か→ライティングを初めて2ヶ月程度のライター
  • いつ読んで欲しいのか→記事作成のポイントがわからず困っているとき
  • どれくらいの情報量が必要か→深堀しすぎず、基本をおさらいできるくらい

これくらいのペルソナ設定だと、必要な情報量や押さえておくべきポイントがわかります。
加えて、構成づくりや実際のライティングもスムーズになってくるでしょう。

記事執筆

実際に記事の執筆を開始するときは、時間を決めて一気に書き上げます。
細切れ時間で書いてしまうと、内容の抜けや出だしとまとめで結論が異なってしまうといった事態も考えられるからです。

記事の内容やテイストに一貫性を持たせるためにも、まとまった時間を取ってのライティングをおすすめします。

また、箇条書きの使用や、記事の内容によっては表や画像を組み込むことを考えながらの執筆を行いましょう。
読者にとって見やすい記事執筆はSEOの観点からも有効です。

推敲

執筆が完了して一息ついたら納品前に必ず誤字脱字のチェックと記事の主張を確認します。記事の主張として一番確認したいのは、タイトルと各見出しと内容が「ずれていないか」です。

タイトルに対する解決策が記事の内容に盛り込まれているかは非常に大切なことです。
他にも、いわゆるコピペをしていないか、引用の記述があるか、読者に合わせた文章か、などにも注意しながら推敲をしていきましょう。

Webライティングのポイント

Webライティングのポイントは、大きく分けて以下の2つです。

  • 読者にとって親切
  • 検索エンジンに評価される

読者にとってわかりやすい文章・構造に加えて、検索エンジンに評価されるようなライティングを心がける必要があります。
イメージとしては、読者に優しい記事にしながらも、そこにSEOのテクニックを足すといった具合です。

読者にとって親切なライティングとは

読者にとって親切なライティングには、以下のような要素が不可欠です。

  • 見出しによる構造化
  • 簡素な文章で頭に入りやすい言葉選びをする

見出しによる構造化

記事にはまずタイトルがあって、大見出し→中見出し→小見出しといったように徐々に細分化されていきます。

最初に読者は、タイトルを見て何について書かれているか理解します。
そこから、大見出しで大まかな内容、中・小見出しによって詳しい内容を把握していくのです。

つまり、見出しによる構造化は、読者の情報理解の手助けをするものといえるでしょう。
また、Webの文章の特徴として、読者は必要な情報だけを選んで読むことができます。
必要な情報へ、すぐにたどり着くためにも見出しの構造化は必要です。

簡素な文章で頭に入りやすい言葉選びをする

文章はなるべく短く切り簡素にしましょう。
サイトに訪れる読者はなるべく早く必要な情報を得たいと考えています。

1文は40~60文字程度を目安に。
また、専門用語や独自の表現などが読者に伝わりにくのであれば控えましょう。
それらを使用する必要があるなら別途説明する、他の言葉に換えられるなら言い換えるといった配慮も必要です。

検索エンジンに評価されるライティング

読者に優しい記事を心がけつつ、検索エンジンに評価されるライティングも足していきましょう。
コンテンツを頑張って書いたとしても、検索エンジンに評価されないと検索からの流入が期待できなくなってしまいます。

検索の上位に表示させるための工夫として、Webライティングでも対策キーワードを「バランスよく」入れていく必要があります。

この「バランスよく」が重要なポイントです。
キーワードを詰め込み過ぎてしまうと、どうしても不自然な文章になってしまいます。
そうすると、読者にとっても優しくないですし、コンテンツの印象も良くありません。
まずは、キーワードを意識しつつ自然なライティングを心がけましょう。

Webライティングの注意点

Webライティングはただ書けばいいと言うものではなく、注意点があります。
Webライティングで特に注意したいのは以下の3点です。

  • 他サイトのコピーをしない
  • トンマナやレギュレーションといったルールを守る
  • メディアの目的を理解する

特に「他サイトのコピー」は最悪の場合、損害賠償に発展するケースも考えられます。

他サイトのコピーをしない

他サイトのコピーは絶対にしてはいけません。
他のサイトを「参考」にするのは構いませんが「コピー」は権利侵害にも繋がります。

実際に近年ではこのコピペ記事によって、サイトの閉鎖や損害賠償に発展しているケースも多くあるのです。
もちろん、コピペをするつもりでなくても、結果的にコピペ率が上がってしまうこともあります。
とはいえ、そのまま記事をリリースしてしまうわけにもいかないので、コピペチェックツールの導入・活用をしましょう。

こちらの記事ではコピペチェックツールの紹介をしているので、参考にしてみてくださいね。
少しの一手間が重要なリスクマネジメントに!コピペチェックツール10選

トンマナやレギュレーションといったルールを守る

トンマナ(トーン&マナー)とレギュレーションは、コンテンツをより良く見せるために決められたルールのようなものです。
例えば、以下のようなもの。

  • 「です・ます」や「だ・である」といった語尾の統一
  • 装飾や画像の差し込みルール
  • 表記の統一(グーグル→Google
    メディアによってトンマナやレギュレーションは異なる場合が多いので、都度確認しておきましょう。
    トンマナやレギュレーションを無視してしまうと、メディア本来のテイストとかけ離れた記事が出来上がってしまいます。

メディアの目的を理解する

Webライティングと一言でいってもメディアの目的に合わせた書き方が求められます。
情報の新鮮度が重視されるニュース系の記事なら正確な内容をより早くリリースできないといけません。

SEO記事でも、セールスを目的にしているかどうかで記事全体の流れは変わってきます。

SEOは押さえつつSNS流入を目指す場合なら、より読者の目に止まりやすいキャッチーなタイトルを考える必要もあるかもしれません。
こういった部分を理解しておくことは記事の品質の向上にもつながるので、ぜひ意識してみてください。

まとめ

このように、Webライティングにはルールや手順・注意点があります。
Webライティングの基本と本質は、いかに読者にとって良いコンテンツを仕上げるかです。

全くペルソナを意識せず自分が書きたいように書いたり、メディアの目的を無視したりしてはいけません。
この記事を参考に、より良いコンテンツを世の中に送り出しましょう。

この記事を読んだ方におすすめ

初心者ライター必見!ライティングで気をつけるべきポイント

初心者ライター必見!ライティングで気をつけるべきポイント

副業やフリーランスでWebライターを志す人が増えています。しかしいざ始めてみると、どのようにしてライティングをしていっていいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?記事ではライティング初心者の方にライティングの基礎について解説します。