Yahoo!動画広告を運用する際に押さえておくべき4つのポイント

Yahoo!の動画広告を運用するには、失敗は避けたいものです。

失敗する可能性を減らすことのできる4つのポイントをご紹介します。

質のいい動画を作る

動画広告の品質が悪ければ、最後まで動画を再生してもらうことができません。最後まで再生されないということは、コンバージョンにもつながらないので、品質のいい動画を心がけましょう。

もし、社内で動画を作成できない場合は、外部の制作会社に依頼しましょう。動画作成の外注に関しては、以下の記事が参考になります。

中小企業も動画活用の時代!動画制作会社に依頼するメリットとは

ターゲティングを細かく設定する

動画広告を見てもらうターゲットを細かく設定しましょう。万人受けするような動画を作成してしまうと、かえって誰にも響かない低品質の動画となってしまいます

一見、たくさんのユーザーに届けられると思うかもしれませんが、ターゲットが細かく設定されていないと、「誰に何を伝えたいのかわからない」状態に陥ります。

コンバージョン測定でPDCAを回す

Yahoo!の動画広告には、「動画広告を再生してどんなアクションを起こしたか」というユーザーの動きがコンバージョン測定というものでデータ化されています。

動画広告を運用しては、コンバージョンを測定し、改善を繰り返すことにより、ユーザーにとって有益な動画広告を作成することができます。まずはYahoo!の動画広告を運用してみて、PDCAを回していきましょう。

もう遅い?そう思った今が始めどき

よく、「Yahoo!の動画広告もたくさんの企業が参入しているし、もう遅いんじゃない?」と考えているWeb担当の方がおられますが、そんなことはありません。

まだまだ新しいサービスで、参入している企業も少ない状況にあります。「もう遅いんじゃない?」と思ったときが始めどきです。低価格で運用できるので、まずは始めてみることが大切です。

Yahoo!動画広告を理解して適切なプロモーションを

Yahoo!の動画広告はYouTubeの広告とはプロモーションできるユーザーの属性が異なります。「どんな動画を作成すればいいかイメージがわかない」という方は、一度Yahoo! JAPANのアプリをダウンロードし、他社の動画広告を参考にしてみてください。

「誰に、何を伝えたいのか」に重きをおいて分析すると、見えてくるものがあるはずです。

この記事を読んだ方におすすめの記事

3分で理解できるYouTubeの動画広告!広告の種類や出稿方法を解説

3分で理解できるYouTubeの動画広告!広告の種類や出稿方法を解説

世界最大の動画プラットフォームであるYouTubeは全世界で10億人以上が利用していると言われており、そこに動画広告を出稿することは自社サービスや商品を多くの人に知ってもらうための効果的な手段と言えます。記事では、動画広告にはどんな種類があるのか、そして広告の出稿方法について解説していきます。