Googleには無料で使える、高機能なアクセス解析ツールGoogle Analytics」があります。誰でも簡単に導入できるツールですが、初期設定の段階で行き詰まっている方も多いのではないでしょうか。

そこで、Google Analyticsの設定方法を具体的に紹介します。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)の設定方法

Google Analyticsの設定に必要なものは

  • Webサイト
  • Googleアカウント
  • Google Analyticsアカウント

の3つが必要になります。

GoogleアカウントGoogle Analyticsアカウントの作成方法を説明していきます。

1. Googleのアカウントを作成する

まずはGoogleアカウントを作成しましょう。Googleアカウントは次に説明する「Google analyticsにアクセス・登録」に必要です。

Googleアカウンは、以下のGoogleアカウント作成ページで作成できます。
Google アカウントの作成

image7.png

記入欄に個人情報を埋めていきましょう。完了したら、電話番号と生年月日を記入する欄があるので、そちらも埋めていきましょう。

image4.png

電話番号にコードが送られてくるので、電話番号認証が完了すればGoogleアカウントを作成できます

2. Google Analytics(グーグルアナリティクス)にアクセス・登録

次に、Google Analyticsにアクセスし、登録しましょう。Googleアカウントを作ったからといって、Google Analyticsのアカウントも作成されるわけではありません。

Google analyticsにアクセスします。

Google Analyticsにアクセスすると、以下のような画面が表示されます。

image8.png

画面右側にある「Googleアナリティクスの使用を開始」の下にある「登録」をクリックしてください。

3. Webサイトの情報を入力

「登録」をクリックしたら、新たな画面が表示されるので必要事項を記入していきましょう。

image6.png

全て入力が完了すれば、Google Analyticsのアカウントを作成することができます。作成が完了したら、次のステップに移ります。

4. トラッキングコードを発行・設置

WebサイトGoogle Analyticsを紐づける「トラッキングコード」の発行と設置を行います。Google Analyticsのアカウントを作成した時点でトラッキングコードは発行されています。

まずは、先ほど登録したGoogle Analyticsを開きましょう。現在、Google analyticsに登録すると、同時にトラッキングコードが表示される仕組みになっています

しかし、Google analyticsに登録してからというもの、一度画面を閉じてしまった場合は表示されることはありません。

その場合は、以下の画像にそってトラッキングコードをコピーしましょう。

image2.png

左下の歯車のマークをクリックし、プロパティ設定を開きます。

image3.png

「トラッキング情報」の中にある「トラッキングコード」を開くと、Webサイトのトラッキングが表示されます。

それをコピーし、WebサイトHTML内にある「<head>と</head>」の間に貼り付けます。この時、<head>内の他のコードと重ならないように注意してください。

重なってしまうと、Webサイトのデザインが崩れてしまう恐れがあります。特にHTMLをあまり理解していない方が間違ってさわってしまうと、修正の仕方がわからず、元どおりに戻せない可能性があります。

それを防ぐためにも、コピーしたトラッキングコードを貼り付ける前に、元のHTMLをコピーし、パソコンのメモ機能にペーストしておきましょう。それがバックアップの代わりになります。

これでGoogle Analyticsの設置は完了です。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)に異なるドメインのWebサイトを追加する設定方法

Google Analyticsでアクセス解析ができるサイトは1つだけではありません。実に、100サイト以上のアクセス解析が可能です。異なるドメインWebサイトを追加する方法を紹介します。

image2.png

まずは、左下の歯車をクリックします。そのあと、プロパティを作成を選択。すると、以下の画面が表示されます。

image1.png

ここに、追加したい新サイトの情報を入力しましょう。これで、同じアカウントでいくつものWebサイトのアクセス解析が可能になります。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)が正しく設定できているか確認する

トラッキングコードが<head>内に貼り付けられたら、正しく設定できているかを確認しましょう。確認方法は、Google Analyticsを開き、「レポート」をクリックします。すると、Webサイトにアクセスしたユーザー数やセッション数を見ることができます。

ただ、Google Analyticsが正しく設置されるのは24時間後になりますので、すぐには反映されません。1日経ってから確認してください。

24時間以上経っているのにデータが集計されない場合は、トラッキングコードが正しく設置できているかを確認しましょう。それでもデータが取れない場合は、単にWebサイトにアクセスがない状態である可能性が高いです。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)を設定すればWebサイトを徹底的に解析できる

Google Analyticsは単にアクセス解析ができるだけではありません。Webサイトに訪れた時間やユーザーの年齢、住んでいる場所までわかる精度の高いツールです

これらを活用することで、Webサイトの強みと弱みを理解することができます。

またGoogle Analyticsは、精度の高い解析ツールだということもあり、全ての機能を使いこなすのは非常に難しいです。Google Analyticsがどのくらい使えるかレベルを測る資格があるほどです。

ただ、そこまで使いこなせなくても、Webサイトの解析を行うことはできます。Webサイトを運営するのであれば、必ずGoogle Analyticsを設定しておきましょう。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)を設定して解析と修正を繰り返そう

自社、あるいは個人で運営するWebサイトにアクセスが欲しいからといって、コンテンツを作り続けるだけでは正しい施策とは言えません

正しい施策を行うためにも、分析を行い、そのデータから仮説・検証をしなければいけません。それを手助けしてくれるツールが、Google Analyticsです。

Webサイトの運営を始めたら、すぐにGoogle Analyticsを設定しましょう。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)にサイトを追加する方法を知る

Googleアナリティクスにサイトを追加する方法を画像付きで解説!

Googleアナリティクスにサイトを追加する方法を画像付きで解説!

Webサイトを運営する人にとって欠かせないのが、アクセス分析ツールのGoogleアナリティクスです。どのチャネルからの流入が多かったのかということなどを知り、そこから仮説を導き出して検証をするなどWebサイトの施策を打つ上でGoogleアナリティクスは不可欠です。記事では、最初のステップである分析するサイトをGoogleアナリティクスに追加する方法を画像付きで説明します。