【業種別】LPにおすすめの色

業種によってLPに適した色は異なります。業種別にイメージに合ったおすすめの色を紹介します。

教育業

学校や塾などの学習支援を行う教育業のLPは、知性を感じさせる青や、落ち着きがあり成長を感じさせる緑などの寒色系が好まれます。あるいは学校や塾のシンボルカラーをメインにするのもいいでしょう。

飲食業

飲食業のLPなら、食欲をそそる暖色系を使用するのがおすすめです。赤や黄色、オレンジなどをメインカラーにするといいでしょう。扱っている食べ物や飲み物の色にする飲食店も多いです。

製造業

製造業は扱う製品によってLPのカラーが異なります。日用品系であれば明るい色が、非日用品であれば暗い色がいいでしょう。製品の色に合わせて選ぶのおすすめです。

宿泊業

ホテルなどの宿泊業のLPでは、特徴によって使う色が異なります。海に近いホテルであれば青系、山に近いホテルであれば緑や茶色、都会のホテルであればモダンでシックな印象を与えるダークカラーやモノトーンカラーが好まれます。

医療・福祉

病院などの医療・福祉関係のLPでは、清潔感があり爽やかな白や青、自然を感じさせる緑などがよく使用されます。ナチュラルなベージュやピンクも適しているでしょう。

化粧品・美容

化粧品や美容などの女性向けサービスのLPには、女性らしいピンクや赤、柔らかく優しいピンク系のパステルカラーが向いています。

色の力で「ついクリックしたくなるLP」にする

LPの色は、消費者が行動したくなる色にしなければなりません。LPで売りたいもの、見せたいものは何か、どんなブランドイメージを持ってほしいかなどを明確にして、商材や目的に合った色を選びましょう。大切なのは自分の好みではなく、お客様目線です。
今回紹介した配色のコツや色のイメージなどを参考に、LPを見ている人がつい購入ボタンや問い合わせボタンを押したくなる配色にしてください。

参考:
億を売る『LP理論』: 〜最高の見込み客リスト獲得ランディングページ教本〜/大山祐矢

現役LPO会社社長から学ぶ コンバージョンを獲る ランディングページ/相原 祐樹

企業/商品ブランドを伝えるランディングページのカラー戦略 | lp制作・改善のコンバージョンラボ

業種別ホームページカラーガイド | はじめてWEB

LP(ランディングページ)についての記事を読む

ランディングページ制作の際に意識したいLPOとは?

ランディングページ制作の際に意識したいLPOとは?

プロモーションとしてインターネット広告が活況の中、広告の遷移先とされるランディングページ(LP)を効果的に制作したい企業も多いことでしょう。そこで注目したいのがLPOです。 今回はLPOについて解説し、おすすめのツールをご紹介します。 コンバージョンを獲得できる優良なWebサイトづくりにお役立てください。

ランディングページはファーストビュー完結型にすることでCVRが1.64倍!「B2Bサイトにおけるランディングページの勝ちパター

ランディングページはファーストビュー完結型にすることでCVRが1.64倍!「B2Bサイトにおけるランディングページの勝ちパター

“データ×AI×SaaS”で中小企業でもデータドリブンなWebマーケティングを可能にする株式会社WACUL(読み:ワカル)の社内研究所「WACULテクノロジー&マーケティングラボ」は、B2Bサイトのランディングページのベストプラクティスに関する調査の結果を発表しました。

LPO(ランディングページ最適化)のA/Bテストで押さえておくべきポイント

LPO(ランディングページ最適化)のA/Bテストで押さえておくべきポイント

Webサイトを利用して集客を行う場合、訪問したユーザーのモチベーションを高められるかは最初に閲覧したページ(ランディングページ)に影響するところが大きいです。ユーザーが、すぐにページから離脱してしまうことなく、コンバージョンにまで結びつけるには、有益な情報を掲載したページであることをスムーズに理解してもらわなければいけません。しかし、ユーザーと言っても千差万別であり、自社がターゲットとするユーザーのモチベーションを高められるページを作り上げるのは、容易なことではなく色々な仮説を検証してみなければいけません。