Twitterはさまざまな世代が利用しているため、マーケティング施策においてターゲットの特徴を知らずに施策を実施してしまうと、思ったような結果が得られません。世代によって効果的な施策は変わり、企業の情報をあまりチェックしていない年齢層もいます。

Twitterを利用しているユーザーの年齢層と年代別の利用傾向を知っておくことで、年代に合わせた的確なマーケティングが可能です。Twitterユーザー傾向を知って、ぜひ施策に活かしましょう。

Twitterの利用者数は世界で3億人超え

twitter1.png
出典:【最新版Excelデータ配布中】5大SNSユーザー数まとめ(Facebook,Twitter,Instagram,YouTube,LINE)

Twitterユーザー数は、全世界で3億3,000万人(2019年04月発表)、日本国内では4,500万人(2017年10月発表)であり、特に若年層から支持されているSNSです。

国内の20代ユーザーは1,600万人を超え一番多く、続く30代ユーザーは約半数の800万人ほど。若い世代のユーザーが多いため、Twitter若年層をターゲットにしたSNSマーケティングにより効果的と言えるでしょう。

twitter2.png
出典:『Twitter』の利用実態をアンケート調査! 10代のアカウント所有率は8割超に

スマホ情報サイト「Appliv」が2019年に実施した調査によると、10代ユーザー(15〜19歳)の85.1%、20代ユーザーの79.8%がTwitterアカウントを所持しています。若年層よりはアカウント所持率は低いものの、30〜50代では約半数、60代でも約4割もの人がTwitterを利用しているようです。

国内のTwitterユーザーの利用目的

twitter3.jpg
出典:自主企画アンケート結果 【 Twitterの利用 】に関するアンケート調査(第10回)

マイボイスコムが2018年に発表したTwitterの利用に関する調査によると、Twitterの利用目的として、「リアルタイムの情報収集」や「著名人のつぶやきを閲覧する」ために使用しているユーザーが各4割と多く、リアルやネット上の友人・知人とコミュニケーションをとることは二の次のようです。

この利用目的を踏まえると、情報収集目的でTwitterを活用しているユーザーが多いため、企業などが有益な情報を発信することでユーザーの目に留まりやすく、インフルエンサーによる宣伝施策は効果的な手法と言えそうです。積極的にユーザーが求めている情報を提供することで、企業の利益にも繋がりやすいでしょう。