マーケティングにSNSを活用する企業が増えていますが、様々なSNSがある中で「どの媒体が最も高い効果を生み出しているのか」という点について把握しきれていない方も少なくありません。

Twitter広告ならこの資料をチェック!

Twitter広告ならこの資料をチェック!

広告のプロが解説する『Twitter広告はじめてガイド』をダウンロード

実は、Google AnalyticsとTwitterを連携させることで、Twitterからの流入数や他媒体との比較検討が可能になる方法があるのです。この記事では、Google AnalyticsとTwitterを連携させる方法について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Google AnalyticsとTwitterを連携させる理由とメリット

そもそも、なぜTwitterからの流入数を把握しなければならないのかというと、ひとえに「費用対効果の最適化」という理由があります。仮に、自社がTwitterとInstagramのアカウントを持って運用しており、Webサイトへの流入数が増加しているとしましょう。

望ましいことではありますが、どちらの媒体からどれだけの流入があったのかが分からないと、広告を打つ際に「どちらにどれだけの費用をかけるか」という点で迷ってしまいますし、運用担当者がかける労力や時間の配分も適切なものではなくなってしまいます。

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

業界別導入事例に学ぶ成功のポイントを資料でチェック

つまり、SNSからの流入がブラックボックスになってしまうと、「さらに集客を伸ばせる場合」や「効果が出ていない場合」に対策が打ちにくくなってしまい、余計な広告費用をかけてしまう可能性があるのです。

そうした状況を防ぐためにも、これから紹介する方法を活用してGoogle AnalyticsとTwitterを連携させ、より詳しい分析を行ってみましょう。