近年、SNSの利用率が益々増え、多くのユーザーがSNSを通じて「情報の発信と収集」を行う時代を迎えています。

それに伴い、SNSを活用する企業も増えています。中でも、企業からの一方的な発信だけではなく、ユーザーによる自主的な発信を促すことによって、商品の認知度やイメージを向上させる施策が活発に行われています。

ユーザーの自主的な発信を促す施策として、多くのフォロワーを抱える「インフルエンサー」に拡散してもらう方法多くの一般ユーザーに投稿してもらって拡散させる方法の2つがあります。

今回は、後者である多くの一般ユーザーに投稿してもらえるような施策のポイントについて解説します。

SNSを効果的に活用したい方は、ぜひ参考にしてみてください。
  

SNSの利用率は年々増加、企業も進出を始めている

ユーザー投稿促進施策_001a.png
画像引用元:平成29年版情報通信白書|総務省

SNSの利用率は、年々増加しています。流行により利用サービスには盛衰があるものの、何かしらのSNSを利用している人は2016年時点で71.2%にのぼります。
  

約4割のユーザーが何らかのSNSで企業アカウントをフォローしている

ユーザー投稿促進施策_002a.png
画像引用元:2017年版スーパーマーケット白書|一般社団法人新日本スーパーマーケット協会

SNSの利用率増加に伴い、個人ユーザーだけでなく企業のアカウントも増えてきました。中にはユーザーと交流しながらユニークな投稿をしているアカウントもあります。

調査によると、約4割のユーザーが何らかの企業アカウントをフォローしているようです。ユーザー間の交流だけでなく、企業からの情報収集の場としても機能していることが読み取れるでしょう。
  

ユーザー投稿促進は難しい

ユーザーによる自主的な発信は、特に近いコミュニティの中で信頼が高まります。ある商品を、企業や芸能人から宣伝された時点では興味がなくても、近くの友人がオススメし始めると突然気になって買ってしまう経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ユーザーに投稿を促すことは容易ではありません。その理由は、「企業がユーザーに発信してほしい内容」と、「ユーザーがSNSで発信したい内容」が違う場合があるからです。

ユーザー投稿を促進するためには、いかにターゲットに「投稿するメリットがある」と思ってもらえるかがポイントです。
  

SNS投稿促進のためのポイント

ユーザーのSNS投稿を促進するためには、5つのポイントがあります。

1.商品デザイン
2.空間デザイン
3.キャンペーン企画
4.プレゼント企画
5.ユーザー協同企画

自社で広めたい商品やサービスの特徴に合わせて、効果的なポイントを試してみましょう。