Instagram(インスタグラム)のユーザーのなかで、「モノを買う」ことを目的としてInstagramを利用する人が増えています。自分が購入したい商品のレビューや使い方を調べたり、流行している商品をチェックしたり、Instagramに投稿できそうな商品を探したりなど、Instagramはユーザーのそうした消費を促しているのです。

Twitter広告ならこの資料をチェック!

Twitter広告ならこの資料をチェック!

広告のプロが解説する『Twitter広告はじめてガイド』をダウンロード

今回はInstagramの動画広告やストーリーズ広告を使って「インスタ消費」を促している企業の成功事例を紹介します。Instagram広告の効果を見ながら、これからの「インスタ消費」の生み出し方を探っていきましょう。

『メイベリン ニューヨーク』の商品を前面に押し出した動画広告

グローバル化粧品ブランド『メイベリン ニューヨーク』では、新商品のマスカラ「ボリューム エクスプレス マグナム ビッグショット」の日本発売開始に合わせ、効果を比較するためにテレビCMとInstagram動画広告を同時に始めました。

instagram1_tumbnail.jpg
出典:メイベリン

Instagram動画広告では関東在住の18歳〜29歳の女性というターゲットに絞り、商品を前面に押し出すビジュアルで広告を配信。

すると購入意欲が7.3%、ブランド好感度が9.8%向上し、テレビCMと比べてリーチ単価が86%減など、テレビCMよりも高い結果を出しました。

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

業界別導入事例に学ぶ成功のポイントを資料でチェック

ビジュアルに強く、かつユーザーの意識を集めやすいというInstagramの特長を利用し、商品のビジュアルで“魅せる”ことでインパクトを与えています。またテレビCMのような他の広告手法と比較・検証することで、それぞれどのような広告に向いているかが明らかになりました。

参考:メイベリン