写真をメインとしたSNS「Instagram(インスタグラム)」。今や「インスタ映え」という言葉が一般に定着するほど、我々の生活の一部になっていると言ってもいいでしょう。

また、「インスタ消費」なる言葉も登場。これは、Instagramで注目を浴びる「インスタ映え」する写真を撮影するために、商品を購入したりイベントに出かけたり、旅行をするなどの新しい消費活動を指します。

このインスタ消費には多くの企業も注目しており、Instagramで商品やサービスの情報を提供し、それを見たInstagramユーザーがその商品やサービスを購入するという動線を作ることが可能です。また、コロナ禍により企業とユーザーの対面によるコミュニケーションが難しくなった今、Instagramがコミュニケーションの場として機能しています。

今回の記事では、インスタ消費を促すInstagramの新機能をいくつか紹介します。

ライブ配信

ライブ配信は、Instagram上で動画をリアルタイムで配信できる機能。いわば生放送が行える機能です。一般の人はもちろん、芸能人なども行っています。配信された動画は24時間まではアーカイブとしてInstagram上に保存されますが、その後は消えてしまいます。

ライブ配信は、視聴者がリアルタイムでいいね(ハートマーク)を送ったり、コメントを送信することが可能です。

最大のポイントは「配信者と視聴者の一体感」です。リアルタイムで配信され、24時間までしかアーカイブが見られないということで、特別感が増します。

また、リアルタイムで視聴者の反応が得られることは、マーケティングの観点からも有利。例えば商品について「柔らかさは?」「裏側はどうなってますか?」といった質問に、その場で答えられるというのはリアルタイムならではです。

参考:インスタグラムのライブ配信とは?ストーリーとの違いは?|しむぐらし

ショッピング投稿の広告として掲載

Instagramには、ショッピング機能があります。これは、企業が掲載した商品をユーザーがInstagram上から簡単に購入できるシステムです。これにより、InstagramがSNSからショッピングプラットフォームへと変貌を遂げました。

そのショッピング機能の新機能として、ショッピング投稿を広告として掲載する機能が登場。広告ショッピング投稿をユーザーがタップすると、Instagram内の商品説明ページにアクセス。その後ショッピング機能同様、企業のサイトの商品購入ページに誘導されます。

すでにInstagramのショッピング機能を使い慣れているユーザーにとって、このタイプの広告は違和感なく受け入れられるほか、企業にとっては自分たちのファン以外のユーザーにもリーチしやすいというメリットがあります。

参考:【2020年最新版】インスタグラムの新機能の紹介
新機能: Instagramショッピング投稿を広告として掲載する

ハッシュタグ検索

Instagramにはさまざまな検索機能があります。そのなかでもインスタ消費に結びつきやすいのが「ハッシュタグ」による検索です。

ハッシュタグは、ユーザーが自由にキーワードにタグ付けできるもの。たとえば同じ趣味の人を探したいというとき、このハッシュタグで検索をすると見つけやすいといった特徴があります。

特に女性は、商品購入を目的にハッシュタグ検索をする傾向があるという調査結果があるほど、Instagramにおいてはハッシュタグ検索が当たり前に行われているのです。

参照:女性インスタユーザーの約4割、ハッシュタグ検索きっかけの購買経験あり【サイバー・バズ調査】

企業によっては、Instagramでハッシュタグキャンペーンを行っているところもあります。ハッシュタグキャンペーンは、企業が特定のハッシュタグを作り、ユーザーに同じハッシュタグを付けて拡散してもらうというもの。これにより、Instagram内での認知度アップ、およびハッシュタグからの流入が期待できます。