マーケターにとって必要なスキルとは何でしょうか? 流行を捉えたりリサーチ能力や分析力に優れていたりとさまざまなスキルが必要です。しかしながら、マーケターは百人百様。個性豊かな人たちが、日々自社のサービスや商品を世に広めるために、日々踏ん張っています。今回はそんなマーケターの中から、ユニークな経歴をもつオイシックス・ラ・大地株式会社 統合マーケティング本部 本部長 ソーシャルマーケティング室 室長の井上政人氏に、ご自身のマーケターとしての歩みとマーケターに必要なスキルについてお話を伺いました。

プロフィール

井上 政人 氏
オイシックス・ラ・大地株式会社 EC事業本部 マーケティング室 室長
大阪府出身。高校卒業後、音楽活動と並行して植木職人、木こり、デザイナー、Eコマースディレクターとして活躍。その後、オイシックス株式会社(現、オイシックス・ラ・大地株式会社に社名変更)に入社。オイシックス・ラ・大地ではEC事業本部PR室、統合マーケティング部ソーシャルマーケティング室長、統合マーケティング本部長を経て現職。KitOisixプレミアムモニター、#やさいドレス、クレヨンしんちゃん×Oisix、OisixテレビCM「献立予報」、東京ハーヴェスト、100万人のキャンドルナイトなど「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の3ブランドのマーケティング活動に携わっている。

異色の転身!レゲエミュージシャンからDTPデザイナーに

ferret:井上さんのこれまでのご経歴を教えてください。

DSC01920.jpg

井上氏:高校生のときにレゲエにハマって、27歳まで音楽活動をしていました。その傍ら、植木職人や木こりなどもしていました。そのあと音楽活動を辞めて、町の印刷屋さんでDTPデザイナーとして働き始めました。イラストとかグラフィックデザインが好きだったのと、フライヤーとか趣味でつくったりしていたので名刺とかチラシづくりに携わりたいと思いDTPデザイナーを選んだんです。それから、当時のトレンドとしては紙媒体よりもWebだろうなと思い、Webデザイナーに転職しました。転職した会社はインテリア商品を販売していて、Webデザイナーが商品の撮影からキャッチコピーを考えたり商品説明を書いたりしてデザインしていくというフローでサイトにアップしていました。そこでカメラの撮影のノウハウを覚えて、コピーライティングの勉強もしてそこでの経験が大きいですね。

その会社では、楽天市場やYahoo!ショッピングに商品を出していましたが、自社ECサイトをつくることになったんです。そこで僕が立ち上げの担当として任されました。EC担当ということで、まずは集客をしなきゃいけない。そこで初めてWebマーケティングの勉強を始めました。本なんてほとんど読んだことなかったんですが、主に本で勉強しました。本を読んでみるとスラスラと頭に入ってきて、自分の中で考えていたことと紐づいてアイデアになっていって楽しく勉強できたんです。