在宅で働くことに焦点が当てられ、様々な職種が注目されています。その中でも長い間親しまれているのがブログです。ブログの収入源の大きな部分を占めるといっても過言ではないのが、アフィリエイト。しかしこのアフィリエイト。実はブログ以外でもできるのです。

アフィリエイトという言葉は、本やアニメなどでも収益を上げる方法として登場することがあります。しかしその意味や種類を詳しく知っている人は意外と少ないのも事実。

そこで本記事ではアフィリエイトの種類を徹底的に解説します。利益を得るための戦略とジャンルについても紹介します。

アフィリエイトとは

まずはアフィリエイトについて解説をしていきます。アフィリエイトとはどのようなものなのかという概念を理解することで、深い理解に努めていきましょう。アフィリエイトの収益の仕組みについても解説しますので、参考にしてみてください。

成果報酬型広告

アフィリエイトは、成果報酬型の広告を意味しています。広告を何かしらの媒体を利用することで掲載し、成約に結びつくことで収益が発生するというもの。アドセンス収益などと違うのは、成約に結びつくまでは収益が発生しない点です。

広告によって条件は異なりますが、条件を満たすまでは1円にもならないというリスクも抱えている収益の上げ方になります。その点適切に対策を行い、成約に結びつける仕組みを構築できれば、大きな収益も得られるのもメリットの1つです。
審査が必要であることからも、ブログやYouTubeなどのコンテンツ数や質については注意が必要となります。

アフィリエイトの収入の仕組み

アフィリエイトを行うためには、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれる仲介業者を利用することがほとんどです。広告をメディアに載せたい企業がASPに依頼をし、ブロガーなどがASP経由で広告を利用・紹介する形です。条件を満たすことで収益が発生することから、より成約に結びつけるための戦略が必要となります。記事の後半にてアフィリエイトで収益を上げるための戦略について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

参考:アフィリエイトとは?仕組みと報酬振込までの流れ

媒体別アフィリエイト3選

ここからは媒体別にアフィリエイトの種類を確認していきましょう。商品やサービスを魅力的に魅せるためには、適切な媒体を選ぶ必要があります。そこでそれぞれの特性を理解し参考にしてください。

ブログ

一番オーソドックスな媒体として知られているのがブログです。ASPを経由して登録した広告ブログ記事内で掲載し、成約を促します。記事内でおすすめとして紹介することもあれば、レビュー記事としてサービスの解説をするなど、やり方は様々です。

ブログの属性に合った広告を選択すれば、読者の興味を引くことにもつながるため、収益につながりやすくなります。ブログPV数も非常に重要です。上位サイトを確認し、エッセンスを抽出しましょう。アメブロなどの無料ブログでもできるためハードルは低いです。

YouTubeアフィリエイト

ブログが主流だったアフィリエイトですが、YouTubeを用いて行うことも可能です。YouTube動画内で商品について紹介し、概要欄などにアフィリエイトリンクを記載する方法となります。視覚と聴覚に訴えかけられるため、高い訴求力を持っている方法です。近年はインストリーム広告にて、アフィリエイトサイトに誘導する広告も打ち出されています。YouTubeを始めとした動画コンテンツが注目されているため、上手に活用すれば収益を上げられる媒体です。

サイトアフィリエイト

サイトアフィリエイトは、自身の持つアフィリエイト専用のサイトを使って行う手法となります。ペラサイトと呼ばれる1ページ完結型のサイトやWordPressを利用したサイトが主流です。先ほども紹介したYouTubeアフィリエイトと連動して利用されています。Webサイトに関する幅広い知識を要求されることから、参入のハードルが少し高めです。しかしサイト運営の自由度が高いことからも、王道として扱われています。