インターネット広告といえば成果報酬型の広告をイメージする人が多いでしょう。リスティング広告のようにクリックの発生のみに費用が発生するものや、インプレッションだけでも課金されるものもあります。そんな中、実際にユーザーが購入や申し込みをするといったコンバージョンを成果基準にしているのが、アフィリエイト広告です。アフィリエイト広告を活用すれば、宣伝に積極的なアフィリエイターのエネルギーを活かしつつ、成果を確実に得た上で報酬を支払うローリスクなプロモーションを実現できます。

アフィリエイト広告は、上手く活用することで、広告コストを抑えながら成果を生み出せる魅力的な存在です。今回はアフィリエイト広告にスポットをあてて仕組みと特徴を解説します。

アフィリエイト広告とは

アフィリエイト広告とは、成果報酬型の広告のことです。アフィリエイト広告は、アフィリエイターと呼ばれる人たちが運営するメディアに掲載されます。メディアを閲覧するユーザーがアフィリエイト広告をクリックし、広告主のホームページで何らかの条件を満たすことで、成果報酬が発生します。何を成果とするかは企業によって異なり、ECサイトの場合は商品の購入、通信教育やフランチャイズ募集などの場合は資料請求、クレジットカードやレンタルサーバーの場合は会員登録を成果とするなどです。

広告主である企業と媒体主であるアフィリエイターをつなぐASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)がアフィリエイトの仕組みを成り立たせています。ASP広告主とアフィリエイターの双方と契約し、広告や報酬などの管理をしているのです。たくさんの広告主と媒体主を効率よくマッチングさせられるASPは、アフィリエイト広告の出稿量や成果に大きく影響します。魅力的な商品やサービスを持った広告主をアフィリエイターは求めており、広告主もまた集客力のある媒体を持つアフィリエイターに期待しています。ASPにより、アフィリエイターは自分のホームページで成果を上げられそうな広告主を効率よく見つけることができるのです。ASPがなければ、アフィリエイト広告の普及はありえなかったと言えるでしょう。

アフィリエイト広告の仕組み

アフィリエイト広告がどのように成り立つのか、仕組みを解説します。広告主と媒体主であるアフィリエイター、ASPの関係をイメージして流れを確認しましょう。

1.広告主がASPに広告を出稿する

商品やサービスを販売したい広告主が、ASP広告を出稿します。このとき、何を成果とするのかを決定しておかなければいけません。

2.アフィリエイターが広告を掲載する

メディアを持つアフィリエイターが自分の紹介しやすい広告を選択します。広告を自身のメディアに掲載するとPRスタートです。ASPのネットワークにはブログや比較サイトなど様々なタイプのメディアがあります。

3.報酬が発生する

広告を掲載したメディアを経由して、ユーザーが商品の購入や会員登録など、あらかじめ決めている成果が発生すれば報酬が発生します。

4.成果に基づきASPが広告主の代わりにアフィリエイターに報酬を支払う

成果情報をもとにASPが報酬額を計算し、広告主が承認すると報酬確定です。広告主から受け取っている報酬額をASPが代わりにアフィリエイターに支払います。

アフィリエイト広告の特徴(メリット・デメリット)

アフィリエイト広告は、メリットばかりではありません。デメリットも理解した上で活用しましょう。

メリット

費用対効果が高い

あくまでも成果報酬型の広告であるため、ユーザー広告をクリックしても会員登録や申し込み、商品購入などの成果が発生するまでは報酬が発生しませんので、無駄なコストを極力抑えられます。他の広告よりも顧客の獲得単価を安くできる可能性がある広告手法です。

リスクが低い

成果が発生した場合のアフィリエイターへの報酬額は決まった金額のため、想定外のコストが発生することはなく安心です。ASPの月額利用料など、予算に組み込むべきコストが決まっています。少ない予算でも十分に出せる広告であり、低い敷居のもとプロモーションができます。また、万が一、不正な成果が発生しているときは、成果を承認しないことも可能です。

幅広いプロモーションを実現できる

数百万サイトのメディアを登録しているASPもあり、アフィリエイターに選ばれれば色々なメディアに広告を掲載してもらえる機会を得ます。規模の大きなメディアから個人の小さなWebサイトまで様々です。また、強力なアフィリエイターが自社の広告を選択してくれれば、多くのユーザーに商品やサービスを認知してもらえるかもしれません。

広告主に集客の負担がかからない

リスティング広告などは広告運用テクニックにより集客コストが変動します。最適化のために常に仮説検証を繰り返しながら運用しなければいけません。それに対し、アフィリエイト広告は、集客は広告をメディアに掲載したアフィリエイターにより行うので手間がかかりません。アフィリエイターによりスキルは異なりますが、SEOを熟知しているなど、成果を上げている猛者もいるので期待できます。

デメリット

広告が十分にメディアに掲載されないかもしれない

自社のアフィリエイト広告が思うようにメディアに掲載されるわけではありません。商品やサービスの性質や、報酬条件によってアフィリエイターに選択してもらえない可能性があります。成果達成が難しそうなイメージのあるものや、報酬金額があまり見込めないものは割に合わないと思われてしまう恐れがあります。無理をして報酬額を高く設定すると利益を圧迫するかもしれないので注意が必要です。他の広告の条件などを参考にしながら、アフィリエイターに選ばれる広告を用意しましょう。

ASPに利用コストが発生する

アフィリエイト広告を実施するために必須であるASPを利用するには、初期設定費用や月額利用料が発生します。そのため、成果がまったく出なかった場合でも、固定コストが発生することを考慮しておきましょう。最低契約期間など契約条件をチェックしておき、予算を組むと安心です。

望んでいないWebサイトに広告が掲載されるかもしれない

アフィリエイターのメディアが自社の考える商品イメージにマッチしない可能性があります。広告が掲載されることでブランドイメージを損なう恐れがあるので注意が必要です。ASPによっては、アフィリエイト広告を掲載するメディアを審査できるものもありますので確認してみましょう。

成果が出るまで時間がかかる可能性がある

スタートしてすぐに成果を出せる強力なアフィリエイターに広告を掲載してくれるとも限りません。多くのアフィリエイターに選ばれ、広告が十分に露出するまでの時間はどうしても発生してしまいます。また、当然ながらアフィリエイターが必ずしも広告成果を上げられるとは限らないため、すぐに成果を期待できる広告ではないことを考慮しておきましょう。

アフィリエイト広告の出稿の仕方

アフィリエイト広告をスタートするには、ASPへの登録が必要です。審査を通過すると、広告素材の準備をしなければいけません。アフィリエイターが商品やサービスを紹介するために使う素材ですので、できるだけ訴求力のあるものを用意するべきです。画像イメージだけではなく、キャッチコピーなどのテキスト素材も必要になります。アフィリエイターが自社のアフィリエイト広告を掲載してくれれば広告スタートです。

このプロセスの中で重要なのは、ASPの選択です。「バリューコマース」「A8.net」「アクセストレード」など様々なASPがありますので、どのようなメディアの登録が多いASPかなど、自社の商材と相性がよさそうなところを選びましょう。

まとめ

アフィリエイト広告は、リスティング広告など他のインターネット広告とは異なる性質を持っています。その特徴を活かせばメリットの大きいプロモーションを実現できるでしょう。自社の商材がどのようなものなのか、ターゲットユーザーの属性などの情報を整理した上で、適したASPを選択するべきです。

また、アフィリエイト広告を成功させるためには、アフィリエイターに広告をどう判断してもらえるかが重要です。報酬が少ないと、アフィリエイターから選ばれない広告になってしまう恐れはあります。ただし、報酬を増やしても、コスト計画に無理が生じてしまうと、たとえ商品が売れてもメリットを生まない恐れがあるので予算計画が大切です。

アフィリエイト広告は、スタートに手間のかかる広告ではありません。商品タイプにマッチするようでしたら、一度試してみてはいかがでしょうか。

アフィリエイトについてさらに知る

国内アフィリエイトASPまとめ37選

国内アフィリエイトASPまとめ37選

国内のアフィリエイトASPを37個にまとめてご紹介します。 今からアフィリエイトを始めるという方、すでに始めているけれど報酬が良い案件を探しているという方も参考にしてください。