ユーザーから店舗を見つけてもらうために、ローカル検索の順位アップに力を入れる企業が増えています。上位表示のためには、Googleマイビジネスに正確な情報やビジネスの価値を伝える説明などを登録して、最適化することが有効です。

しかし、せっかくGoogleマイビジネスに登録しても、ガイドラインに違反してしまうと、ビジネスリスティングが掲載されなくなってしまう場合があります。集客ツールの一つとして活用しているなら、機会損失となる大変な事態です。このようなときに、どのように対処するべきかを知っておきましょう。この記事をご覧いただければ、Googleマイビジネスの登録回復方法やガイドライン違反になりやすいケースなど、気をつけることや対処方法を把握できます。

Googleマイビジネスが停止してしまう原因

Googleマイビジネスが利用できなくなってしまう原因はいくつかありますが、その中で最も多いのがガイドライン違反でしょう。Googleは、不正行為や違法行為があった場合はアカウント停止やビジネス情報を検索結果から削除することがあると明記しています。ユーザーから誤解を招きやすいもの、不快感を与えるもの、違法商品の販売やサービスに関連するものなどです。誰もが容易に予測できるガイドライン違反をする人はいないでしょう。しかし、ちょっとしたことが原因でリスティングが停止になってしまうケースがあるのです。違反してしまいやすいことは後述します。

ガイドライン違反があるか確認する

Googleマイビジネスを継続的に運用するために気をつけるべきことは色々ありますが、最初にチェックするべきことは、Googleマイビジネスにビジネスリスティングが正しく行われているかです。日々忙しくて、気がついたら掲載していなかった、ということがないように気をつけましょう。

万が一、停止中になっていた場合、リスティングの品質を損ねている部分を修正しなければいけません。しかし、どの部分がリスティング停止の直接的な原因になっているのかは、表示していないのです。ローカルビジネス情報のガイドラインをよく読んで、ビジネス情報などすべての登録内容に問題がないか自分で確認する必要があります。手間のかかる作業ではありますが、正確な作業が求められます。見落としなく、修正しましょう。

参考:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン|Googleマイビジネスヘルプ

よくあるガイドライン違反

ガイドライン違反には、様々なケースがあります。その中でも発生しやすい違反をピックアップしました。気付かずにやってしまいがちなものもありますので気をつけましょう。

特別キャンペーンとして、「全品50%OFF」といった表現は利用できません。特典を過度にアピールすることも認められませんが、これらの表現を普段行っている会社もあることでしょう。コンテンツに含められないことを留意しておきましょう。また、不正確な情報や間違った情報もガイドライン違反になります。特に情報精度は気をつければ問題を防げるので適切な情報および表現を用意しましょう。

参考:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン - Google マイビジネス ヘルプ