プレイヤーとして優秀だった方で、個人では成果を上げることができるのに部下を動かすことができない、という方は少なくありません。

これは、これまでやってきていた個人プレーとは事なり、新たにマネジメントスキルが求められることが原因となる場合が多く、マネジメント法を正しく学び実践すること必要です。

今回は、部下をもつビジネスマンに読んでほしいマネジメントの名著をピックアップしてご紹介します。
部下が一人でもいる立場であれば、どのような職種でもマネジメントが必須ですので、ぜひ参考にしましょう。

マネジメントについて学びたい人が読むべき名著

1.マネジメント(エッセンシャル版)-基本と原則/ピーター・F・ドラッカー

マネジメント(エッセンシャル版)-基本と原則/ピーター・F・ドラッカー
マネジメント(エッセンシャル版)-基本と原則

ドラッカーが自身のマネジメント論を体系化した著書「マネジメントー課題・責任・実践」のエッセンスをまとめたもので、マネジメントの入門書です。
マネジメントの役割、どうあるべきかを具体的に分かりやすく解説しており、これからマネジメントをする立場にある人にオススメの一冊です。
初心者向けとはいえ若干専門的で難しい面はありますが、マネジメントの基礎をしっかりと学びたいという方には最適です。

2.最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと/マーカス・バッキンガム

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと/マーカス・バッキンガム
最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

ザ・マーカス・バッキンガム・カンパニー創業者であり、米国の有名な調査会社ギャラップ社でも活躍した経歴を持つマーカス・バッキンガム氏の著書です。
本書では様々な調査結果をベースに、優れたマネージャーとそうでないマネージャーの違いを明らかにしています。
また、混同してしまいがちなリーダーとマネージャーの違いについて、それぞれがするべき「たったひとつのこと」で明確に解説します。

3.「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方/岩田 松雄

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方/岩田 松雄
「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

ザ・ボディショップ、スターバックスでCEOを務めた経験を持つ、岩田 松雄氏の著書です。
普通の人がリーダーになるための6つの心がけを解説しており、著書によれば誰でもリーダーにはなれると言います。
自分はリーダータイプではないと考えている方、初めての部下が出来立ての方に是非オススメしたい本です。

4.人を動かす/デール・カーネギー

人を動かす/デール・カーネギー
人を動かす
自己啓発書のベストセラー作家、デール・カーネギー氏の著書です。
対人コミュニケーションにおいての基本的な接し方をベースに、どのようにすれば相手は動いてくれるか、熱意を引き出すことが出来るかを分かりやすく解説しています。
本書も自己啓発書の分類ではありますが、ビジネス・マネジメントに応用できる部分も多いため一度は読んでおきたい一冊です。

5.リクルート式 1人1000万の利益を生む人の創り方/小原 瑞穂

リクルート式 1人1000万の利益を生む人の創り方/小原 瑞穂
リクルート式 1人1000万の利益を生む人の創り方

元リクルート社員で、独立後コンサルティング会社Hoorayを設立した小原 瑞穂氏の著書です。
正社員だけでなく、アルバイトでも1人1000万の利益を生んでいるというリクルートの部下育成方法、風土の作り方を解説したものです。
どう頑張らせればいいかお悩みの方に是非オススメしたい一冊です。

6.採用基準/伊賀 泰代

採用基準/伊賀 泰代
採用基準

マッキンゼーの元採用マネージャーである伊賀 泰代氏の著書です。
数多く面接をおこなってきた経験をもとに、リーダーシップ、人の育て方について考察し、 具体的にどのようなリーダーでなければならないかを分かりやすく書いています。
マネージャーや、部下を持つ上司の方にオススメしたい一冊です。

7.グロービスMBAマネジメント・ブック /グロービス経営大学院

グロービスMBAマネジメント・ブック /グロービス経営大学院
グロービスMBAマネジメント・ブック

グロービス経営大学院のMBAコースで学習する理論を143のテーマに分け体系的にまとめた本です。
人材・組織についての内容はもちろん、経営に関する幅広い分野の内容を網羅しています。
とにかく広範囲のテーマを収録していますので、教科書的に持っておくと参考になります。
ある程度基礎知識がある方にオススメの一冊です。

8.ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則/ジム・コリンズ

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則/ジム・コリンズ
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

経営コンサルタントでドラッカーの教え子の1人でもあるジム・コリンズ氏の著書で、世界的にベストセラーとなった作品です。
優良企業18社の6年間の調査レポートをもとに執筆したもので、組織におけるビジョンのあり方、重要性について具体的に学ぶことができます。
第4弾まで発売しておりいずれもビジネスマン必読の名著ですが、中でも第2弾は人事管理をテーマにしており、部下をかかえる上司にオススメです。

9.プロフェッショナルマネージャー/ハロルド・ジェニーン

プロフェッショナルマネージャー/ハロルド・ジェニーン
プロフェッショナルマネージャー

元ITTの社長兼最高経営責任者、ハロルド・ジェニーン氏の著書です。
優れたマネージャーになるにはどのようにすべきか、という内容を理論やテクニックではなく、感情に焦点を当てて書いています。
よくあるノウハウ本とは異なる1冊です。
ファーストリテイリング会長兼CEOである柳井正氏が経営の教科書として愛読している本でもあり注目の一冊です。

10.任せ方の教科書/出口 治明

任せ方の教科書/出口 治明
任せ方の教科書
ライフネット生命会長兼CEOである出口 治明氏の著書です。
タイトル通り部下への仕事の任せ方をテーマにしたもので、人材マネジメントをおこなう上でいかにして人を動かしていくか、指示を出すかを丁寧に解説しています。
部下に仕事を任せられないでいる、とお悩みの方に是非読んでいただきたい一冊です。

11.How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント/エリック・シュミット

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント/エリック・シュミット
How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント
Google社の元CEOであるエリック・シュミット氏の著書です。
Google社内でいかにしてマネジメントが機能しているかを知ることができます。
職場コミュニケーションを活性化する方法、方針、ルール作り、人材育成といったどのような企業でも参考に出来る内容ばかりがまとめてあります。

12.リーダーになる人に知っておいてほしいこと/松下幸之助

リーダーになる人に知っておいてほしいこと/松下幸之助
リーダーになる人に知っておいてほしいこと

パナソニックの創業者である松下幸之助氏が、リーダー育成のために創設した松下政経塾講演で語った内容をまとめた本です。
「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」を48項目収録しています。
ビジネスに特化した内容ではないものの、現代を生きる全ての人の人生のバイブルとなる1冊です。

13.ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術

3分間コーチ/伊藤 守
ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ/伊藤 守
ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術
3分間コーチ

社会学者である伊藤 守氏の著書です。
部下のための3分間を作る、というシンプルな方法で成長を促すことが出来るという「3分コーチ」について解説しています。
実際の活用場面についても紹介しており、実践出来るという点が特徴的です。
上司、部下いずれにも負担がかからず、今すぐにでも始めることができますので、あらゆるマネジメントの立場にある方にオススメです。

14.モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか/ダニエル・ピンク

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか/ダニエル・ピンク
モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

キャリアアナリストであるダニエル・ピンク氏の著書です。
「モチベーション」をテーマにしており、前時代的なアメとムチのやり方ではなく、新しいやり方(モチベーション3.0)でモチベーションを高めてあげることが重要だと説いています。
部下のやる気を引き出すことができない、とお感じの方必見の一冊です。

15.世界一シビアな社長力養成講座/ダン・S・ケネディ

世界一シビアな社長力養成講座/ダン・S・ケネディ
世界一シビアな社長力養成講座

DRMの世界的権威であるダン・S・ケネディ氏の著書です。
「9つの不都合な真実」をもとに、人材マネジメントについて説いています。
タイトル通りシビアで厳しい箇所もありますが、できる社員に指導するための知識を身につけることができます。

16.行動分析学マネジメント-人と組織を変える方法論/舞田 竜宣, 杉山 尚子

行動分析学マネジメント-人と組織を変える方法論/舞田 竜宣, 杉山 尚子
行動分析学マネジメント-人と組織を変える方法論

外資系コンサルティング会社で日本法人社長を務めた経験を持つ舞田 竜宣氏と、日本行動分析学会常任理事である杉山 尚子氏の共著です。
行動分析学の理論を解説しつつ、組織マネジメントに組み込む方法について丁寧にまとめた本です。
架空企業をモチーフにしたケース・ストーリー付きで実践する際のイメージもつきやすく、理解を助けてくれます。
行動分析学に馴染みのない方でも読みやすくオススメです。

17.年商100億の社長が教える、丸投げチームのつくり方/山地 章夫

年商100億の社長が教える、丸投げチームのつくり方/山地 章夫
年商100億の社長が教える、丸投げチームのつくり方
株式会社ヤマチコーポレーションの社長である山地 章夫氏の著書です。
「チームマネジメント」をテーマにした本で、部下に成長してもらいながら成果を上げることが出来る「丸投げ」の方法を解説しています。
仕事の任せ方が分からずに仕事を抱え込んでしまっている上司の方にオススメの一冊です。

18.ザ・ファシリテーター/森 時彦

ザ・ファシリテーター/森 時彦
ザ・ファシリテーター

多種多様な分野のリーダーシップポジションを経験した経歴を持つ、森 時彦氏の著書です。
主人公が組織変革をおこなう物語の中で、ファシリテーションスキルについて学ぶことができる本です。
ストーリー仕立てで分かりやすいので、難解なビジネス本は苦手だという方でも安心して読むことできます。

まとめ

以上、部下をもつビジネスマンに読んでほしいマネジメントの名著をまとめてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

マネジメントを学ぶことは部下の教育だけでなく、人間関係の構築にも非常に役立ちます。
ビジネス本というと難解なイメージがありますが、いずれの書籍も初心者でも読むことができ、実践で活用することが可能です。

現在部下の指導に悩んでいる方はもちろん、初めての部下ができた方にもオススメの書籍ばかりですので、気になるものがあればぜひ読んでみてください。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

必読!有名企業の経営者23人がバイブルとする愛読書まとめ
社会人2カ月目、仕事が嫌になった時に救われるモチベーションが上がる記事10選
有名IT企業の意外な一面を知ることができる記事5選

Web戦略カリキュラム

Web戦略カリキュラム

Webマーケティングを実践するうえで、まずは押さえておくべきWeb戦略の基礎カリキュラムです。Web戦略の基礎は、様々なプロモーション手法やマーケティング活動の基本と言える考え方なので必ず押さえましょう。