「空間」のDXを実現するタッチレステクノロジー

昨今のコロナ禍で、特にビジネスシーンにおいてはかつてないほど急速なスピードでDX(デジタルトランスフォーメーション)が進んでいます。同時に、日常生活で訪れる商業施設、公共施設、病院、オフィスなど「空間」においてもタッチレス技術の導入により、DXが進んでいくと考えられます。

「新しい生活様式」の中で「空間」をDXしていく。そのためには、AIやIoTといった技術が今後ますます活用されていくことでしょう。

関連記事

在宅勤務のモヤモヤを解決!バーチャルオフィス(仮想オフィス)とは?

在宅勤務のモヤモヤを解決!バーチャルオフィス(仮想オフィス)とは?

長期化するコロナ禍で引き続きテレワークに注目が集まり、ビジネスパーソンの「オフィス離れ」が加速していくことが考えられます。その一方でテレワーカーとは、同僚や上司の顔が見えない分、コミュニケーションのもどかしさなど様々な不安やストレスを抱えていることも明らかになっています。そんな課題を解決するために今、注目を集めているのが「仮想オフィス(バーチャルオフィス)ツール」です。この記事では、長期化するテレワーク環境に対応するビジネスパーソンに向けて「バーチャルオフィス(仮想オフィス)ツール」とはどんなものなのか、具体的なツールも挙げながらお伝えします。

ソーシャルディスタンスとは?国内外の対策事例についても紹介

ソーシャルディスタンスとは?国内外の対策事例についても紹介

新型コロナウイルスの拡大に伴って、ソーシャルディスタンスという言葉が浸透しました。この言葉は適切な距離感を保つことで、感染するリスクを軽減することが目的となっています。それは実生活の中でどのように取り入れられているのでしょうか。活用事例を取り上げながら、本記事では企業が行っている取り組みや、海外でのユーモアにあふれる施策についても紹介していきます。ソーシャルディスタンスへの理解を深めていきましょう。

WFH(ワークフロムホーム)とは?仕事に通勤は不要!?テレワークとの違いも解説!

WFH(ワークフロムホーム)とは?仕事に通勤は不要!?テレワークとの違いも解説!

コロナウイルスの感染を予防する目的で、企業が導入し始めた在宅勤務。自宅での仕事が通例化することからWFHという言葉が使われ始めました。在宅で勤務することを指す言葉ですが、急遽取り入れることが増えた形態のため、上手に付き合うのが難しいと考える人もいることでしょう。そこで本項では在宅勤務をより効率的に進めるためのコツなどを伝えつつ、WFHという考え方についてさらなる理解を深めていきます。ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。