Google検索エンジンは急速に進化を遂げており、有効なSEOの手段も頻繁に入れ替わってきました。
特に、2012年の大型アップデート以降、コンテンツを読み取る精度が向上し、それまで上位表示に有効と言われていたSEOの手段が無効化していきました。
しかし、SEOが置かれている状況の変化を知らず古い情報のみを知っている方は、それらの無効となったSEOの手段を今でも行ってしまっているのではないでしょうか。

今回は、今では上位表示効果がないSEOの手段をまとめました。

meta keywordsの設定

内部対策としてよくあげられる「meta keywordsに対策キーワードを入れ込む」という手法は、既に無効化しています。
(2009年9月、グーグルが公式に「ランキング要素に使っていない」と発表しています。)

参考:
Google does not use the keywords meta tag in web ranking

meta keywordsを使わないでもGoogleページを理解出来ますし、むしろキーワードを入れ込んでいると、ソースコードから誰でも閲覧できるようになってしまうため、競合他社に自社の対策キーワードを晒してしまっているような状態になります。特にメリットもないですし、meta keywordsには何も入れ込まないようにしましょう。

meta descriptionの設定

meta keywords同様、meta descriptionもSEOの上位表示効果はほぼないと言っていいでしょう。

しかし、検索結果タイトルとともに表示される部分なので、ユーザーがクリックするかどうかを決定づける大きな要因となります。
上位表示効果が少ないからと言って気にしないのではなく、どのような説明文であればユーザーに興味を持ってもらえるかを重視して作成しましょう。

フッターなどへのアンカーテキスト設置

フッター部分などに内部リンクや関連サイトのリンクを大量に設置する施策も現状ほとんど効果はありません。
Googleの理念にもあるように、リンクページ間・サイト間の信頼の投票のようなものです。信頼出来ないコンテンツ・関連性の薄いコンテンツリンクをつけてしまうと、リンクをつけている側の評価も(多分)下がります。よって、しっかりとコンテンツの中で関連性のあるリンクをつけるようにしましょう。

意味なく頻繁に更新する

「更新頻度が高いほど評価されやすい」という通説がありましたが、現状は更新頻度が高いからといって評価されるわけではありません。
もちろん、掲載内容が古いよりは新しいもののほうがユーザーの満足度も高いでしょうが、それはタイムスタンプが新しいから評価されるのではなく情報鮮度が高いからということです。

「更新」自体を目的にして中身のないコンテンツ追加や無意味な更新作業を行っても評価されることはありません。

キーワード出現率を◯%前後に調整する

キーワード出現率(記事内にどれだけ対策キーワードが含まれているか)も、今は上位表示にはほとんど影響しないため、意識する必要はありません。自然な文章を心がけてください。キーワード出現率◯%に調整するために、コンテンツ内容がユーザーにとってわかりにくくなってしまっては本末転倒です。

キーワード出現率を気にしたほうが良い点をあげるとしたら、検索キーワードを意識するがあまり、自然と「不自然」な文章になってしまっていないか確認するためにチェックするのはアリだと思います。

ディレクトリサービスに登録する

2010年前後は効果的な被リンクを大量に獲得できる手段として人気のあったディレクトリサービスも、現在は上位表示効果はほぼ見込めません。
事実上、有料リンク化していたためGoogleがディレクトリサービスに対して警告&ペナルティを実施したことがありました。これを受けて、多くのディレクトリサービスはリンクにnofollowをつけているため効果は全くなりなりました。

グーグル、複数のディレクトリサイトに警告&ペナルティを実施 - SEO目的の有料リンクと認定・排除へ

まとめ:SEOはテクニック不要の時代に

Webまわりを担当されている方は「コンテンツSEO」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

現在は、「SEOコンテンツSEO」と言っても過言ではなく、外部対策・内部対策ともにまだまだ評価基準としては大きな割合を占めているものの、急速にコンテンツ中心の評価にシフトしています。
Googleが検知したいのは「そのコンテンツユーザーの役に立つかどうか」という点なので、キーワード密度が何%で、metaキーワードにはどのようなキーワードがどのくらいの量入れ込まれていて、というのはこれまでは検索エンジンの精度が低かったから有効だっただけであり、本質的な評価にはつながりません。
上記で紹介した施策を行っているのであればすぐに中止し、本来行うべきコンテンツのクオリティ向上に注力しましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

SEO対策に関するカリキュラム
SEOはURLの正規化が重要
コンテンツSEOにおける魅力的なコンテンツの作り方

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。